女性のがん。【乳がん】マンモグラフィー短所は

2011年06月22日

女性のがん.jpg

早期発見に欠かせないがん検診
特徴知って適切に

2011/06/21朝日新聞参考に

女性特有のがんの罹患率はどうなっているのだろう。グラフをみると、乳がんが子宮ガンの何倍も多いことがわかる。そして、45歳から65歳までがピーク。国が勧めている婦人家系のがん検診では、乳房については40歳以上にたいして2年に1回、マンモグラフィーと視触診を。子宮頸部については20歳以上にたいして2年に1回細胞診を奨励している。

乳がんの早期発見のために、マンモグラフィー(乳房エックス線検査)はとても重要だが、短所も指摘されている。40代の10%以上が「要精密検査」になるという。超音波検査(エコー)による再検査を受け、がんが見つかるのはそのうちの数%という。

マンモグラフィーの場合、腫瘍と乳腺は両方とも白くうつるので区別がつきにくい。乳腺が発達している閉経前の女性は要精密検査(疑陽性)になりやすいのだという。

米国での乳がん治療の経験が長い聖路加国際病院の山内英子乳腺外科部長は、「乳がん罹患率は米国では年齢が上がるごとに増えるのにたいし、日本では40代後半がもっとも多い。乳がんで亡くなる人は欧米では減っているのに、日本はまだ増え続けている」と指摘。

“疑陽性”がでる可能性があることも理解しつつ、2年に1回は検診を受けて欲しいというのが、専門家の意見。




posted by shinto at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

再発防止のためにプラスになるもの

2011年06月21日

今日は、何年も前にがんを経験して、それからずっと弊社のサプリメントをご愛用くださっているお二人のかたがたから注文をいただいた。

えっ、がんに効くものがあるの? いえ、そういうことではありません。それぞれお使いの製品は異なります。でも、4年5年と変わらずお元気に過ごされているということは、きちんと体のコンディションが保たれているということだと思います。

まず、4年前に乳がんを患って、“キトサン”に着目なさってネットで「マックスピア」にたどりついたHさん。抗ガン剤治療などを受けると、ダメージが大きくて、日常生活に支障がでる場合が多い。仕事を続けるのも困難になる場合もあるとききます。

がんを経験されたかたにとって、いちばん価値があることは、再発の心配をなるべく少なくしたい。日常生活をふつうに支障なく送りたい。きっとそういうことだと思います。

Hさんが4年間お使いになっているのは、マックスピアです。主成分は、カニから抽出したキトサン、乳酸菌、マルチビタミン、マルチミネラルです。免疫力に主眼をおき、体のコンディションが低下すれば、免疫力等にも影響してきます。そういうところに着目しています。
Hさんは、お仕事も続けられているし、安定しているので飲み続けているとおっしゃっています。

マックスピア.jpg

もうお一人は、60代男性のWさん。Wさんは今は会社をひとにまかせて悠々自適の釣り三昧の生活をなさってますが、以前は会社経営をされていて、精力的に働き、お酒&タバコと体に悪いことばかりしていたそうです(ご本人がそう反省なさってました)。

当時、身長157pと上背はそうないのに、体重は75sあり肥満体で、大腸がんになり、それでもがんをあまくみていたそうで、生活は改めなかったんだそうです。相変わらずやりたい放題の生活を続けていたら1年後、今度は肝臓がんに。

さすがに、反省して生活を改めようと思ったそうです。そのとき、たまたま娘さんから弊社のダイエット法である「BOSSダイエット」をすすめられ、すぐさまスタートしました。

体重も4sくらいおとし、体脂肪率も23%あったのを20%切るくらいまでになり、それからもずっとこの食事法を継続し、体調もいい状態を維持されています。

体重をおとすまでのダイエット期間は、朝と昼と2回、栄養補給のためにサプリタイムを飲んでもらいましたが、維持になったら朝1回だけ継続してもらっています。Wさんは、だいぶ以前に病気で奥様を亡くしておられ、独身。食事の仕度はしないので、食事は外食です。そんななか、サプリタイムですませる食事は、簡単であり、なおかつ栄養が摂れて安心。そして、太る心配なく、ベストな体調を維持出来るとあって、Wさんはサプリタイムがほんとにお気に入りです。

