中高年の方も積極的に活用したほうがいい栄養成分、プロテインとは!?

2013年06月10日

中高年ジョグ マンガ.jpg

もしかするとプロテインは「アスリートや若い世代の人が飲むもの」と思っている人は多いかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、中高年の方に積極的に摂ってもらいたいのがプロテインなのです。

プロテインとは、つまり“たんぱく質”のこと。サプリメントにおいては、大豆や牛乳などを精製して、ほぼ純粋なたんぱく質を抽出したものを言います。

ところで年齢が上がって中高年以上になっても、たんぱく質の必要量は若者とほとんど変わりません。たとえどんなに年とっても、その必要量が半分になるわけではないのです。健康維持のため、この必要量を毎日補給しなければならないのが、たんぱく質(=プロテイン)。

ところが高齢になると食が細くなり、肉や魚を食べる量が少なくなる人はめずらしくありません。そうすると、たんぱく質不足で体力が落ち、老化を早め、また骨粗しょう症などにもなりやすくなってしまうのです。
このようなときにこそ、サプリメントのプロテインを活用することをおすすめします。

そもそもプロテイン(protein)は、炭水化物、脂質とともに3大栄養素と呼ばれる極めて重要な栄養素です。プロテインの語源はギリシャ語で「一番大切なもの」という意味。

このプロテインは、筋肉のみならず皮膚や血管、髪の毛などあらゆる部分を構成する重要な栄養素で、毎日不足しないように摂取しなければなりません。普通の人の場合なら1日に体重1kgあたり1g(アスリートでは2g程度)が必要になります。

プロテイン(たんぱく質)は、普通は肉・魚・卵・大豆製品などの食物から摂ることができます。ところが問題は、これらの食材の中に脂肪等が多く含まれているものがあるため、これのみで補給しようとすると、脂肪を摂りすぎてしまって肥満や高脂血症、コレステロール過剰などの問題が生じてしまう恐れがあります。

食品中のたんぱく質と脂肪.jpg

一方、サプリメントのプロテインは、吸収性の良い良質のたんぱく質を手軽に補給でき、脂肪はほとんど含まれていなくて非常に低カロリーであるというメリットがあります。

プロテインの種類としては、牛乳タンパクの「ホエイプロテイン」、植物性の「大豆プロテイン」などがあります。

ホエイ、大豆プロテイン.jpg
S147P8

サプリタイムをミキサーで.jpg


アンチエイジングと健康維持に、プロテインは必須であると考えています。
体調を管理するには、もっとも近道です。
朝食や昼食に利用するのがおすすめ!

オリジナルサプリメント そら
サプリタイム
☆原料はチャイナフリー。味はココア、バニラの2種。15食が1箱です。




サンゴの力とSIGGボトルを持とう! | ホーム | ブドウ種子ポリフェノール(プロアントシア..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69197770

この記事へのトラックバック