異臭消すが細菌こわい浄水器

2012年12月07日

水道水は臭い!まずい!安心できない! という理由で浄水器をお使いになる方が増えています。都市部での浄水器普及率は40%にものぼるといいます。しかし、浄水器も問題点が指摘されています。その問題点とは・・・?

◆浄水器のなかに雑菌がウヨウヨ?!
 
安全でおいしい水を飲もうという目的で使っている浄水器の中に「雑菌がウヨウヨ」と湧いてしまっている!?
浄水器の中は、塩素が取り除かれてしまっているために、雑菌が繁殖するための最適な住みかになっているのです。雑菌の繁殖力はすさまじく、たった一晩で2倍以上もの細菌数に!!
浄水器の注意書きには、「朝起きて最初に使う時は、必ず水を流してから使うように」とあるのは、そのためなんですね。

浄水器の細菌.jpg

◆2〜3ヶ月の使用で、塩素がとれなくなる機種も!
 
いろいろな浄水器の「塩素の除去効果に対するテスト」があります。左のグラフは、「暮しの手帖」の研究室で行われたテスト結果をあらわしたものです。
どの浄水器も、初期の段階では塩素が除去されていますが、3ヶ月以上経つと効果が著しく低下してしまいます。
中には1ヶ月も経たないうちに、効果が失われてしまうものもあります。また、使用限界の半分の期間で、除去効率が60%程度に低下してしまう機種も多く見られました

浄水器の塩素除去.jpg

◆ミネラルが少なくても呼び名は「アルカリイオン水」!?
 
よくアルカリイオン水とききますが、本当にそうでしょうか? たとえば電気分解式の浄水器では、水道水を電気的に「酸性水とアルカリ水」とに分けて作ります。したがって、カルシウムなどのミネラルの量は水道水とほとんど変わりません。本来のアルカリイオン水とは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に溶け込んでいる水のことです。
 
また一般的な浄水器は、不純物を濾過することが目的なのでアルカリ性の水(アルカリイオン水)にはなりません。アルカリイオン水が健康に良い、というのは、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれていてアルカリ性になってこそ言えることなのです。

◆浄水器の水にも「サンゴの力」がおすすめ!
 
浄水器は先ほどのグラフにもあるように、カートリッジが新しいうちは塩素の除去能力も高いのですが、月数が経つにつれその能力は落ちてきてしまいます。そこで、浄水器を通した水にもサンゴの力をお使いになることをおすすめします。
 
「サンゴの力」の滅菌力は、浄水器で塩素の除かれた水であっても雑菌が増殖しません。たとえ、室温の状態であっても安心して飲めます(※「サンゴの力」は入れたままにしておいてください)。
 
浄水器は塩素を除去することが第一の目的で、ミネラル豊富なアルカリ水にならないものがほとんどです。したがって、浄水器を通した水にもサンゴの力を入れると、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが溶け込み、さらに、美味しく、健康に良い水になります。

浄水器がなくても、塩素をとり、ちゃんとミネラルが溶けているミネラルウォーターが作れます!
サンゴの力について詳しくはこちら→
☆初めてのかたには、50リットル分作れる体験キット1000円(送料無料)があります。



posted by shinto at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

浄水器がつけられないかたに「サンゴの力」はおすすめ

2012年09月11日

一人暮らしで、高い浄水器を買うほどでもないし、かといって都会の水道水はまずくてそのままでは飲む気がしないという方、飲み水はどうしていますか?

ミネラルウォーターをいちいち買うのも面倒だし、費用も高くつきます。

だいたい、ワンルームマンションなどのキッチンは、立っているのがやっとというぐらい狭いところも結構あります。電磁コイル式の火元が1個、あとは小さなシンクのみです。まな板を置いて料理をすることもままなりません。
狭いキッチン.jpg

この狭い場所に、浄水器は置けないのが現実です。最近は浄水器もコンパクトになっているようですが、浄水器の浄化能力(濾過能力)は濾材の量にも比例しますので、あまり小さな機種だと、こんどは浄化能力が落ちてしまいます。

濾材が少ないと、浄化できる期間が短くなり、塩素がすぐにとれなくなることもあります。

また最近のマンションの蛇口は、ほとんどがシャワー式蛇口になっています。この蛇口だと、従来の浄水器は設置が出来ないことが多いです。以前は、接続部品をカクダイという部品メーカーが製造していたのですが、需要が減って製造廃止になってしまいました。
シャワー式蛇口.jpg

賃貸ですと、現状復帰が原則ですから、あまりいじれないのですよね。台所周りも、使い勝手が悪くても我慢しなければならない場合も多いかと思います。

浄水器がつけられないかたに、サンゴの力はとても重宝です。そのつど、水道水に入れてミネラルウォーターが作れますので、一度に大きな出費がなく手軽です。いつでもどこでも、水道水さえあれば、塩素を除去したミネラル豊富な水がつくれるのです。

1リットル35円と、とっても経済的でもあります。オフィスの水がまずければ、オフィスに常備してもいいですね。同僚がほしがることうけあいです。


水道水から簡単にミネラルウォーターが作れる 「サンゴの力」 →







サンゴの力製品.jpg

サンゴの水をつくる.jpg

サンゴの力取り出す.jpg



posted by shinto at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

飲み水にも老化させる水、若返りの水がある

2012年09月10日

ものには「酸化還元電位」というものがあります。 

ある物質(例えば飲み水)が他の物質(例えば人の体)を酸化しやすい状態にあるのか、還元しやすい状態にあるのかを表す指標です。この値がプラスで大きいほど酸化力が強く、マイナスが大きいほど還元力が強いとされています。

水の酸化還元電位はこのような計測器(酸化還元電位計)で簡単に計ることができます。
酸化還元電位.jpg

化石サンゴの浄水パック「サンゴの力」を入れた水は「還元水」に!

水道水や市販ミネラルウォーター、そして「サンゴの力」を入れた水の酸化還元電位とPHを計ったものをグラフに描いてみました。

水道水の酸化力はひじょうに大きいですね。また、市販ミネラルウォーターは水道水よりも酸化力が低くはなっていますが、「サンゴの力」を入れた水は、なんと自然水と同じぐらいの還元力を持った水(還元水)になります。

クリックすると大きくなります↓
酸化還元電位の比較.jpg

一方、体内の臓器や体液、血液の酸化還元電位は+200〜−100mvという還元状態にあります。ですから、酸化力の大きいものを常時体内に入れていると、細胞を劣化させたり、遺伝子を傷つける結果、老化がすすんだり動脈硬化になりやすくなったりする可能性があります。もちろん、皮フ細胞も酸化させるので、美容にもよくありません。健康のためにも、美容のためにも、還元力のある水を飲んだほうがいいですね。

では、各地の水道水の酸化還元電位、市販のミネラルウォーターの酸化還元電位を下グラフに表してみます。さらに、そこにサンゴの力を入れたらどうなるかをしめしています。

クリックすると大きくなります↓
酸化還元電位がそれぞれどのくらい上昇.jpg

軒並みORP値が酸化をしめす600前後だった都市部の水道水ですが、サンゴの力をいれるとずいぶん良い水になります。東京の水道水は570→7、横浜市の水道水も600→−20(マイナスに!酸化水が還元水になりました)。

市販のミネラルウォーターは、水道水よりは酸化度合いが少ないものの、酸化還元電位は100台です。そこにサンゴの力を入れたら、一桁下がりました。「六甲のおいしい水」は184→ なんと−33まで下がりました。



−以下、『「水」をかじる』静岡理工科大学教授/ノースカロライナ州立大学併任教授・志村史夫著、ちくま新書より。

還元水とは

鉄が錆びたり(酸化)、食べ物が腐るのは酸素が作用して起こる現象である。これらを防ぐ第一の方法は真空パックや不活性ガスを使って酸素を遮断することであるが、還元水の利用も有効である。

還元水には酸化や腐敗のほか、不健康の凶器と考えられている体内の活性酸素(通常の酸素と比べて著しく化学反応性が強い酸素)の発生や活動を抑制する効果があるといわれている。

また、還元水を使ってご飯を炊くと長時間おいても変色しない、リンゴの皮をむいて還元水に浸すと長時間たっても黄変しない、還元水で“水割り”を作ると味がまろやかになる、などともいわれている。
これらはいずれも、還元水の“酸化防止効果”と深く関わった現象であろう。

☆まとめ

水道水を飲んでいると、細胞の老化をはやめることにつながっているわけですね。健康にも体調にもあまりよくないということ。
体内の65%は水であり、60兆個あるという細胞ひとつひとつも水で満たされています。その水が酸化の水でみたされているのか、還元(若返り)の水でみたされているのかで、健康状態は大きく差がでそうです。

サンゴの力は実験の結果のように、水道水も市販のミネラルウォーターも「還元水」に変えてくれます。毎日飲む飲み水には、サンゴの力を入れて細胞を若返らせる水に変えて飲むことをおすすめします。


サンゴの力について
posted by shinto at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

ミネラルウォーター開栓後雑菌がみるみるうちに!

2012年07月12日

ペットボトルに入れた飲み水を持ち歩いて水分補給!

これは血液濃度を高めないようにするため(脳梗塞などの防止になります)にもとても良いことです。
でも、ミネラルウォーターを開栓すると、何と数時間後には雑菌数が1000個以上にもなる、ことが問題となっています(ラッパ飲みでさらに細菌が増加しやすくなります)。
水道水とは異なり、逆に塩素殺菌されていないことが雑菌を増殖させてしまうのです。 

ミネラルウォーター雑菌.jpg

こんな場合にも「サンゴの力」が便利です。「サンゴの力」には滅菌力があるために、その心配がありません。
社団法人日本食品衛生協会の滅菌力に対するテストでは、常温においても3ヶ月以上細菌がわくことがありませんでした。さらに同テストにおいて、左の表のとおり、意図的に雑菌を混入した水にサンゴの力を投入したところ、直後から菌は減少し始め、30分後にはまったくゼロの無菌状態になったことが確認されました。

制菌試験.jpg


サンゴの力を作って、携帯用のペットボトルあるいは水筒に詰め替えて持ち歩きます。そのときに、使用済みのサンゴの力を入れておくのがポイントです。使用済みのでも、菌の繁殖を抑える効果があります。

外出先で、ミネラルウォーターを買った場合にもサンゴの力を入れると安心です。ミネラルも増えてアルカリ性になりますし、雑菌の繁殖を防ぐこともできます。ペットボトルから直接口飲み(ラッパ飲み)すると、案外雑菌が水のなかに入ってしまうものなんですよね。

これから、湿度も気温も高い時期ですので、気をつけたいものですね!

常温保存でも菌がわかない。安心して携帯できるサンゴの力。
1リットルわずか30円とリーズナブルです!
1000円の体験キット

SORAホームページ

posted by shinto at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

軟水、硬水をきめる水の硬度とは?

2012年06月28日

ミネラルウォーターなど飲み水の善し悪しをいうときに、pH(ペーハー)で酸性・中性・アルカリ性を論じるときもあれば、軟水・硬水と水の硬度で比較するときもあります。それぞれの指標があるので、わかりにくいですね。

硬度について

硬度とは、水の中に溶けているカルシウムイオンとマグネシウムイオンのこと。一般的に、軟水や硬水というのは、この数値で判断します。水1リットル中の炭酸カルシウム(CaCO3)と炭酸マグネシウム(MgCO3)をプラスした量をmg数で表します。
※WHO(世界保健機構)の飲料水水質ガイドラインにおける軟水、硬水、硬度の基準は次のとおりです。

硬度のガイドライン.jpg


日本人に飲みやすい硬度は、軟水と硬水の中間の100ぐらいといわれます。ところが、一般に市販されている国産ミネラルウォーターの硬度は50程度が多く、この程度の硬度ではカルシウムなどの量も少ないために本来のミネラルウォーターとは呼べません。

国産ミネラルウォーター硬度比較.jpg
 
水道水にサンゴの力を入れると硬度100〜120程度となって、美味しい水の範囲に入ります。

水道水の硬度変化.jpg

硬度が高ければいいというものではありません。硬度が高くなると、渋みがでてきてしまい、料理などには使いにくくなったり汎用性が低くなってしまいます。コントレックス、バルヴェールなどがそうです。

飲み水は、お茶やコーヒー、料理・・・と毎日、ある程度の量を使いますので、おいしさや安全性とともにリーズナブルであるという経済性も重要な条件。

市販ミネラルウォーターは、高くつくうえに、ペットボトルゴミがでて環境負荷も大きく、安全性のうえでも疑問視されます。広告宣伝が効いていて、イメージは良いのですが、果たしてそれほどのお金をかける価値があるものか・・・

50項目もの水質基準をクリアし、安心して飲むことができる水道水。あとは、味の面で塩素をとりのぞけば、十分おいしい水になります。

そこに、沖縄の化石サンゴからつくられた「サンゴの力」を入れれば、サンゴからカルシウムなどミネラルが溶かされ、まろやかで体にもいい水になります。硬度も平均して30くらい上がります。

水道水+サンゴの力で、手軽においしい水をつくりませんか。サンゴの力は、1リットル分わずか30円とリーズナブルです。

初めてのかたには、サンゴの力がよく分かる「体験キット1000円」があります。
サンゴの力について詳しく


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

還元水をつくるサンゴの力

2012年06月22日

「酸化」という言葉を聞いてどんなことを想像するでしょうか?
りんごの切り口の変色、鉄が錆びること、油が臭くなること、これらはみな「酸化」現象にあてはまります。

この世界に存在する物質すべては原子で構成されてます。つまり、人体も⇒細胞の集合体であり⇒さらに原子の集合体です。

酸化還元のしくみ.jpg


原子は、原子核の周りに電子が回っている状態です(あたかも地球と月のように)。
原子がこの電子を失うときに、その物質は「酸化」されます。逆に電子を受け取るときは「還元」されます。

では、『酸化還元電位』とは何を表すのでしょうか?
 
ある物質を「酸化」する状態なのか、あるいは「還元」する状態なのかを表す指標です。プラス(酸化)とマイナス(還元)で表されて、その単位はmVになっています。

mVがプラスで、その数値が大きいほど相手を酸化する能力(酸化力)が強く、逆にマイナスの数値が大きいほど相手を還元する能力(還元力)が強いことを示します。

サンゴの水は還元水.jpg

酸化還元電位計.jpg


体内に取り入れる水(飲み水)も、細胞を酸化させない「還元された水」であることに越したことはありません。
「天然水が体に優しい」というのは、天然水ほど酸化還元電位が低い「還元された水」だからなのです。

いろいろな水の酸化還元電位を比較してみると、水道水は酸化還元電位が高くなっています。一方、各地の“名水”と言われる水は酸化還元電位が低くなっています。
 
そして、水道水に「サンゴの力」を入れると、この名水に匹敵するような酸化還元電位にすることができるのです−市販ミネラルウォーターの酸化還元電位は思ったほど低くありません。

下が各地の水道水に「サンゴの力」を入れたときの酸化還元電位(ORP)の変化です。
酸化水だったのが、だいぶ還元力がましています。↓
サンゴの力入れたORP.jpg

パックから取り出す.jpg

サンゴの力水にいれる.jpg

サンゴの力について詳しく

オリジナルサプリメント&スキンケア →



posted by shinto at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

ペットボトルと環境問題

2012年06月12日

ペットボトルが環境破壊につながっていると問題にされていますが、
ペットボトルは現実にはどれくらいリサイクルされているのでしょうか?


ペットボトルの生産量は、ここ10年間で3倍の伸びになっています(2006年時点で)。その理由というのも、昔は1リットルや1.5リットルボトルというように限られたペットボトルしか作られていなかったのが、自販機が普及して500mlや300mlなど数多くのタイプが作られるようになりました。こうしてペットボトルの利便性が増し、原価が安いこともあって飲料メーカーが盛んに利用するようになってきたわけです。

ペットボトル生産量と収集量.jpg

ところがペットボトルが環境問題のやり玉にあがってくると、ペットボトル飲料を販売するメーカー側は「ペットボトルを望んでいるのは消費者・・・」というように、悪いのは消費者であって、自分たちメーカーでは、どうしようもないんだと責任を転嫁してしまう。

環境先進国のドイツでは、市販の多くのミネラルウォーターはガラス瓶入でデポジット制になっています。デポジットというのは、空き瓶をもっていくと1本40円ぐらい返金してくれるシステムです。

実は、昔の日本でもビール瓶や牛乳瓶などでやっていたんですね。ドイツでは、企業でもこうしたことに積極的に取り組んでいます。また、ペットボトルもリターナルボトルといって、かなり丈夫に作られていて繰り返し使え、20回ぐらい使うことができるらしいですよ。
 
このように環境に強い関心をもって取り組んでいるドイツですが、結果としてゴミの排出量も日本とは比較にならないんです。

ドイツの分別ボックス.jpg

日本人一人あたりゴミの排出量は1ヶ月に42リットルなのに、ドイツは12リットル。さらに、その中身が問題。ペットボトルなどの容器包装材の量がまったく違うんですね。日本の28リットルに対してドイツは3リットル以下。何と、9倍もの開きがあります。

日本も包装容器リサイクル法が平成9年に施行されました(もちろん、そらもリサイクル料金を支払ってますよ)。このためペットボトルもリサイクルされるようになったけれども、リサイクル率としてはまだ4割程度。しかも現在、ペットボトルの急増に回収が追いつかない状態です。
 
ペットボトルが、さらに深刻なのはリサイクル後、大半が包装用シートとして一回使用されるだけで再投棄されてしまう。だから、最終的な回収率は2割程度にしかすぎないのが現状です。

つまりは、石油製品のペットボトル(プラスチック)の大半が結果的に土中に埋められたり、焼却処分されることになるんです。ペットボトルは、このように環境負荷に対してはひじょうに厄介な代物なんですね。
 
年間100億本ものペットボトルが生産され、このうちの約80億本分が最終的に投棄されることになります。ところが、このことは国民一人ひとりには、ほとんど意識されていません。

たとえば、あなたが自販機などでペットボトル飲料を買ったとすると、当然、その中の1本に含まれるわけですよね。その積み重ねで100億本になっているわけで、わたしの1本ぐらい関係ないでは済まされないことなんだけれども・・・。
 
その責任は政府や行政にあって回収もリサイクルもやっているじゃないか、と皆思ってしまっています。現状は、先ほど説明したように、リサイクル率はひじょうに悪いのです。先々はリサイクル率が上がるという人もいるが、実は、このリサイクルには根本的な問題が隠されています。

「いまのリサイクルは、あまりにもウソや矛盾が多い」、と日本のリサイクルのあり方自体を批判する専門家もいます。
 
芝浦工業大学の武田教授(材料工学)によれば、リサイクルの最大の問題は、かえって資源エネルギーや社会エネルギー、コストをよぶんに使ってしまうこと。ペットボトルが、石油からつくられるときのコストは7.4円なのに、リサイクルには、なんと27.4円と、新品ボトルの3倍以上もの費用がかかってしまう。集荷、輸送費、それに洗浄、樹脂化、再成形費用が上乗せになるからだと述べています。

このリサイクルによる無駄な(?)コストは、結局は自治体が負担し、しいては私たちの税金から支払われています。平成17年のデータによればペットボトル、廃プラ、空き瓶で自治体が負担したリサイクル費用は約600億円。これに対して事業者は350億円と1/2しか負担していません。しつこいようですが、もう一回言いますね。もし 誰かがペットボトル飲料を飲めば、その空きボトルの回収とリサイクル費用の6割は、わたしたち国民が負担することになるんですね。

リサイクル費用の自治体負担.jpg

使い捨て生活をいまいちど見直すべきですね。
ペットボトルもたった1回つかっただけでポイポイ捨ててしまうなんて、考えないといけません。

昔のように皆が水筒を持つとか、マイボトルの携帯をおすすめしたいですね(SIGGのようなおしゃれなボトルもありますので)→






サンゴの力 詳しく →

サンゴの力取り出す.jpg

サンゴの水をつくる.jpg

posted by shinto at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

水道水より低い、ミネラルウォーターの安全基準

2012年06月08日

水道水よりも低いミネラルウォーターの安全基準!?

原発事故いらい、水道水の放射能汚染に神経をぴりぴりとさせている方もいらっしゃるかと思います。水道水は心配だから、ミネラルウォーターにしようという方も案外多いのではないでしょうか。現に、ミネラルウォーターの売上は伸びているとききますから。

でも、これは一般消費者に確かな情報が伝わっていないからです。

ミネラルウォーターを販売するための水質基準は、水道水よりもはるかにあまいことをご存知ですか?
世間一般の考えでは、水道管から無制限に流れてくる水と、きちんとボトル詰めされて販売されているミネラルウォーターを比べたら、後者のほうが基準が厳しいような印象をうけますね。

でも、よく考えれば、ミネラルウォーターのある銘柄に異物が発見されれば、新聞にお詫びの文章をのせ、製品を自主回収すれば、ほぼ問題解決します。

ところが、水道はどうでしょう? 国の責任において全国民に飲ませているわけです。その水に危険があったらとんでもないことです。ライフラインは国家の最重要機能ですから。

◆そもそも、ミネラルウォーターは、食品衛生法で「清涼飲料水」に分類されています。そして、この水質基準がかなり甘いのです。細菌数や有毒のカドミウム、水銀などの含有量は約18項目が定められているだけ。
一方の水道水は46項目の基準があり、水道水の安全性はミネラルウォーターよりはるかに高いといっても過言ではありません。

ミネラルウォーターの水質基準は18項目(食品衛生法による)
ミネラルウォーター安全基準.jpg

水道水の水質基準は50項目(水道法による)
水道水基準.jpg

水道水で常に問題となるトリハロメンタンにしても、ミネラルウォーターには含まれていないと考えるのは甘いようです。
たとえば1989年に女子栄養大学がミネラルウォーター30銘柄を測定したところ、国産13銘柄、輸入2銘柄からトリハロメタンが検出されたといいます。
基準が甘く、そのうえ水源地の保全さえも定められていないとすれば、ミネラルウォーターが水道水よりも安全だとは、けっして言えないのです。

まずは水道水の安全面について・・・。
 
蛇口から出る水は浄水場で作られ、国が定めた安全基準をクリアしたものだけが水道管を通って各家庭まで届いています。この水道水の安全基準は、ヒ素、フッ素、ホウ素、亜鉛、マンガン等などについて、それぞれ含有量が一定基準以下でなければいけないと定められています。

同じように市販されているミネラルウォーターにも安全基準があるのですが、この2つを比較した場合、ミネラルウォーターの基準の方がはるかにゆるいのです。
 
例えばフッ素は水道水の2.5倍、マンガンは4倍、ヒ素、ホウ素、亜鉛などは約5倍もの基準になっており、水道水の方が基準がゆるいという項目は一つもありません。

安全基準の比較.jpg

トリハロメタンについては?
 
昔は上下水の処理技術が未熟だったため、水道水にトリハロメタンが多く含まれていました。ですが現在はオゾン滅菌などの技術を備えた高度浄水設備の導入で、トリハロメタンはかなり低減しました。完全にゼロではありませんが、体に害があるような量が含まれているということはありません。

☆水道水に入れると化石サンゴのミネラルが瞬時に溶け出て
塩素も除去! 美味しいミネラルウォーターが作れる。
<50リットル作れる「体験キット」1000円でお試し!>

posted by shinto at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

サンゴの力がアルミ袋に挟まっている場合

2012年04月04日

サンゴの力をご愛用いただいているお客様へ

サンゴの力ユーザーの方からご連絡をいただきました。
サンゴの力が、アルミ袋から1ヶ取り出せないとのこと。
申し訳ございません。これまでにも数件同様のクレームのお電話をいただいております。

パックとじ目.jpg


アルミ袋の大きさに対して、10ヶ入れるのは機械ではできません。きちんとひとつひとつ斜めにそろえて、手作業で封入しています。

では、アルミ袋の大きさを大きくすればいいかというと、そうすると箱の大きさもすべて大きくしなければならず、包装材コストが上がってしまい、価格にひびいてきてしまいます。

1袋ずつ手作業で詰めていき熱で圧着しますが、そのとき一緒に挟み込んでしまうケースがあります。作業には万全を期しておりますが、今後はさらに注意徹底して袋詰めを行いたいと思います。

こうしてご連絡をくださるお客様はありがたいことです。1件いただいたということは、少なくみてもその10倍は同様のことが起きているかもしれないと、心して改善に努めたいと思います。

なお、もし、こうしたサンゴの力不良品がでましたら、お手数ですがご連絡を下さるようお願いいたします。

水道水が簡単にミネラルウォーターに変わる!
サンゴの力 →


オリジナルサプリメント&スキンケア そら →




posted by shinto at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

気分が沈むなら水を飲む【米研究にて】

2012年01月25日

【1月25日 Relaxnews】体内の水分が少し不足するだけで、女性の気分が低下し、認知機能が損なわれるとする研究が、米専門誌「Journal of Nutrition(栄養学ジャーナル)」に掲載された。

研究は、女性25人を対象とした小規模なもの。運動中であれ休憩中であれ、頭痛や目のぼやけ、けん怠感、気分の落ち込みが生じるのは、水分不足が主な要因であることが分かったという。適切な水分量よりも1%少ない程度の水分不足で悪影響を経験していた。

水を飲む.jpg

米ニュースサイト「ハフィントン・ポスト(Huffington Post)」も2009年の米タフツ大学(Tufts University)の研究を取り上げ、「水分不足により、若い女性スポーツ選手たちにけん怠感や混乱、否定的な気分が生じた」と報じた。男性は研究の対象外だったが、結果は男性にも当てはまるだろうとタイム誌は述べている。

水分量を保つためには、水を飲むか、アルコールやカフェインの入っていない飲料を飲めばよい。1日当たりどの程度の水が必要かは人によって異なり、また十分な定義がなされていない。

1つの目安になるのは尿の色だ。「透明に近い色ではなく、濃い色であれば、もっと水を飲む必要がある」とタイム誌は書いている。

水道水を簡単にミネラルウォーターに変える「サンゴの力」
1リットルわずか30円と、とても経済的。
カルシウム量は、エビアンと同じくらいになります。


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

温泉旅行にはサンゴの力とSIGGボトルが必携

2011年09月08日

秋の気配を感じるようになると、旅行に行きたくなりますね。
旅行には「サンゴの力」がすごく便利です。

旅行先で飲むサンゴの水は格別おいしいし、「サンゴの力」がありがたいなあなんてしみじみ思っちゃいますね。

ふだんサンゴの力をご愛用の方、旅行には「サンゴの力」を携帯していますか? 旅行中だっていつも飲んでいる美味しいサンゴの水が飲みたいですよネ!
 
サンゴの力イラスト.jpg

ただ、水を何リットルも作って持っていくのは大変です(電車で移動する旅行ならなおさらですね)。そこで、サンゴの力を1〜2袋、SIGGのマイボトル、あとは「空のペットボトル」を持っていけば準備万端!
 
1リットル用のペットボトルは必携ですよ。旅館で意外と困るのが飲み水。温泉にも何回も入って汗をかいてノドも渇く。こんなときの“水”って本当に美味しいんですよねー。ところが、お茶はあっても、水は以外と用意されていないんですね。

洗面所でペットボトルに水を汲み、そこにサンゴの力を入れて10回くらいふると、冷た〜くて(山の中なので旅館の水はだいたい冷たい)美味しいミネラルウォーターのできあがり。

一緒に行ったお友達が「わぁ〜、わたしにもちょーだい」とよってきて、すぐに飲まれちゃうのは覚悟して下さいね。
 
サンゴの力温泉編.jpg


それに、温泉に入る前にたっぷりとサンゴの水を飲むと、いい汗をいっぱいかいてデトックス効果とダイエット効果もあがりそう!あと、いつも思うんですけど、客室にお茶セットが用意されているけど、たいがいが不味いお茶なんですよね。サービスに気を使ってくれるなら、もうちょっと美味しいお茶をおいてほしいです。色も香りもなくて出がらしみたい! 

これがですね、サンゴの力を使うとけっこうマシなお茶になるんです。急須に(すこしもったいないけど)サンゴの力1包を投入してお茶を入れてみてください。色もよくでるようになります。今度の旅行のときに是非お試し下さい!

移動中はSIGGボトルが便利ですので、お供にお忘れ無く。

マイボトル.jpg

これは、300ml。ちょっとバッグに入れて持ち歩くにはほどよい大きさ。(先々、サンゴの力ホームページで購入していただけるよう整えたいなと考えてます)

現在は、サンゴの力製品ご購入2回目のときに、SIGGボトルをプレゼントしています。東急ハンズやロフトで3500円相当で販売されているものです。色は赤か青、サイズは400mlか600mlが選べます。
太っ腹でしょう! マイボトルを広めたいということと、環境のために『サンゴの力+SIGGボトル』のライフスタイルを提案したいということで、この企画を4年前から続けています。

SIGGボトル

サンゴの力でエコライフ。水はつくれる


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

沖縄の化石サンゴは、健康にひじょうに役に立つ

2011年07月29日

「サンゴの力」の浄水材をはじめ、「珊瑚の恵」「マックスピア」「サプリタイム」のカルシウム素材には、沖縄の化石サンゴを使用しています。

サンゴ採取エリア.jpg


よく「サンゴを使うと環境破壊になるんじゃないか?」と言われたりしますが、それは違います。

この化石サンゴは、寿命を終えたサンゴが何千、何万年にわたって風化し、砂状になって海底に堆積したもの。ですから、環境破壊とは関係のない、むしろ天然資源になっているのです。でも、誰でも自由に採っていいということにはなっていません。

サンゴ砂の採取は環境保護及び漁場保護の観点から資源の浪費を招かぬよう法律で厳しく規制されています。沖縄県条例により所定の海域より計画的に採取することになっています。

また、食品素材として用いられるために沖縄でも特にきれいな海域で、異物混入がなく、汚染の少ない「慶良間(けらま)列島周辺」の海域のものを使用しています。


※弊社「そら」は、平成2年設立のサプリメント製造販売の会社です。設立当初から、サンゴカルシウムに重点をおいてきました。それは、日本人が昔から慢性的なカルシウム不足の状態にあり、それが様々な健康をそこなう理由となっているからです。

そらの製品一覧はこちら

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

飼い犬にも観葉植物にも「サンゴの力」

2011年07月20日

今日「サンゴの力」をリピート注文くださった札幌のK様が、愛用していてびっくりしたことを教えてくださった。

まず、飼い犬に飲ませたところ、すごく喜んでごくごく飲むんだそう。水道水とサンゴの力を並べて、どんなふうに飲むか実験してみたら、サンゴの水の飲み方がものすごい。飲む量が違う、とびっくりしたんだそうです。

それから、毛の抜け方が少ないことに気がついたといいます。季節で毛が抜け替わる時期があるけれど、抜け方が少ないんだそう。

水を飲む犬.jpg
山陰柴犬リキくんのブログからお借りしました。(イメージ)

それから、部屋で育てている観葉植物のオリヅルランに、使用済みのサンゴの力を乾燥させて、肥料のように根元にパラパラまいていたら、すごくいきいきとして元気。次々と子株ができてくる。

オリヅルラン.jpg
オリヅルラン(イメージ)

その様子をみて、きっとこの水は体にもいいんだろうな、と思いながらお使いになっているとのこと。

ペットに飲ませている愛用者のかたは多くて、ほかにも「毛づやがよくなった」「臭いが少なくなった」などの声が寄せられています。

サンゴの力ホームページはこちら

オリジナルサプリメント&スキンケア そら →


posted by shinto at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

ペットボトル症候群は急性糖尿病

2011年07月15日

連日35℃を超す猛暑日で、熱中症患者がでています。また、ペットボトル症候群への注意が呼びかけられています。

ペットボトル症候群とは俗称で、正式にはソフトドリンクケトーシスという。糖分の多い飲料水を飲み過ぎたためにおこる、急性糖尿病のことであり、ふだんは血糖値が正常であっても、糖尿病性ケトアシドーシスを発症する。

今から19年前の1992年、聖マリアンナ医科大学の研究チームが発表したことで、知られるようになった。

posted by shinto at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

水を頻繁に飲めば疲労しないし、熱中症も防げる!

2011年07月06日

7月もはじめというのに、関東は連日30℃を超える暑さ。「熱中症」の心配がでてきましたね。
夜のニュースで、“熱中症”というフレーズを耳にすると、ああ今年も本格的な夏がやってきた・・・と。

まず、ポイントになるのは、体内の水分比率。暑さに対応して体は、体内の水分を汗として発散し体表温度をさげようとします。体内の水分量が少ないのが、高齢者と肥満者。

体内水分量年齢別グラフ.jpg

一般的に成人では、体の60〜65%が水分といわれています。肥満者は、体脂肪率が高いためその分“水分比率”は下がってしまいます。高齢者も50%ほどに低下します。
体内の水分量が少ないと、体温調節がうまくいかず、暑さにたいする抵抗力が極端に弱まり、熱中症のリスクが高くなります。

熱中症にかかる高齢者が多いのには、いくつか理由がありますが、汗のかきかたの違いもそのひとつ。普通は、暑いと顔と体全体に汗をかきますが、高齢になってくると、顔ばかりに汗をかき、肝心の体に汗をかかなくなるといいます。汗は蒸発するときに気化熱を体から奪うことで、上がった体温を下げる働きがあります。高齢者では、この仕組みがうまく働かないことで、熱中症の危険が増すのです。

◆水を頻繁に飲むと体内温度が上昇しない!疲れない!
体内温度と疲労の関係をしめすグラフです。体内温度は直腸で測ります。体温が39℃を超すと、疲労を感じるようになります。
こまめに水分補給をすることで、体温を上げずにすみ、疲労もしにくいということがわかります。

クリックすると大きくなります↓

水分とると疲労しないグラフ.jpg

水分とともにミネラルも一緒に補給できる「サンゴの力」
水道水から手軽につくれるミネラルウォーターです。
お試しもあります。
「サンゴの力体験キット」(送料無料)


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

ウォーターサーバーを止めると節電になる

2011年06月24日

先日、サンゴの力についてお問い合せをくださったかたは、今までウォーターサーバーを使用していた。でも、今回の節電対策で、「これも電力を使ってる。もったいないんじゃないか!他の方法はないかな?」と考えたそうです。

ウォーターサーバー.jpg
※写真はイメージです。記事とは関係ありません。

現在の東京電力管内の各家庭で、電球を1個だけLED電球に替えると、131万KWの節電で、原発一基が要らなくなる節電に。

*炊飯器の「保温」をしない=約3.9%で約430Whの節電
*エアコンの設定温度を2度(26⇒28度)に夏場上げる=約5.3%で約580〜900Khの節電
*電気ポットの保温をしない=約3.8%で420Wh程度の節電
*洋式トイレの便座保温をしない=約4.4%で約480Whの節電
(意外と細かなことで節電になるんですね!)

さらに一番大きい節電が「ウォーターサーバー」を丸一日切る=約13.5%=約1500Whの節電。やはり、これは大きい。

サンゴの力をおすすめしたいですね。原料は、沖縄の沖合に沢山堆積している“サンゴの化石”。自然素材の有効利用です。使い終わったら、畑など土に還してあげましょう。まさしく、エコですね。
電力も使わないし、使うとしたら、自分の力!自力です。しゃかしゃか振るときだけですが。

サンゴの海.jpg


サンゴの力使い方はこちら→

ウォーターサーバーとサンゴの力徹底比較!こちら→

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

市販のミネラルウォーターやお茶の原価って?

2011年05月18日

ペットボトルで販売されている、ミネラルウォーターやお茶の原価って考えたことはありませんか?
100数十円で売られていますが、当然原価計算っていうのがあるはずです。

市販ミネラルウォーター.jpg

原価には、容器のペットボトル代、ボトルにつめる手間、流通費、中間マージン・・・じゃあ、いったい中味はいくらなのか?? になります。

このようにかかれているサイトもありました。
150円のペットボトルのお茶のうち、(飲料メーカー、卸業者、コンビニ)の利益は15円!

たしかに流通経路を考えると、下記の図にちかいと思われます。

ミネラルウォーターの流通.jpg

弊社では、ミネラルウォーターが手軽につくれる「サンゴの力」を販売しているので、ペットボトルをサービスで製品を購入したかたに差し上げています。
毎月、卸業者さんから“空のペットボトル”を仕入れていますが、その卸価格は73円です。もう長い間、安定した取引をしているのだから、卸値を下げてほしいと申し入れても、逆に「今、石油の価格が高騰し本当は値上げしたいくらい」という返事が返ってきた。

これが、73円で仕入れている1リットルのペットボトル。これにさらに「サンゴの力」というシールをはるので、またそこにプラス数円に!

ペットボトル原価.jpg


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

茹でタケノコ保存に「サンゴの力」大活躍!

2011年05月02日

タケノコの季節ですねえ!
この時期になると、一気に出回り、ご近所や親戚からたくさんいただくことも多いと思います。タケノコは鮮度が大事! 出来れば、その日の朝掘ったもの(朝どり)をその日のうちに茹でたほうがいいし、遅くとも1〜2日のうちに茹でないと、折角のタケノコがおいしくなくなってしまいます。

さあ。茹でたタケノコ。これもまた、一度には食べられないし、茹でタケノコは水につけておいても腐りやすい。毎日タケノコづくしの料理が続きますよね!

この茹でタケノコの保存に、「サンゴの力」が大活躍してくれます!! サンゴの力は、水道水の塩素を消して瞬時にミネラルウォーターに変えてくれるもの。塩素が取り除かれた水に菌がわかないように、食用に認可された“銀”を滅菌に使っています。

サンゴの力 詳しくは →

銀は、歯の治療で銀冠につかわれているように、細菌に強い。菌の繁殖を抑える優れた力があるんですね。ヨーロッパの王侯貴族は、好んで銀食器をつかっていたのもそのためとか。

一度ミネラルウォーターを作り、再利用のサンゴの力で十分。使ったあとでも、まだ銀の効果はあります。

さて、茹でタケノコの保存に話しは戻ります。
たけのこ4.jpg

たけのこ3.jpg

サンゴの力を入れたとしても、冷蔵庫に入れて水は毎日替えてください。
こうして使った「サンゴの力」は、最後は植木の根元に肥料としてまいたり、ガーデニングの土に混ぜたりして最後まで無駄なく使うことができます。

サンゴの力の滅菌作用メカニズム

滅菌データ小サイズ.jpg








サンゴの力製品.jpg

サンゴの力水にいれる.jpg
posted by shinto at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

赤ちゃんのミルク、水道水ではトリハロメタンが

2011年04月05日

一時、基準値を超えた放射性ヨウ素が検出された、東京・埼玉・茨城の水道水もだいぶ数値が下がり摂取制限は解除になりました。ほっと一安心されていることと思います。

でも、またもとの水道水に戻りますか?
あまり知られていないかもしれませんが、水道水にはこんなこともあるのです。

『水道水を煮沸すると、発ガン物質・トリハロメタンが増加する』
飲み水に大腸菌などの菌が発生するとたいへんなので、浄水場では消毒のために“塩素”が使われています。その塩素は、末端の家庭にも届いています(塩素が無いと水の消毒になりませんので、いたしかたないのですが)

しかし、その一方で心配なのが“トリハロメタン”です。

煮沸とトリハロメタン.jpg

大阪市水道局の浄水場の煮沸テストによれば、トリハロメタンは、煮沸すると最初の3〜4倍に増加し、10分以上煮沸することで少しずつ減少し、50分でゼロになります。

つまり、トリハロメタンの危険性から回避するには50分煮沸を続ける必要があるのです。でも50分も煮沸を続けることは現実的ではなく、ほとんど方が煮沸した瞬間に火を止めるはずです。ですから、水は煮沸するだけでは安全とは言えないのです。

たとえば、赤ちゃんのミルクを湯冷ましで作った場合、一度煮沸した湯を冷ましても、そこに出来てしまったトリハロメタンは存在することになります。

そこで、水道水は煮沸する前に、塩素を取り除く必要があります。サンゴの力は、大がかりな浄水器を設置することなく、身近な容器に水道水を入れ、サンゴの力を入れて撹拌するだけで、簡単に水道水の塩素が消えて、化石サンゴからミネラルが豊富に溶かしだされます。ミネラル量は、エビアンと同じくらいです。

赤ちゃんのミルク.jpg

※サンゴの力には、食品添加物として認可された食用銀が滅菌としてつかわれています。そのはたらきのおかげで、塩素が取り除かれたあとも菌が発生する心配がありません。これも大きな特徴です。


大人ももちろんですが、抵抗力の低い赤ちゃんはなおさら安全なお水を飲ませたいですね。サンゴの力で作った水は、安全でカルシウムの多い水になりますので、赤ちゃんや成長期のお子さんにもおすすめです。

日本は水道水が飲める数少ない国です。消毒殺菌され、日本の浄水技術は世界に誇るものです。あとは、各家庭で塩素を取り除けば、おいしい飲み水になります。そのとき、このサンゴの力が活躍してくれるのです。

サンゴの力 詳しくは →








サンゴの力製品.jpg

パックから取り出す.jpg

サンゴの水をつくる.jpg
posted by shinto at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

サンゴの力は、軟水の硬度をやや高める!

2011年03月29日

このところのニュースの影響で、「ミネラルウォーターの硬度」について興味関心が高まっているようです。ふだん、何気なく飲んでいるミネラルウォーターですが、銘柄によってこんなにも成分が違うのか!とお思いになるかと。

含有しているミネラルの種類、そしてその含有量もそれぞれ違う。
軟水なのか、硬水なのか、といったことも今回を機に、知っていただけたらいいと考えています。

クリックすると拡大します↓↓

ミネラルウォーターのペーハー.jpg

上の実験をご覧になると、「えっ、ミネラルウォーターなのにアルカリ性じゃないんだ!」と驚かれると思います。表示をみるとミネラルウォーターじゃなくて“ナチュラルウォーター”となっていたりします。だいたい、国産のものは中性(試薬でしらべると緑色に)で、外国産はアルカリ性(試薬でしらべると青色に)が多いです。

サンゴの力は、中性の水道水、中性の市販ミネラルウォーター、このどちらもアルカリ性に変えてくれます!
サンゴの力の原料は、沖縄の化石サンゴですが、特殊加工により水に入れてかき混ぜるだけで、水道水の塩素を消し、化石サンゴからカルシウム、マグネシウムなど数十種類のミネラルを溶かしだします。溶けたミネラルはイオン化しているので“アルカリイオン水”とよぶこともできます。

クリックすると拡大します↓↓

サンゴの力投入前後のPH.jpg

「サンゴの力」を試してみたいというかたには「サンゴの力体験キット(税込・送料無料1000円)」があります。※この中には上記の実験が出来る試薬セットも付いています。

◆お申込は、お電話かホームページで
そらフリーダイヤル 0120-548-224
◆サンゴの力ホームページはこちら→
そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力