ビタミンCを多く摂取する人ほど白内障にならない!

2013年06月01日


白内障になると視力低下.jpg

白内障とは、水晶体が濁って視力が低下する病気です。
通常は白く濁るので白内障と名前がついていますが、茶色く濁ったり虹色に濁ったりする場合もあります。

白内障の原因はいろいろ考えられていますが、紫外線の影響や加齢による水晶体の経年変化が大きいようです。

ところで、 厚生労働省研究班が45〜64歳の男女を対象にした食習慣のアンケート調査を行った結果、ビタミンCを多く摂取する人ほど、白内障になりにくいことがわかりました。

ビタミンCの摂取量が最も多いグループの発症リスクは、最も少ないグループに比べて、男性で35%、女性で41%低く、またビタミンCの摂取量が多い人ほど、老人性白内障の手術を受ける率も低くなっていました。

ビタミンCと白内障の関係.jpg

これからますます紫外線の強くなる季節。日傘やUVカットの入ったサングラスで目を守るというような注意はおこたれませんね!  そしてビタミンCなどの抗酸化物質も豊富に摂取することも心がけましょう。
S124P9

☆ビタミンC1000mg・ぶどう種子ポリフェノール(プロアントシアニジン)160mgを配合。
『はだのさぷり』。10日間500円のお試し⇒
posted by shinto at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
発汗によって失われるカルシウム! | ホーム | 磨くだけでは、歯は守れない!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68683663

この記事へのトラックバック