乳児になぜミネラルウォーターが駄目なのか!

2011年03月28日

各地の水道水から、放射性ヨウ素が検出され、「うちの水道水はどこの浄水場からきてるの?」と気にされていらっしゃることと思います。

ひとめで各地の水道水の“放射性物質の含有量”がわかるサイトをみつけました。
全国の水道水の放射能濃度

乳児にたいしての水道水摂取制限が、出たり、解除されたり、ニュースに翻弄されているようです。
「乳児のミルクを溶くときに、ミネラルウォーターは好ましくない」というはなしがありますが、これは正しく解釈しなければなりません。

乳児にミネラルを過度に与えると、腎臓の機能がおいつかないのでよくない、ということ。では、市販のミネラルウォーターがすべてこれに該当するかというとそうではありません。

ミネラルウォーターに含まれる、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル含有量が問題となります。硬度とPH(ペーハー)は異なった指標です。今回問題にしているのは、硬度(カルシウム、マグネシウムの量)であり、この含有量が多い水は乳児に飲ませないほうがよいということです。
硬水といわれるミネラルウォーターを避ければ問題ないかと思います。


市販のミネラルウォーターには、軟水と硬水がありますので、ラベルを見て判断すればよいのです。たとえば、よく知られている銘柄では、
◆超軟水(硬度0〜50)
・南アルプスの天然水 硬度30
・クリスタルカイザー 硬度38

◆軟水(硬度51〜100)
・ボルヴィック    硬度62

◆中程度硬水(硬度101〜300)
・秘境の湧き水    硬度119

◆硬水(301〜1000)
・エビアン      硬度304
・ペリエ       硬度400

◆超硬水(1001〜)
・コントレックス   硬度1468

市販ミネラルウォーターの硬度がひとめでわかるサイトみつけました
サイト内の画像をクリックすると、それぞれの詳細が見られます!
ミネラルウォーターの硬度一覧

【 硬度の計算式 】
硬度(mg/L)=
カルシウム量(mg/L)×2.5+マグネシウム量(mg/L)×4.1

そして硬度によって水を区分すると、

硬度(mg/L)が100以下は「軟水」
硬度(mg/L)が101以上300以下は「中硬水」
硬度(mg/L)が301以上は「硬水」

で分けることが出来ます。
ミネラルウォーター類のボトルラベルに硬度表示が
されていなくても、栄養成分表示にカルシウム(Ca)とマグネシウム(Mg)の量が表示されていえば、軟水・中硬水・硬水のいずれかがわかります。

但し、注意してほしいのは、ラベルに
『栄養成分表示(100mLあたり)』と表示られているのを
よくみかけます。(特に外国産のミネラルウォーター)
この場合は、カルシウムとマグネシウム各々の含有量を10倍して下さい。
上記の式はリットルあたり(100mL×10)なので・・・

日本のミネラルウォーターはほとんどが軟水〜中硬水。
サンゴの力で作った水は? というと、そこの家の水道水によって多少差がでます。もともとの水道水にもミネラルは含まれていて、全国を平均すると硬度50〜70くらい。サンゴの力を入れると、ミネラルが溶けて、硬度が20くらい上昇します。ですから、サンゴの水は硬度70〜90くらいとなります。軟水と硬水のあいだくらいですね。

サンゴの力について詳しく ⇒

パックから取り出す.jpg

サンゴの力水にいれる.jpg

市販のミネラルウォーターが必ずしも安全ということはありません。水道水は水道法による50項目もの検査基準により厳しく管理されています。水道水にこの「サンゴの力」を入れて、塩素を取り除き、サンゴミネラルを溶かし出せば、安全でおいしく体にもよい理想的な飲み水が手に入ります! しかも1リットル分が35円ほどで作れて経済的です。

オリジナルサプリメント&スキンケア そら → 





posted by shinto at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

くみ置きの水道水、サンゴの力制菌作用がたすかる!

2011年03月26日

東京など各地の水道水から、放射性ヨウ素が検出され、乳幼児をもつ母親や妊婦のあいだで健康被害を心配する声が上がっている。日を追って、放射性ヨウ素の量は減っているようだが、まだ完全に安心できるというわけではないようだ。

(2011/03/25 朝日新聞より)
母乳の心配なし 妊婦も影響なし
各地の水道水から、1リットルあたり100ベクレルを超える放射性ヨウ素が検出され、1歳以下の乳児は摂取しないようにと呼びかけられた。
大人は300ベクレルが基準だけれど、乳児は低く設定されている。

なぜか?
放射性ヨウ素は、甲状腺にたまりやすく、がんを発症する危険性がある。1歳以下の乳児は、成長期にあり、ヨウ素を取り込みやすいといわれている。

毎日の水分をほぼ粉ミルクにたよっている赤ちゃん
0歳児は体重の80%が水分。生後6ヶ月の赤ちゃんは、体重8s程度の子が1日1リットルをミルクから水分摂取をする。成人でも1日に飲む水は1.5リットル程度だから、体重比からすると相当な水の量。

水分が足りないと乳児は危険!
新生児医療が専門の、東京女子医大の楠田聡教授はこう指摘する。「人はどんなときも水分が必要で、乳児はなおさらです。状況を怖がって必要な水分を与えなくなることのほうが、よほど危険。数時間で脱水症状が始まる場合もある」。粉ミルクをつくるのにペットボトルの水が手近にない場合には「水道水を怖がらずに使ってほしい」と呼びかけている。

普段はミネラルウォーターで粉ミルクを作ることはすすめられていないが・・・
赤ちゃんは大人に比べて、血液成分の調整力が弱く、ミネラル分が沢山体にはいると腎臓に負担がかかる。だが、これはミネラル分が多い“硬水”場合。日本産科婦人科学会は「軟水であれば問題ない。ラベルを確認して使用してほしい」とすすめている。

