なぜ、中国製の原料を使わないのか・・・

2013年05月21日


実は、日本の健康食品には、大手といえども価格を安くするために、ビタミンなどの栄養素材は、ほとんど中国製のものが使われているんですね。なぜ安売りショップやネットなどで、価格のひじょうに安い健康食品が販売できるのか? 考えてただきたいですね。

当然、健康食品は口から入れるものであり、その効果を期待して飲むものです。だから信頼性が一番!

そこで正直言うと、中国製の原料はやはり信頼性に欠けるんです。当社ではヨーロッパ、米国、日本製の原料を使用していますが、中国製のものと比べると2倍以上(3倍、4倍のものもあります)の原価になりますが、その分、余計な宣伝費などはかけないようにしています。

製造も日本のGMP(Good Manufacturing Practiceの略で,医薬品などの製造と品質管理に関する国際基準のこと)認定を受けたトップクラスの工場に委託生産をお願いしています。

−工場での安全管理−
製造工場では、原材料の在庫管理は無菌室で厳重におこなわれている。このため各部屋、各製造区画には、消毒をした後に、防塵室で服に付着した塵を完全に落とさなければ入室できない。またポジティブリストによって、残留農薬等の基準に合格しない原料は入荷を拒否することなどで、安全性を確実に確保している。
工場原料管理.jpg

オリジナルサプリメント そら →


posted by shinto at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント
年とって身長が低くなりたくなかったら、今.. | ホーム | 中国残留農薬 ポストハーベストが問題!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68060052

この記事へのトラックバック