40代から気になりはじめる加齢臭?

2013年06月25日


●加齢臭の元は?

加齢臭という言葉。マスコミにも「オヤジ臭」と盛んに取り上げられて、嫌な感じですね〜〜。ところで、なぜ加齢臭が発生するのでしょうか?

皮膚には、うるおいを保つために“皮脂”を分泌する皮脂腺があります。年齢を重ねると皮脂腺の中に、9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が増加して、同時に過酸化脂質が増え始めます。
この9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質と結びつくと、分解・酸化されてノネナールという物質が発生するのです。このノネナールこそ加齢臭の元!

ノネナール.jpg

●加齢臭に男女差はあるのか?

9-ヘキサデセン酸は、40歳以降の人に加齢とともに増加します。それは男女とも同じ。だから、加齢臭は男女共通のものであり、男性特有のものではありません。

女性にくらべて男性のニオイが目立つのは、清潔さや服装などに対する気づかいのせいがあるからではないでしょうか。どちらにしても加齢臭は男女ともにケアすべきもの。

●加齢臭を気にしなくてすんでいる!(64歳の永島より) 

「オヤジ臭」と聞けば、とうぜん私も気になる年齢。でも、気にしなくてすんでいるようです。

全然無いか、となればウソになるかもしれない。たまに家族に体の臭いや、ハーッと息を吐いて口臭があるかを調べてもらっていますが、臭いと言われたことはないし、自分でも臭うというところは感じられません。だから、臭いのことで他人の側に立つのもあまり気にしない。

考えてみると、「BOSS法」で、ほぼ理想的な栄養バランスのある食生活をしていることもあるので肥満もなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維系のサプリタイムも使っていて体内の環境に問題はないのでしょう(事実、各種の健康診断での健康数値にはまったく異常がありません)。

最近では、プロアントシアニジンやビタミンE、Cといった抗酸化物質の入ったサプリメント「はだのさぷり」も使っていて、活性酸素が加齢臭の発生の原因ともいわれるので、その防止に役立っています。

また加齢臭の原因の中で、歯周病はかなり問題です(ほとんどの人に歯周病があり、口臭が悪化しているとみて間違いありません)。これに対しても、歯のケアを独自の「清掃法」をまじえて、人並み以上にしっかりやっています(歯科医に行って検査してもらうと、磨き残し率は0%ちかくを達成)。

運動不足も加齢臭の原因になりますが、ボクシングをやっている関係上、十分に体を鍛えている自信があります。

タバコも酒もやりません

つまり手前味噌になりますが、私の場合、加齢臭を引き起こす原因が無いのだから「オヤジ臭」が出ないのは当然のことです

結局、私の考えとして、「加齢臭」があるというのは、その一方で、生活習慣病のリスクがあることにつながるのではないかということです。

プロアントシアニジンの加齢臭低減効果.jpg
posted by shinto at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防
ビタミンCに天然も合成もない!? | ホーム | “磨き残し率”を“ゼロ”にできる歯のセミ..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70004493

この記事へのトラックバック