お酒が美味しくなる季節 酸性の強いお酒を「サンゴの力」で中和して体に優しく!

2013年09月30日

体の中の血液や体液は、常にPH7.4の弱アルカリ性に保ちながら、代謝や生理機能などの生命活動をおこなってます。つまり、「体内を弱アルカリ性にしておくこと」が極めて重要なのです

かりにPH7.4よりも、酸性もしくはアルカリ性に少しでも傾いた(約マイナス0.3〜マイナス0.4)場合には、心臓や呼吸は停止し、ショック死を起こしてしまいます。
でも、体にはホメオスタシス(恒常性といって、体内の環境「体温・血流量・血液成分など」を常に一定に保つ機能)が備わっていて、普通であればPHが変動することはありません。

ところが、最近の食べ物は酸性食品(カルシウムが少なくリンが多い)が非常に多くて、否応なく体が酸性に傾きやすいのです
例えば、肉類は酸性食品の代表格であり、加工食品もリン酸塩を含む酸性食品です。
ちなみに、運動をすると疲労物質として乳酸が発生しますが、これも酸性です。このように体内には酸性物質が常に発生しているので、中和してやらないと体は大変なことになってしまいます。

ところで、お酒もかなり強い酸性飲料。
こんなに強い酸性物質をきなしに飲んでいたら、体の中は大変なことになってしまいます。

では、どうしたらいいでしょう? 
アルカリ性の「サンゴの力」を使って中和し、体に優しいお酒に変えてから飲みましょう。味も、まろやかに美味しいお酒になりますよ! ぜひ、お試しあれ。

焼酎、ウィスキー pH.jpg
お酒のpHテスト.jpg

☆沖縄の化石サンゴのミネラルが溶け出て
瞬時にアルカリ性の美味しいミネラルウォーターが作れる。
『お酒も』アルカリ性で中和、健康に良いお酒に!
50リットル作れる「体験キット」1000円でお試し!⇒


★☆ 動画で実験を!酸性のお酒が「サンゴの力」で瞬時にアルカリ性に! →

posted by shinto at 09:59 | サンゴの力
加齢による筋肉減少(サルコペニア)をくい.. | ホーム | 「3時のおやつ」は理にかなっている、しか..