栄養バランスをよくして 生涯肥満と決別できる BOSSダイエット!

2018年03月09日

従来のダイエット方法にとらわれていたら、あなたは痩せられない

ほとんどの人がダイエットには失敗しています。なぜでしょうか??
それは、世の中に蔓延している『ダイエットについての思い込み』が間違っているからです。

代表的な3つの過ちとは!?

1.朝食をしっかり食べる
2.1日3食
3.夕食を制限する


これを守ろうとするから、ダイエットはいつまでたっても成功しません。
「結果がだせる正しいダイエット」はこの逆です。

では、どうすればいいのか?

その解決策を与えてくれるのが『BOSSダイエット』です。BOSSとは『脳指向性肥満改善システム』の頭文字をとったものです。

ほとんどの肥満は、間違った食生活や栄養のアンバランスが原因となって「脳の食欲中枢に変調をきたす」ことで起きます。
そこでBOSSダイエット法では、栄養バランスをとって、食欲を満足させ、健康的に体脂肪のみ減らすという方法をとっていきます。
つまり、BOSSダイエットの目的は「正しい 食欲の充足と十分な栄養補給を行ってダイエットする」というものです。

BOSSダイエット 詳しくは →


BOSSダイエットで得られる 5つの効果
BOSS.jpg
※クリックすると大きくなります↑







posted by shinto at 15:05 | 健康のためのダイエット

コラーゲン飲んでもその効果は疑問!(国立健康栄養研究所より)

2018年03月01日

肌のハリを保っているのは、コラーゲンの働きですね! このコラーゲン合成に欠かせないのがビタミンCなんです。

コラーゲンドリンクは効果ないの!?

コラーゲンの合成を促進することで、ハリと弾力のある肌を取り戻ししわを予防します。でも、だからといってコラーゲン飲めばすぐその効果があるか、といえばあまりに単純すぎます。

以下、国立健康栄養研究所の見解です。

健康食品に利用されているコラーゲンに本当に効果があるのかを調査。
現在市場に出回っているコラーゲンを配合した健康食品は約30品目。
これらの商品の1日あたり摂取目安量は0.1〜10gと幅がある。しかし、その有効性と安全性については、科学的に十分に検討されていないのが現状である。

実際に皮膚(肌)を改善する効果があるかについても、科学的に証明されているわけではない。
健常な成人の女性39名 (20〜30歳)を対象とした二重盲検試験を実施した。コラーゲンペプチド10gを含む飲料を毎日60日間摂取させたところ、「皮膚の保湿能力」に変化はみられなかった。
なお、体内でのコラーゲン合成に、ビタミンCが不足すると異常が出る。


◆ コラーゲン合成には ビタミンCが不可欠

タンパク質とビタミンCを一緒にとったとき、はじめて体内でコラーゲンができます。
食事あるいはサプリメントなどでタンパク質をとると、一度アミノ酸に分解されて、ビタミンCの力でコラーゲンにつくりかえられます。


厚生労働省の規定するビタミンC摂取量は、1日100mg。これは、いわば不足・欠乏を防ぐための必要最小限の量といえます。しかしビタミンCは、ストレス、喫煙、飲酒、化学物質の摂取など、さまざまな要因によって消耗されてしまいます。

こうしたビタミンCの多様な働きが解明されるにつれ、積極的な健康維持・増進のためには、もっと多くの量を摂る必要があるという考えになってきました。
とくに肌に効果をもたせるためには、体全体のビタミンC消費量なども考慮すると、「1日に500r〜2000r」必要だともいわれます。

『はだのさぷり』は、1日1000rのビタミンCが摂取できるようにしました。

はだのさぷり箱.jpg

はださぷイメージ写真大画像.jpg

はだのさぷり 詳しくは →

posted by shinto at 10:36 | そらのスキンケア

原因はカロリー摂りすぎじゃない!現代の肥満

2018年02月23日

原因はカロリー摂りすぎじゃない!
現代の肥満。


ダイエットのカウンセリングしていて思うことなんですが、最近の肥満は食べ過ぎとか、カロリー摂りすぎではない傾向があります。
かなり太っていても、食べているものを聞いてみると、それほどこってりしたものを食べていたりするわけでもなく、ご飯を何杯も食べているわけでもないんです。

【摂れてない栄養があるから太る!】

いま肥満の原因は、昔と違ってきていて、食事のなかの栄養素の比率が問題です!
エネルギーになる炭水化物、脂肪がほとんどを占めていて、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどが少ないというのが最近の食事の特徴です。

現代の栄養不足.jpg

【バランスの改善には!主食を減らしおかずを増やす】

この3つが足りなくなるようなメニューとは、ラーメン+チャーハンとか、パスタ、カレーライスなど炭水化物(糖質)中心の単品メニュー。
関西で多いと話題の「重ね食べ」は分かりやすい例ですね!

