加齢による筋肉減少(サルコペニア)をくい止める運動とは?

2013年09月26日

運動機能学のスチュアート・フィリップス教授は、「私ならスクワットを勧める」といいます。「最も太い筋肉、尻や背中、脚の筋肉を活性化するし、いたって簡単」。
教授によると、スクワットとウエイトトレーニングは、筋肉の減少を予防するのにうってつけだそうです。

スクワット.jpg

「加齢に伴う筋肉の衰えにより、今この瞬間にも私達の筋肉は減り続けている。ただ気づいていないだけ」。
これに対して持久力系の運動では、筋肉減少を食い止める効果は、あまり大きくないといいます。

筋力トレーニングは、体重管理にも効果的。ほとんど体を動かさない男女が、簡単なウエイト・トレーニングを行い、ウエストと下腹の脂肪が著しく減ったという研究結果があります。

筋肉の低下グラフ.jpg

またウエイト・トレーニングは、糖尿病と心臓血管に関わる病気のリスクを減らす効果も確認されました。心臓と肺が心臓組織に送り込む“最大酸素摂取量”を増やし、心臓血管の状態を改善するといいます。
一般に、持久力系の運動でしかこの“最大酸素摂取量”を増やせないと信じられているが、そうではないと教授は言います。

生理学者の間では、H.I.T(高強度インターバル運動)の効果が注目されています。
高負荷運動と低負荷運動を交互に繰り返す運動のこと。手軽にできる運動としては「階段駆け上がり」がこれに近いという。

毎日の運動こそ大切!

はっきり言えることは、スポーツジムなどに1週間に1度ぐらい通うよりも、毎日のちょっとした運動のほうがはるかに効果が高いのです

posted by shinto at 10:59 | アンチエイジング
サルコペニア(筋肉減少症)対策 なぜプロ.. | ホーム | お酒が美味しくなる季節 酸性の強いお酒を..