再発防止のために、嫌々しかたなく、というのではなく、自らこの方法に納得し気に入って継続なさっているとおっしゃっています。
そうですよね。そうでなかったら5年も続きません。

Wさんが現代のがん治療について、お話しされていたことをそのまま以下にご紹介します。

「抗ガン剤は拒否した。抗ガン剤やると髪の毛がぬけるっていわれたから。髪の毛抜けたら格好悪いし、髪の毛が抜けるってことは、体の免疫力も弱めるってことじゃない。がんも自分の細胞だけど髪の毛だって細胞でしょ。
結局全身を痛めつけて、かえって再発する危険性が高いって聞いている。婿は医者だから、「お父さん、抗ガン剤やったらどうですか」って言われたけど、僕は西洋医学が嫌いなんですよ」。



サプリタイムココア.jpg

サプリタイムココアは美味しいと言ってくださってます。

ココアグラス.jpg

事実美味しいと思います。私自身、10年毎朝このサプリタイムココアを飲んでいまして、体重は一定です。この味をだすには大変苦労してきました。2年前に、プロテインを上質な溶けがいい種類のものにリニューアルし、ココアは香りのたかいバンホーテンを採用し、安定した味をお届けできるようになりました。

サプリタイムについて詳しくはこちら→


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

感染してかかる“がん”〜ピロリ菌で胃がん

2011年05月29日

朝日新聞2011/05/26より
感染してかかるがん
薬・ワクチン・予防どこまで

ピロリ菌 から 胃がん
9割の人、除菌に成功


ピロリ菌.jpg


兵庫県の産婦人科医、宮本海雄さん(74)は30年来、胃がもたれる感覚が消えなかった。「いつも、おへその上あたりに胃の存在を感じていた」と言う。6年前に初めて、胃の内視鏡検査を受けた。胃の内部が真っ赤で、炎症が起きているのが自分でもわかった。胃の粘膜を調べると、ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)に感染していた。

感染していると胃がんになる可能性がある。宮本さんは、ピロリ菌を除菌するために抗生剤を1週間のんだ。すぐに効果を実感した。胃の存在を感じなくなったのだ。2年前に再度、内視鏡検査を受け、効果を目で実感できた。胃の粘膜がきれいになっていた。

毎年12万〜13万人が発症し、約5万人が亡くなる胃がん。「日本人の胃がん患者のほぼ100%がピロリ菌に感染しています」と千葉勉・京都大教授(消化器内科)は話す。

ピロリ菌は衛生環境の悪い地域にいると考えられている。多くの人は2〜3歳に、感染している親がかみ砕いた食物を食べるなどして感染する。
幼い頃に感染すると、その後、何十年も感染した状態が続く。現在、日本人の約40%がピロリ菌に感染している。年齢が高いほど感染率は高く、50歳以上は60〜70%が感染している。(40代で40%、60代で80%という)

ピロリ菌2.jpg


ピロリ菌は感染すると胃の粘膜に炎症を起こし、胃炎を発生させる。同時に、胃粘膜の細胞の遺伝子に、変異を起こす。長年、感染しているうちに遺伝子の変異が蓄積し炎症も加わり、がん化すると考えられている。

杉山敏郎・富山大教授(消化器内科)によると、感染者の約8%が胃がんになる
抗生剤でピロリ菌を除菌すると、胃がんになるリスクが減る。1回の除菌で8割の人、複数回で9割以上の人が除菌できる。リスクを減らす度合いは年齢や胃の状態により異なる。胃がんを内視鏡で切除した後の人などは公的医療保険の適用を受けられる。

