1日1000mgのビタミンC摂取が必要なわけ

2013年06月07日


オプティマルヘルスという言葉をご存じでしょうか?
オプティマルoptimalとは「最善の, 最適の」という意味で、オプティマルヘルスとは、その人にとっての「最良の健康状態」のことをいいます。年齢がいくつになろうとも、その時のライフスタイルと心身の健康状態を最善・最高にしておこうというものです。

オプティマルヘルスの世界.jpg

これに対してミニマムヘルスとは、病気をしないための最低限の健康を維持するということです。
一般的にすすめられるビタミン等の必要な摂取量は、厚生労働省で定める「日本人の食事摂取基準(2010年版)」が元になっています。しかしながら、この基準は、特にビタミンやミネラルの栄養所要量については欠乏症になることを防ぐための必要最低限のレベルです。つまり、ミニマムヘルスによって決められた量なのです。

ビタミンCの場合、同基準における必要摂取量(推奨量)は1日100mgです。しかし、オプティマル・ヘルスを推進する世界的な専門家らは1日300mg〜1000mg以上を推奨しています。
その理由は、ビタミンCは体内で活性酸素を除去する抗酸化物質として利用され、その消費量もひじょうに多いからです。アンチエイジング(抗老化)に対しても必須の栄養素です。

とくに現代社会においてはビタミンCの消耗が激しい状況にあります。例えば、タバコ1本吸うだけでもビタミンCは25mg消費されます。つまり1日20本吸う人は1日500mgのビタミンCを消耗することになり、!基準の5倍もの量が失われてしまうのです。もちろん(自らはタバコを吸わない)受動喫煙者であっても、相当量のビタミンCが失われることは想像に難くありません。

1本で25mg破壊.jpg

1000mgはレモン20個分.jpg

その他、ストレスでもビタミンCは失われます。紫外線における“肌老化”のことが問題になりますが、ビタミンCは抗酸化物質であるとともに、コラーゲンの生成にも欠かせない栄養素です。

オプティマルヘルスでのビタミンCの必要量は
1日1000mg以上

食事でこれだけのビタミンC量を摂取することはかなり困難であり、サプリメントを利用することをおすすめします

なお、ビタミンCは化学名をL−アスコルビン酸といい「合成も天然も」ありません、まったく同じです。巷でいう天然ビタミンCという言葉に惑わされないでください。

野菜のビタミンが減っている.jpg
S123P8

☆1日1000mgのビタミンC配合。
その他にもプロアントシアニジン、肌に関係するビタミンBを豊富に配合のサプリメント。
『はだのさぷり』。10日間500円のお試し⇒


オリジナルサプリメント&スキンケア そら →


posted by shinto at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント
ビタミンって知ってますか? | ホーム | コラーゲン飲んだり、塗ったりして本当に効..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68990312

この記事へのトラックバック