中国残留農薬 ポストハーベストが問題!

2013年05月22日


ポストハーベスト 写真.jpg

いまだに中国製品の問題がクローズアップされています。でも、それは「氷山の一角」にすぎません。それ以上に忘れてはならないのは、中国産に限らずその他の国の輸入品も無視できないような毒物混入の問題があることです。今や日本の食品の、輸入にたよる割合はかなり大きくなっていますので、これは大変な問題です!

実際上、米国産のレモンにも“悪名高きイマザリル”という農薬が検出されます。しかし、どういうわけか厚労省はこの毒物を、食品に入れてもかまわないという“食品添加物”としての使用を認めてしまいました。農薬を食品添加物に指定するなんて本来あり得ないことなんだけど!

イマザリルの毒性については、発ガン、催奇形性(さいきけいせい:奇形の発生をうながす性質)、肝臓・腎臓肥大などを起こす危険性が高いとされています。
「日本国民の健康よりも、アメリカの顔を立てることを優先したんだ」という批判が出ています。結局、牛肉BSEもだんだんと似たような方向になってきた感がしますが。

このような農薬はポストハーベストとして使われています。「ポストハーベスト」とは収穫後の農作物に直接振りかける農薬のことで、普通の農薬よりも残留してしまう割合が高くなってしまうんですね
日本に輸出される穀物や野菜・果物類には、輸送中の殺虫、殺菌にのために相当量のポストハーベストが使用されているのが現実です。

結果として、わたしたち日本人の食べ物に毒物の混入は避けられないわけです。今更、何ともならないのかもしれないが、これも、日本の食糧自給率があまりにも低いことに関係していますよね。

ご存知のように、今のわが国の食糧自給率は40%以下(カロリーベース)。つまり、わたし達の食卓にのぼる食材の60%は外国からの輸入です。
言い換えれば、わたし達の食の安全というのは、ほとんど外国まかせになっているっていうこと。

何と、わたし達の口に入ってくる農薬の量は年間4sにも達しているといわれています(食品添加物も年間4sになっています)。

農薬4sマンガ.jpeg

−夏から秋に出回る野菜、果物の農薬汚染がより深刻−
▽農産物の安全性が問題になっている中国で、野菜類の47.5%から猛毒の有機リン系殺虫剤メタミドホスなど、安全基準を超える残留農薬が検出されました。中国産野菜は日本国内で広く流通しており、厚生労働省は情報収集を急ぐとともに、中国産の監視態勢を強化する方針。
また、国連食糧農業機関(FAO)による過去2年間の調査によると、夏から秋に出回る野菜、果物の農薬汚染がより深刻だとしています。

☆体内の環境を守る! 本格サプリメント「マックスピア」

posted by shinto at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | マックスピア

キトサンの減塩効果は!

2013年01月10日


日本に4千万人もいるといわれる「高血圧」。心臓病と脳卒中などの循環器病の大きな原因となります。
高血圧は、「体質」と「環境」の相互作用で引き起こされるという説が有力になっていますが、その環境の中で最も重大な要因が“食塩のとり過ぎ”!

その中で、キトサンが塩分を排除できるという研究結果がでています。

キトサンはカニやイカの甲羅などから抽出される動物性の食物繊維。20世紀最後のバイオマス(生物資源)といわれ、農林水産省、文部省(現文科省)は約60億円を投じて研究しました。現在では、手術用縫合糸や人工皮膚などの医療用素材から機能性食品、化粧品というように、いろいろな分野で利用されています。

そして、サプリメントにおいては、キトサンの「減塩効果」が期待されているのです

キトサンの減塩効果フロー.jpg

では、なぜ減塩になるのでしょうか? その効果はどれくらいのものでしょうか?

キトサンは強力なプラスの電気(+イオン)をおびている物質。その一方で塩分中の塩素はマイナスの電気(−イオン)をおびています。強力な磁石ともいえるキトサンに、この塩素がくっついてしまいます。

つまり、食事で塩分を摂っても、消化の際にナトリウムは吸収されますが、塩素がキトサンにくっついて便として排除されてしまうことになるのです。ACE(アンジオテンシンU)も活性化されずに血圧の上昇も抑えられるので、減塩したのと同じ効果が・・・

キトサンとACE効果グラフ.jpg

●大学研究でも認められたキトサンの減塩効果
事実、愛媛大学医学部の奥田教授らのテストでもヒトに食塩を摂らせ、その直後にキトサンを飲ませると、血液中の塩素濃度は上がらずに、ACE活性も起こらないことがわかりしまた。

塩素キトサンでくっつけてしまう実験!(以下は、当社による実験です)
写真@ 塩素系洗剤(ハイター)をキャップに1杯、コップの水に混ぜる。
写真Aそれにキトサン溶液を入れる。
写真B かき混ぜると、瞬時に”塩素がカエルの卵みたいな塊になってしまう。

キトサンの塩素実験.jpg

奥田教授らの実験結果をもとにすると、1日800mgのキトサンで、約7.5gの減塩効果が期待できるといいます

1日800mgのキトサンというのはMaxPia1日6粒分に相当

MaxPia製品写真.jpg

キチン・キトサンは、分子量によって多様な働きをもつ機能性素材として注目されています。一般的に、分子量の大きいものをキチン、小さいものをキトサン(キトサン・オリゴマーとも)と呼びます。

キチン・キトサンを配合した弊社サプリメント「マックスピア」 20年にわたるロングセラー。
1500円でお試しできます(半月分)


マックスピア袋.jpg

さらに乳酸菌1兆個(コンビ社のEC-12)、マルチビタミン、マルチミネラル配合で総合的なサプリメントになっています。健康維持増進のために一番のおすすめサプリメントです。




posted by shinto at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | マックスピア

氾濫する食品添加物。キトサンがリンを排出する

2011年07月29日

食品添加物.jpg
「今食が危ない!」UTAN より写真引用 

深刻! 食品添加物の多量摂取 (料理研究家 服部幸應氏談)

日本人は、食品添加物を平均1年で4s、多い人になると7.8sも摂っています。こうした状況がいかに深刻な問題かということを、食品メーカーと消費者である私達が一緒に考え、改善していかなければなりません。

その点、病院食などは病状に合わせてカロリーや栄養バランスが考えられ、完璧だと思われるでしょうが、私は病院側に「美味しい病院食を作ろう」と提案しています。病院食の欠点は、美味しくないことなのです。
まずい食事を摂ると、コルチゾールという副腎皮質ステロイドホルモンが増加し、免疫機能が下がり、病気が治りにくくなってしまうのです。
 
しかし、美味しい食事は自然に唾液が出て消化を促し、香りは脳を刺激してドーパミン、すなわちβエンドルフィンという快楽物質を分泌させ、幸福な気持ちにさせ、その結果免疫機能を高めてくれます。美味しいものを食べているときは、恋愛をしているときと同じであり、まずい食事は失恋と同じ状態だということが、最近の研究で分かったのです。

キトサンがリンを排除する

カルシウムの腸管吸収についてキトサン摂取群と対照群の差が見られなかったのに対し、キトサン摂取はリンの腸管吸収を有意に減少させた。キトサン摂取がビタミンDの吸収阻害ないしはカルシウムの腸管吸収に影響を及ぼす可能性のないことが示された。(早稲田大学院 人間科学研究科学位論文)

キトサンを利用した経口吸着材の研究でキトサンが化学合成薬品の副作用を軽減し、尿素、アンモニア、クレアチニン、尿酸などの窒素の老廃物に対して選択的に吸着除去することを実証。酸性を示す分子に対しても90%以上、リン酸化物質に対しても効率よく吸着除去することも報告され
た。(キトサン・ファイルより)

すべての物質はいろいろな分子が結合してできています。この分子は必ずプラス(+)かマイナス(−)のイオンに帯電しています。キトサンは(+)で重金属(−)を引きつけ、くっつける作用を持っています。

市販の缶コーヒーにも、タール系色素など添加物が多く含まれています。キトサンの溶液(キトサンの原末をクエン酸で溶かしたもの)を入れてみると、キトサンのキレート作用により、このような状態になります。

缶コーヒーを吸着キトサン.jpg

サプリメントを飲む目的は、栄養を摂るためだけでなく“排出”も重要なポイント!
キトサン配合の「マックスピア」⇒

オリジナルサプリメント そら →




posted by shinto at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | マックスピア

ストロンチウムはもともと体にもっている

2011年04月15日

もともとストロンチウムは、人体に存在する微量元素のひとつです。骨格を形成する上で、もちろん人間にも必要な成分であり、貝類などの食物から微量ながら摂取しています。
今回、原発事故で問題に浮上してきたのが、放射性ストロンチウムであり、これは自然界にあるストロンチウムとは違います。

放射性ストロンチウムを使うケースがあるのは、がん治療においてです。ストロンチウムが骨に吸収される性質を利用しているのです。

ストロンチウムはアルカリ土類金属の微量元素の一つです。単体は常温の水とおだやかに反応する銀白色の金属です。

(アルカリ土類金属とは、周期表2族の元素のうちカルシウム、ストロンチウム、バリウム、ラジウムのこと。ベリリウムとマグネシウムを加えることもある。2価の陽イオンになりやすい。)


ストロンチウムはホッキ貝、カキ貝殻などにも含まれています。
ストロンチウムは人体に毎日2r程度、食物から摂取され、体内では主に骨や歯に存在し、骨格を形成する上で必要な成分です。ストロンチウムイオンは一般に毒性は低いとされ、海に生息する「サンゴ」の強固な骨格を形成するのにも必要といわれています。

また、医学界では欧米や中国などでストロンチウムの鎮痛効果、安全性は前立腺癌や乳癌の骨転移において確認されていますが、日本ではこの治験はなかなか進んでいないようです。

ほぼ全ての人体器官に微量ながらストロンチウムが含まれていますが、特に骨格にその99%が含有されています。ストロンチウムは、ナトリウム(塩)と競合しナトリウムの吸収を減らし、排泄を促進することによって高血圧と心臓・血管病の発生を防止すると言われています。

【骨転移部に集まるストロンチウムと痛みを緩和する作用】
クリックすると大きくなります↓
骨転移部に集まるストロンチウム.jpg
出典:J Nucl Med 41:183-188,2000 Eur J Cancer 37:2464-469,2001


骨転移の痛みを止める放射線治療の薬「メタストロン」に
ストロンチウムがつかわれている


メタストロンは、がん患者に使われる薬ですが、いわゆる抗がん剤ではありません。放射線治療を行うための薬です。治療対象となるのはがんの骨転移で、痛みを抑える効果を発揮します。
メタストロンは、ストロンチウム-89という放射性物質を含んでいます。この薬を静脈に注射すると、ストロンチウム-89は血液に乗って全身をめぐりながら、がんの骨転移部に集まっていきます。
なぜ、骨転移部に集まるのかというと、骨では、カルシウムを取り込む造骨代謝と、カルシウムが溶け出す溶骨代謝が行われています。転移したがんが増殖するときには、骨を溶かしてがん細胞が入り込んだ後、その部分で造骨が盛んになります。

つまり、がんの転移した部分は、カルシウムの取り込みがとくに活発になるのです。その働きを利用して、カルシウムの同族体であるストロンチウム-89は、カルシウムと一緒に骨転移部に取り込まれていきます。

こうして、骨転移が起きている部分に入り込んだストロンチウム-89は、そこに定着して放射線を出します。それによってがんが照射され、治療効果が現れるのです。

照射されるのはβ線という放射線で、透過性が低いため、組織の中では平均2.4ミリメートルしか届きません。そのため、ごく近くの組織に影響を及ぼすだけで、通常の放射線治療のように、周囲の正常組織に影響を及ぼすことが少ないのです。

オリジナルサプリメント そら →





posted by shinto at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | マックスピア

キトサンで放射性物質の低減

2011年04月13日

福島の土・野菜から放射性物質ストロンチウム初検出
(2011/04/13朝日新聞)
文部科学省発表によると、12日福島県で採取した土壌と葉物野菜から、ストロンチウム89と90を検出したという。福島第一原発から放出したとみられるが、今回の原発事故でストロンチウムの検出は初めて。

半減期が29年と長いストロンチウムは、健康への影響が心配される。ストロンチウム90が科学的性質がカルシウムとよく似ていて水に溶けやすく、人体では“骨”に蓄積する傾向がある。

土壌では深い場所まで届き、植物に吸収されやすく、海に放出されると、魚の骨などに取り込まれ蓄積する可能性が強い。

早くから報道されていた放射性ヨウ素とくらべ、発表が遅れていたのは、ストロンチウムの検査には1〜4週間かかるためという。

--------------------------------------------------------------------------◇
■キトサンが放射性ストロンチウムの排泄促進 〜放射性医学総合研究所環境衛生研究部

人体が放射性物質に汚染される経路は、(1)皮膚(2)吸入 (3)経口 (4)創傷が考えられるが、いずれの経路にしても放射性物質は最終的には血中から臓器、組織に沈着して、内部被ばくを引き起こします。

こうした中、同研究所では「キトサンが放射性ストロンチウムに対する排泄促進作用がある」、ということを動物実験により明らかにしました。

ラット試験で、放射性物質を90%以上排泄できる結果が・・・
ラットに放射性物質ストロンチウムを経口投与した場合、キトサン添加の飼料で飼育したラットでは、早くも1日後に90%以上のストロンチウムが糞便中に排泄された。
この実験結果により、ふだんからキトサンを摂取していれば、不幸にして放射能汚染があった場合でも、それが体内に吸収蓄積されるのを未然に防ぐことが可能であることを示唆した。

ストロンチウムをキトサンが排泄.jpg

■ラットによる放射線の血中推移、尿・糞・呼気中への排泄、組織濃度内のテスト 
キトサンを経口投与後、(放射性)投与量の約20%が尿および糞中に排泄。 呼気中には炭酸ガスとして投与量の約54%が168時間までに排泄されました。残りの約20%は体内の脂肪組織や軟骨組織等に広く移行し、生体内構成物質として利用されていることが示唆されました。

ラットの放射活性低下.jpg

キトサン配合のサプリメント「マックスピア」について詳しくは→
※半月分(90粒)のお試しがあります。

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | マックスピア