感染で起こるがんはピロリ菌による胃がんだけではない。京都大の千葉さんは「感染で炎症が起き、発がんにつながるという現象は、19世紀にドイツの病理学者ウィルヒョウが提唱して以来、知られている」と言う。子宮頸がんや肝臓がん、成人T細胞白血病なども感染と深く関係がある。

感染しておこるがんもあるが、生活習慣に原因がある場合も多い。
自分自身でできるがん予防は、体内の環境を整えること。
生活習慣病のリスク低減を目的にした『マックスピア』

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

被曝後、長期間たってがんを発症するなどの“晩発障害”

2011年05月27日

元・放射線医学総合研究所主任研究官の崎山比早子氏は2011年5月22日、都内で開催されたシンポジウムに参加し、東日本大震災で大きな被害を受けた福島第1原子力発電所から放射性物質が漏れ広範囲に飛散していることに対し、専門家らが「直ちに健康に影響はない」と発言したことについて「放射線には安全量がない。(晩発障害に言及しないで)安心安全と言うのはおかしい」と述べた。

【晩発障害とは】
被曝による被害は身体的影響と遺伝的影響に別れ、身体的影響はさらに急性障害と晩発障害に分かれる。造血障害(白血球の減少)など急性障害は極めて高い放射線量で起こる。
低い放射線量でも起こりうるのはガンなど晩発障害(もちろん高い放射線量でも起こる)。
ただし、晩発障害のほうも、放射線医学総合研究所によれば、がんになる危険性は100mSvの放射線量で0.5%程度で、「これは喫煙や食事などの生活習慣を原因とするがんの危険性よりも数10分の1程度低い値で、過度に心配する必要はないとの見解」


晩発障害について発言.jpg

 崎山氏は元・放射線医学総合研究所主任研究官。崎山氏は、福島県福島市の放射線量について「どの程度のリスクがあるのか」と問われると、崎山氏は「それは線量に応じてあるが、放射線には安全量がないということが国際的な合意」と述べた上で、

「福島第1原発の事故が起こったときに、専門家の先生らが『直ちに健康に影響はない』と言ったが、急性障害のことを言っているのだろう。けれども、(障害には)急性障害と晩発障害がある。晩発障害は数年とか数十年経ったあとに『がん』ができる障害。そのことを一切言わないで安心安全と言うのはおかしい」

と、福島第1原発の事故で増加した放射線量について、「直ちに健康に影響はない」との見解を示してきた政治家や専門家を批判した。

また、晩発障害を無視したような発言が出る背景については
「放射線というのは(障害との)因果関係がハッキリしない。『がん』が放射線によるものなのか、化学物質によるのか、自然発生によるのかが一切わからない。何年後に『がん』になるのかわからない。そういう因果関係のわからなさで、放射線による発がんというのが軽く見られる」と話した。

★被曝して、そのときには何も体に異常がないように見えても、数年、数十年たって遺伝子の染色体が突然変異をおこし、がんを発症すると言われている。これを、“晩発障害”というんですね。ともかく、日常の生活や自分の生活習慣にもがんに繋がる要因は様々あるわけだけれども、そういうことにも目を向けて、さらに今進行している原発災害の汚染からも体内を守っていかないと。

生活習慣病のリスクを低減する目的でつくられている「マックスピア」
キトサンのストロンチウム排泄作用に注目


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

乳がん治療「ハルステッド手術」〜乳房全摘手術

2011年05月12日

あなたはがん治療を受ける?

今や、がんに罹る人口は国民の半数という。がんに罹れば当然、“治療”ということになるが、それをどの程度信頼したらいいのだろうか?

