肥満をなくせば高血圧も解消できる!

2013年05月28日


高血圧は動脈硬化の主な要因であり、また、この動脈硬化が脳梗塞や心筋梗塞につながっています。したがって健康を維持していく上においては、高血圧にならないようにする、あるいは、いかに高血圧を解消していくかが課題です。

ところで、肥満が高血圧の大きなリスクになっていることがわかってきました
豊中病院内科部長・中島忠久氏は次のように述べています。

肥満が高血圧をつうじて、どれほど健康保険財政を窮地に陥れているか!
そのことについての数多くの大規模な疫学調査があります。その結果、血圧は「体重、皮下脂肪の厚さ、体脂肪」の増加にともなって上昇することがあきらかになったのです。

たとえば、徳永(日本肥満学会委員)らは男性公務員3500余名を調査した結果、BMI(肥満指数)が大きくなるにしたがって高血圧の有病率が高くなることを示しました(次図−BMIと高血圧有病率)。

BMIと高血圧.jpg

肥満が高度なほど高血圧の重症度も高い。
ただ幸運なことに、肥満が原因の高血圧症は減量にともない血圧が正常化するのです(次図−減量によって血圧は下がる)。

肥満者の血圧管理は高血圧を発症していなくても大切です。肥満者は高血圧患者の予備軍だからなのです
たとえば血圧の正常な肥満者を8年間追跡した調査があります。これによると肥満度が20%(BMI=26)以上の者は非肥満者に比べて、約7倍の効率で高血圧を発症しているのです
減量によって血圧は下がる.jpg
S108P10

BOSSダイエットトライアル.jpg
3食だからやせられない 朝食>昼食>夕食.. | ホーム | 肌の中からのケアとは、紫外線から発生する..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68481518

この記事へのトラックバック