とろろそば.jpg

低カロリーでダイエットにいい、と思いがちですが栄養のバランスの面では×


【この3つの栄養素が不足してると燃焼しない】

これら3つの栄養素は体をつくる材料になったり、エネルギー燃焼には欠かせない役割があります。つまりこれが不足してて、炭水化物が多い食事をしていると、エネルギーが余るのは当然であり、体脂肪ばかりが増え、肥満がひどくなっていくんです。





BOSSダイエットで健康になる!詳しくは →
posted by shinto at 10:27 | 健康のためのダイエット

若い女性にロコモ症候群が急増。その割合なんと30%!

2017年05月17日

若い女性の体に異変が起きているという!
運動機能障害を意味する「ロコモ症候群」が急増している。
ロコモといえば、これまでのイメージではお年寄りの症状。

posted by shinto at 13:59 | アンチエイジング

疲労回復にはビタミンB群

2016年09月30日

季節の変わり目はなんとなく疲れっぽい、だるい、体がしゃきっとしない、と感じることが多いのではないでしょうか。パワーをつけたい、疲労回復を手っ取り早くやりたい、と思うとドリンク剤にたよる方もいるかもしれません。最近は女性向けの栄養ドリンクなんかも出ていますので、世の中みんな疲れているのかなあ、なんて感じますね。




posted by shinto at 10:10 | サプリメント

やや不足でも恐ろしい!カルシウム不足の実態

2016年09月29日

カルシウム補給に対する消費者の誤解!?


カルシウムは骨が弱くなる高齢になってとればいい、と考えている方はおられませんか? 骨粗鬆症なんて老人がかかる病気、私には関係ない、だとか。それは大きな間違いです。


日本人は慢性的にカルシウム不足。成人期までは骨にカルシウムを貯えようとする仕組みが体にはあるから若いうちは良いのですが、30歳頃からはもう骨のカルシウムは増えません。カルシウムが不足した食生活を送っていると、日々骨のカルシウムが消費されていき、骨に貯えたカルシウムが溶けていきます。そうしてスカスカになった状態が骨粗鬆症です。


posted by shinto at 15:49 | 日本人のカルシウム不足

男性の骨粗鬆症 骨折後死亡率は女性の2倍!

2016年09月27日

男性の骨粗鬆症患者は、女性よりもずっと少ないですが、いざ骨粗鬆症に罹ると女性よりも危険!

骨粗鬆症といえば女性、ですが男性の場合深刻さは女性より上です。骨粗鬆症と診断された男性のうち30%が1年以内に死亡。30%が長期療養施設に入所しているという調査結果があります。


骨の量が減って骨がもろくなり、骨折しやすくなるのが骨粗しょう症です。寿命が延びて高齢者人口が増えてきたため、殊に、この病気が問題になってきました。現在、日本では1,100万人の患者がいるといわれ、高齢者人口の増加にともなってその数は増えつづけています。


posted by shinto at 15:52 | 日本人のカルシウム不足

サンゴの力の滅菌作用で安全な飲み水に!

2016年09月26日

水道水に「サンゴの力」を入れてかき混ぜるだけで、塩素が除去され、ミネラルも豊富なアルカリ性のミネラルウォーターが作れます。しかも常温保存でOK、細菌がわきません。それはなぜか?

「サンゴの力」には、なぜ滅菌力があるの?


「サンゴの力」の滅菌力は、サンゴが溶けるのと同時に銀がイオン化されて滅菌するようになっています。「サンゴの力」のごく一部分(0.3%)には、銀サンゴが使われています。これは化石サンゴ粒に銀をプレーティング(薄く付着)したものです。

posted by shinto at 14:13 | サンゴの力

免疫力を高めがんにならないような生活習慣を

2016年09月16日

サプリメントを販売している会社では、たいがい抗がん作用を期待できるサプリメントがあるかと思います。弊社にもときどきがんの患者さんから「がんに効果があるサプリメントはありますか」という相談があります。


サプリメントは薬事法により取り締まられていて、病気に対する効果をうたうことは禁じられています。ですから、これを飲めばがんにならない、とか、がんに罹った方がこれでがんが小さくなる、などと言うことはできません。


posted by shinto at 10:10 | がん

50代から骨粗鬆症の心配をするべきです!

2016年09月15日

年齢ごとの骨量変化

男女ともに30代前後がもっとも骨量が多くなるピークで、そこからはなだらかな下り坂となり、80代にもなればピーク時と比較して20%くらいにまで減ってしまいます。

これが骨粗鬆症です!とくに女性は閉経後ホルモンの関係で骨が減りやすくなります。




posted by shinto at 10:43 | 日本人のカルシウム不足