手術室.jpg

患者の医療に対する「盲信」と、医師を「絶対的な依存とする考え方」に問題はないのか。医師も人間、医療もその人間の行為である。ミス(医療過誤)もあれば限界もある。その実態について『あなたが病院で「殺される」しくみ(古川利明著・第三書館)』を参考に考えてみたい(本図書の一部を抜粋し編集しました)。
「1998年8月新潟県立がんセンター病院で左右を取り違えて乳房を切除された女性の場合、「そもそも乳房を切除する手術を行う必要があったのか」という疑問が浮かび上がってくる。この女性の左胸に見つかったしこりは2〜2.5センチだったが、実際に行われた手術は、乳房はもとより、その裏側にある胸筋や脇の下のリンパ節をも切除してしまう「ハルステッド手術」と呼ばれるものだった。

このハルステッド手術は米国のジョン・ホプキンス大学外科教授、ウィリアム・ハルステッドが十九世紀末に考案した。乳房はもとより、その下の胸筋(大胸筋、小胸筋)やリンパ節まで根こそぎ切り取るために、術後は胸のあばら骨が浮き出て、腕の動きも悪くなって苛酷な結果をもたらす。

ハルステッド手術.jpg

しかし、このハルステッド手術は、その後も乳ガン治療の「王座」として君臨しつづけた。
というのは、当時、ハルステッドは「世界最高の外科医」とも評されていた。そういった“権威”が編み出した手術法に、医師はもちろん、患者も必要以上にありがたみを感じていた。また、もう一つはハルステッド手術以前には、これほど広範囲の臓器を摘出した手術がなかったため、どれだけ延命するかという科学的根拠が確かめられないままに、これが一般化してしまったのである。

ところが1970年代に入り、欧米でハルステッド手術の科学的な検証がなされた。
すると、「ハルステッド手術は意味がなく、体にも有害である」ということが立証された。このため、胸の筋肉を残して乳房だけを切除する「胸筋保存乳切術」や、より小さな範囲での切除ですまして、なるべく乳房を残したまま放射線を照射する「乳房温存療法」へと移行するようになる。

結果、1980年代のアメリカではこのハルステッド手術は姿を消すことになる。
さらに、1990年6月に米国立衛生研究所が「T期、U期の乳がん患者の大多数については、乳房を残す温存療法の方が乳房全摘除より望ましい」という勧告を出したことなどによって、現在の欧米では乳房温存療法が主流になっている(※T期はしこりの大きさが2センチまで、U期は2センチ以上〜5センチ)。


当前のことかもしれないが、女性にとって乳房を失うということは、他の臓器とはまったく違った意味での非常にデリケートな問題を含んでいる。実際、アメリカで行われたハルステッド手術を受けた既婚女性に対する追跡調査によって次のことが判明している。

■全体の4分の1が、傷心のあまり、自殺を考えるほど深刻な抑うつ状態に陥っている。
■全体の4分の1が、夫との性生活の破綻に悩まされている。
■全体の半数以上が「幻影乳房症候群」と呼ばれる、失った乳房をまだ持っているかのような幻想に悩まされる。


それでも日本ではハルステッド手術が続けられた。乳がんの患者団体「イデアフォー」が行ったアンケート調査では、1997年になっても東京女子医大病院第二外科では新規患者168人中18人(11%)、杏林大病院第二外科では新規患者105人のうち15人(14%)にハルステッド手術がなされた実態を明らかにしている。

なぜ、日本の外科医がハルステッド手術に固執するのか? その理由を『私の乳房を取らないで』(生井久美子著・三省堂)の中で、済生会横浜市南部病院外科の岡田卓子医師の話として、次のように紹介している。

「外科医にはメスヘの誇り、こだわりがあります。いまの病院長クラスが手術をしていた時代は定型的乳房切断術(ハルステッド手術)といって、できるだけ大きくえぐり取る手術が正統派と言われてきました。
できるだけ多く取るというのには『場を荒らさない』という発想があったんです−“場を荒らさない”というのは、がん細胞の取り残しがないように、また、がん細胞を散らさないように周りの正常細胞も含めてそっくり取ってしまうということらしい−これがハルステッド手術の根拠として私たち外科医が受けた教育でした。だから、百年続けてきたハルステッド手術から乳房だけ取る手術(胸筋保存乳切術や乳房温存療法)に移行する時に、外科医の問ではずいぶんギクシャクしたと聞いています」

