サルコペニア(筋肉減少症)対策 なぜプロテインサプリメントか?

2013年09月25日

サルコペニアとは、加齢による筋肉の減少のことをいいます。筋肉の減少とともに脂肪を燃焼させる力も低下して脂肪が蓄積しやすい体質になり、肥満になりやすくなります。
脂肪が増えても筋肉が減少しているため、一見して肥満しているとは見えない場合がありますが、こうした肥満を“隠れ肥満”(または隠れメタボ)と呼んでいます。

サルコペニア女性2人写真.jpg

このためサルコペニアは糖尿病や高血圧などの生活習慣病になるリスクが高まるほか、要介護や寝たきりの原因にもなります。この防止策として、筋肉量を低下させない、あるい増加させるために筋力トレーニングとたんぱく質食品の摂取が必要になります。

そこで、1日1食以上のサプリタイムの利用をおすすめいたします。
サルコペニア対策には「毎日、豊富なたんぱく質の補給」をしなければならないとともに、肥満防止の点から“低カロリー”でなければならないからです。
プロテインサプリメントは「高たんぱく、低カロリー」という条件がそろっています。

例えば、動物性たんぱく質食品の牛ステーキを食べて、プロテインサプリメントと同量のたんぱく質を補給しても、その他の不可欠な栄養素であるビタミンやミネラルは不足してしまいます。
しかも牛ステーキのような高たんぱく質の食品は毎日は食べられません。とくに筋肉減少症が最も問題となる高齢者においては、歯も悪くなっておりステーキを食べるなど無理な話。
プロテインサプリメントなら、十分な量のビタミン、ミネラルが配合されています。流動食的に、噛めなくても胃腸の負担なく、良質なタンパク質が確実に摂れます。

サプリタイムとサーロインステーキ.jpg

さらに、動物性たんぱく質食品の多くは脂肪の割合も高く、カロリーも高いという問題があります。大豆などに代表される植物性たんぱく質食品も、たんぱく質自体の消化吸収率(栄養効率)があまりよくありません。
つまり、サルコペニアを予防しなければならない高齢者において、プロテインサプリメントの利用価値はひじょうに高いといえるのです。1袋を200ccの水またはぬるま湯でシェイクして溶かして飲むのですが、1回で飲みきれない時は、2回に分けて飲んでも効果は変わりません。

アミノ酸ペプチド配合で、体内でながく効果が持続。大豆プロテイン、ホエイプロテインが半々でバランスがよい「サプリタイム」。ココア味とバニラ味があります。 
ココア箱と3袋改-2.jpg


そらウェブショップ →


posted by shinto at 12:04 | アンチエイジング
男性こそ保湿スキンケア! | ホーム | 加齢による筋肉減少(サルコペニア)をくい..