母乳を飲む子、妊婦は?
日本産科婦人科学会は、「現状程度の放射性物質の濃度なら、連日飲んでも、母親にも赤ちゃんや胎児にも影響はない」とする声明を発表した。
母乳中にでてくる放射性ヨウ素は、お母さんがとった量の4分の1程度だとされている。かりに、今回よりも濃度が高い500ベクレルの水道水を、40週間の妊娠期間中に毎日飲んだ場合の被爆量は約3ミリシーベルト。これは、胎児に影響がでるとされる50〜100ミリシーベルトよりかなり低い。

くみ置きすると放射線量は減るが、雑菌に注意!
ヨウ素は8日程度たてば放射線量が半減する。日本医学放射線学会は「どうしても気になるなら、水道水をひと晩くみ置いて使うだけでも放射線量は減る。ただし、水に雑菌が入る可能性があるので、くみ置いた水を1週間も放置することは避けてほしい」としている。

【くみ置き水に“サンゴの力”】
水道水をくみ置きするときに、サンゴの力を入れておくと、雑菌がわかず安心。サンゴの力には銀滅菌作用(※水銀とは違います)があり、塩素がなくなった水の腐敗を防ぎます。
サンゴの力ペットボトル10本.jpg
サンゴの力1箱写真.jpg

瞬時にミネラルウォーターがつくれる「サンゴの力」
※サンゴの力は、軟水と硬水のあいだくらいの硬度です。
サンゴの力には、制菌作用があり、サンゴの力でつくったミネラルウォーターは、常温でも1ヶ月以上の保存が可能です。社団法人 日本食品衛生協会のテストによれば、1リットルの水の中に、わざと74万個の大腸菌を入れ、サンゴの力を1ヶ入れて測定した結果、15〜30分で細菌がゼロになりました。

滅菌データ小サイズ.jpg

一度、菌がゼロになったものは、外から菌を入れない限り、菌が増えることはありませんので、このあともこの状態が保てると推測できます。この結果からすれば、サンゴの力で備蓄用の水を作って置いた場合、数ヶ月、場合によっては半年くらい安全に飲用につかえるのではないかと考えられます。
10リットルの備蓄用ポリタンクでしたら、10ヶサンゴの力を入れてください。


そらウェブショップ → 

posted by shinto at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

浄水器で放射性物質がろ過できるか?質問殺到

2011年03月24日

浄水器メーカーに質問殺到=「ろ過できる?」に困惑−水道水放射性物質(2011/03/23-19:45)


東京都内の浄水場で、水道水から乳児の飲用基準を上回る放射性ヨウ素が検出された23日、浄水器メーカーなどには「ろ過できるのか」といった問い合わせが相次いだ。
 
浄水器メーカー「三菱レイヨン・クリンスイ」(東京都中央区)には、「浄水器でろ過できるのか」との質問が多数寄せられ、担当者は「明確なお答えはできません」と繰り返した。
メーカーでつくる「浄水器協会」(港区)でも、一報が報じられた午後2時すぎから電話が鳴りやまず、対応に追われた。担当者は「もともと水道水には放射性ヨウ素が入っているという前提がなく、試験方法も確立してない」と困惑した様子で話した。
--------------------------------------------------------------------------------
東京都の金町浄水場で、水道水から放射性物質が検出との報道があった直後から、ユーザーさんから「サンゴの力で放射性物質はとれるんですか?」というご質問の電話が相次ぎました。
そうした前例がありませんし、物理的に考えて、サンゴの力でも放射性物質は除去できないと思います。上記にもあるように、どんな浄水器でも難しいのではないでしょうか。

報道では、1歳以下の乳幼児に対しては水道水の飲用を避けてくださいとのこと。乳幼児のいらっしゃるユーザーさんからも複数お電話がありましたが、今から慌ててペットボトル水を買おうにもどこも売り切れ。結局は個人個人の判断で対応するしかないわねという方が多かったです。

放射性物質の報道は、交錯しているし、一般には理解が難しい用語も多くて、不安感が煽られやすいと思います。水道水を汲み置きしておくと、放射性物質は減ってくるそうなので、心配な方は水道水を汲み置きし、そこにサンゴの力を入れて数日おいておくとよいかもしれません。
水道水をただ汲んでおいたんでは、塩素が抜け、水が腐っていきます。そういう点では、サンゴの力を入れておくと安心です。

サンゴの力には、銀滅菌作用(※水銀とはまったく別物)で菌の増殖を抑える働きがあります。
サンゴの力滅菌実験結果

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

水の備蓄を!水ポリタンク提供します。

2011年03月15日

東北関東大震災では、大変な被害がでております。こうした震災時にまず遮断されてしまうのが、電気、ガス、水道などのライフライン。避難生活でなにが一番困るかといえば「飲み水」です。給水車がくるまでの間、しのげる量の水を確保していれば、もしものときもたすかります。

そらでは、コンパクトにたためて、10リットルも入る“水ポリタンク”を提供することにしました。これは、2年前のインフルエンザ・パンデミックに備えて準備していたものですが、在庫限りです。ご家庭で1つとさせてください。

これだけ送るにも宅配料がかかってしまいますので、ご注文の際お荷物に入れさせていただきます。ご希望の方は、ご注文時にお申し出ください。

ネット注文の場合は、備考に書き添えてください。

水ポリタンク全体写真.jpg


水ポリタンク使い方.jpg

「サンゴの力」があると、災害時も便利ですね。バスタブに水をはっておけば、もしもの時、その水をペットボトルにとり、サンゴの力を入れれば安全な飲み水がすぐに作れます。
サンゴの力1箱写真.jpg
posted by shinto at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力