こうした背景には、日本の外科医たちのメスに対するこだわり、というよりも、がんを完治させるにはできるだけ大きく臓器を切り取って転移させないということにある。そこから生まれてくるのは、人間の臓器を切り取ってしまうことを何とも思わない外科医の「不感症」につながる。すなわち、相手の痛みを思いやる想像力というものが根本的に欠如してしまうのである。


温存療法の判定↓

日本の「乳房温存療法ガイドライン」には、「3cm以下」ということになっています。ただし、3p以上でも患者が温存療法を希望する場合は、十分な術前・術後治療ができるかどうか検討するという注意がついています。

現在では、乳がん手術が行われる全国平均の約半数が乳房温存療法ではないかといわれています。
病期(ステージ)T期、U期の乳がんに対する標準治療が、現在ではこの乳房温存療法です。がんの大きさが5cm以下であれば基本的に温存療法が可能です。
これは、5p以下であれば全員乳房を残せるという意味ではありません。

乳房を残せるかどうかは、乳房の大きさとがんの大きさのバランスによって決まります。つまり、手術でがんの取り残しがなく、しかも美容的にも満足できる状態で乳房が残せると予測できれば、乳房温存療法の対象となるわけです。
『乳がん初期症状と治療方法』のサイトより


がんとのつきあい方、サプリメントの活用について
そらサプリメント 詳しくは →






posted by shinto at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

乳製品と乳がん

2011年04月26日

カルシウム補給というと、すぐに牛乳がいいとなりますね。でも、それは本当でしょうか?
牛乳を悪者扱いにしようとしているわけではありません。牛乳や乳製品は、食事のおいしさや嗜好品ととらえるならばいいと思います。

でも、健康にたいへん良い、あるいはカルシウム補給食品として優れている、となると疑問なのです。しかも、牛乳・乳製品を多くとると、いろいろな病気につながる可能性も指摘されています。
乳製品の摂取量と「乳がん」の関係を調べた研究結果があります。
クリックすると大きくなります↓

乳製品と乳がん発生率グラフ.jpg

世界40カ国で、国ごとの乳・乳製品の消費量と乳がんの発生率の関係を調べたところ、あきらかに乳・乳製品の消費量の多い国ほど、乳がんの発生率が高くなっています。

厚生労働省研究班(2008年4月)の次のような調査結果もあります。
牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く摂取すると、「前立腺がん」になるリスクが上がる可能性があり、飲む量が最も少ないグループに比べて、最も多いグループのリスクは1.5倍になりました。
牛乳が健康によい。カルシウム摂取のために牛乳を飲もう。といった常識に異を唱える本もいろいろでています。

からだにいいと思って、毎日せっせと牛乳を飲んでいるかたには、衝撃的なタイトル!
クリックすると大きくなります↓
牛乳には危険がいっぱいの本.jpg

もとキャンディーズのスーちゃんこと田中好子さんが、55歳という若さで乳がんで亡くなり、昨日葬儀が営まれたばかりです。

『牛乳と乳がん』という興味深い本も。

乳がんと牛乳.jpg

以下、内容の紹介
■プラント教授は、最初に乳がんになったあと、有名ながんの食事療法を取り入れた。これは、油・動物性食品・塩分・カフェインなどをとらず、野菜や果物、ヨーグルトなどを多くとるという食事療法であった。しかし再発! 余命は長くないと、医者からも告げられる。……愕然とするプラント教授は、それでもあきらめなかった。学術論文を読みあさり、まさに命がけで研究を続ける。そしてついに、プラント教授は乳がんの真犯人を探り当てた。驚愕の真実。乳がん、前立腺がんの原因は牛乳だった。転移4回の進行性乳がんに侵されながら、著者はついに真犯人を発見した。それから15年。プラント教授の乳がんは一度も再発していない。
■プラント教授が本書でその研究を発表したとき、多くの科学者がこれを批判した。だが、一人としてプラント教授の説をくつがえすことはできなかった。やがてプラント教授は、医学の発展に貢献したとして英国王立医学協会の終身会員となる。









posted by shinto at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん