子供の塩分とりすぎと高血圧

2011年05月10日

10代の若者よ!加工食品を食べ過ぎていないか?
食塩摂取量を減らせば、50歳に達するまでの“血管系リスク”が減少するのに!

学会ダイジェスト:米国心臓協会・学術集会2010 Chicago U.S.A. 日経メディカルを参考に

【若い時からの減塩が先々の高血圧を防ぐ!】 

第83回米国心臓協会・学術集会で、「現在の10代の若者が食塩摂取量をあと1日3g減らすと、50歳に達するまでの高血圧、心疾患などの血管系リスクが低下する」と発表した。 

若者が摂取している塩分の大半が加工食品からのものである点に着目。規制や食品メーカーの自主的努力を通じて、これらの加工食品に含まれる塩分量を減らすことで、かなりの効果をもたらす可能性がある、として検討を重ねてきた。

塩分とりすぎの加工食品.jpg
↑加工食品の食べ過ぎが、塩分の過剰摂取につながる!

その結果、12〜24歳の年齢層で高血圧が44〜63%減少するだけでなく、彼らが50歳に達するまでの間に(減塩が維持されれば)、冠動脈性心疾患が7〜12%、心筋梗塞が8〜14%、全死亡が5〜9%も減少することが見込まれるという。

【日本人は3歳児でも塩分過剰摂取が多い!】

このように血管系リスクを低下させる上で塩分の制限は非常に重要である。けれども成人になってから食事習慣やライフスタイルを変えるのは容易ではない。小児期に塩分の少ない食習慣を身につけることがとても大切なのだ。

国立病院機構九州医療センターの森永友希氏らは、日本人の3歳児の塩分摂取量等を調べた。結果は次のようになった。

子供の塩分摂取量めやす.jpg

尿中のナトリウム排泄量の分布をみると、
3g/日未満が45%、3〜6g/日が31%、6〜10g/日が20%、10g超/日が4%だった。
※食塩相当量(g)=ナトリウム(g)×2.54

第一子よりも第二子以降のほうが、尿中のナトリウム排泄量が多かった。
第一子では注意して食べさせていなかった食べ物も、第二子では早く体験している。例えば、お菓子の味を覚えるのも第二子は早い傾向がある。そして、特にスナック菓子などには塩分が多い。

間食がある子供のほうが尿中ナトリウムの 排泄量が多く、肥満傾向にあった。

「塩分を摂りすぎないように」と注意を払っている母親は、注意を払っていない母親よりも年齢が高い傾向にあった。

離乳食の時期になると、大人のメニューから取り分けがはじまったりするので、その頃から塩分摂取量が増加し、なんと平均6〜9gと、適正量の2〜3倍も摂取しているとの報告がある。

キトサンの減塩効果 →

オリジナルサプリメント&スキンケア そら →
弊社のサプリメントは大人向け仕様ですが、ユーザーさんの中には小学生のお子様にも摂取されている例もあります。基本的に、大人より量を控えめにしてお飲みになればお子様でも利用可能です。
体重比で考えればよいので、体格の大きなお子様なら(高校生、大学生なら大人と同じように考えて結構です)基準の量でもかまいません。




posted by shinto at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

“スーちゃん”乳がん再発で死去

2011年04月22日

わたしたちの年代で「キャンディーズ」といえば懐かしい。今で言えば、「AKB48」みたいなかんじだったかな。

3人組のアイドル歌手で当時一世を風靡した。そのメンバーのひとり“スーちゃん”こと田中好子さんが、乳がんで亡くなった。55歳という若さ。ご冥福をお祈りしたい。

報道によると、最初に乳がんとわかったのは、19年前当時36歳だった。そして去年再発し、今回の訃報となった。

ここで、乳がんについてふれてみたい。乳がん、子宮ガンなど女性特有のがんは、ホルモンの働きが活発な40代に多いといわれている。
クリックすると大きくなります↓

乳がんのピーク40代.jpg

乳がんはがんの種類のなかでも「再発の危険が高いがん」といわれており、国立がんセンター東病院化学療法科の向井博文さんによれば、最初の乳がんのステージによって再発率は変わってくる。ステージTだった場合は再発率10%以下、ステージUだったら30〜40%、ステージVだったら50%以上の確率で再発するといわれる。

---------------------------------------------------◆◇
乳がんとカルシウム摂取について、ひとつ情報がある。

◆岡山県立先端科学技術センターは、毛髪のカルシウム濃度で乳ガンの兆候をいち早くとらえる診断方法の開発を進めている。カルシウムなどのミネラルが不足するとガンを引き起こすことはこれまでも指摘されてきた。

たとえば、乳ガンを発症する人では、体内のカルシウム濃度が低下し、それを補おうと骨からカルシウムが溶け出てしまうのだ(カルシウムパラドックス)。この骨から溶け出した余分なカルシウムが毛髪の細胞に蓄積して、正常な人の10倍もカルシウム濃度が高まるという。
 
同技術センターでは、毛髪のカルシウム濃度を調べることで将来のガン発生を予測することが可能となるという研究成果を発表した。例えば、毛根のカルシウム濃度が6倍だった女性が、2年後に大腸ガンを発症した実例などをあげている。

クリックすると大きくなります↓

カルシウムと乳がん発生.jpg

◆また、米国の栄養大学ジャーナルで発表された研究によれば、カルシウムを豊富に摂った女性は、そうでない女性に比較して、乳ガンの発生率が30%も少なかった。

カルシウムとガンのリスクに対するいろいろな研究結果から「国立科学アカデミー」では、50歳までは1日当たりのカルシウム摂取量を1000mg、50歳を過ぎたら1200mgを推奨している。

カルシウムを日常的に豊富に摂っていると、こうしたガンのリスクを減らせることになる。逆に、カルシウム不足は、ガンになりやすいとも言えるだろう。

実際、ふだんの食事から1000mg、1200mgという十分な量のカルシウムを摂ることはなかなか難しい。(国民栄養調査では1日平均カルシウム摂取量は570mg)
毎日不足の無いように確実にカルシウムを摂取するには、サプリメントの利用をすすめたい。
1本で400mgのサンゴカルシウムが摂取できる『珊瑚の恵』

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

肥満と高血圧症“減塩と減量の効果”

2011年04月12日

ちょっとその気になれば 血圧を下げるのも難しいことではない

血圧を上げないようにする予防策とは、@減塩 A体重減少 B運動
「減塩は味気ない」と言い訳しないで、ちょっと工夫すれば十分減塩できるのだから。また、体重を減らすと、血圧を下げるのに劇的といえるほどの効果がある。普段から体を動かす習慣をもつと、体重が下がる下がらないはともかくとして、血圧は高くならないですむ。

基本は、やっぱり“減塩”
減塩は、血圧をコントロールするうえで日常的に考えておくべき重要なテーマ! 
食塩はNaCl→ Na+ Cl−
食塩の主成分であるナトリウムが血圧をあげる“犯人”。ナトリウムが体内にたまると、そのナトリウムイオンの濃度を薄めようとして血管内の水分量が増える。そうして血圧が上がるし、血管の細胞内にも水がたまり、その結果血液の通り道も狭くなり、血圧を上げることに。

1日2〜6g塩分摂りすぎの日本人
味付けに、塩・醤油・味噌を多用する日本の食事は、けっこう塩分が多い。日本人の塩分摂取量は一日平均12〜13g。目標にすべきは10gだそう。さらに、高血圧予防のためには7〜8gにしなといけない。
でも・・・下の表のようにたった1食の外食で5g6gと簡単にとってしまうので、よほど意識しないと!
クリックすると大きくなります↓

外食メニューの塩分.jpg

減塩以上の効果は“減量”! もちろん体重です!!

ラーメンのスープは飲まない、だとか料理は薄味にするとか、3食食べながら塩分をこの枠内におさめるのは、けっこう大変そう!
でも、減量なら降圧効果が得られることが多い。たとえば、体重を2〜3s減らしただけで収縮期血圧が10mmHg下がったという例も少なくない。

また、できれば簡単なものでいいから運動の習慣をもつといい。運動は減量をたすけると同時に、運動そのものに血圧を下げる効果があることもわかっている。

クリックすると大きくなります↓

減量と血圧の関係.jpg

きつい運動は、義務感をもったり、途中で挫折しやすくなるので、ストレッチやバランス運動や体操など毎日あいた時間に継続できる運動がおすすめ。
運動だけでは、減量の効果はなかなかあげることができないので、BOSS法の食事をとりいれるとよい。
※BOSS法の食事では、朝昼はほとんど塩分は摂らないですむ。普通の食事をとるのは夕食だけなので、さきほどの「減塩」にもつながり、より効果的です。
BOSSダイエット法とは→

オリジナルサプリメント&スキンケア そら →



posted by shinto at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防