年とって身長が低くなりたくなかったら、今からカルシウムを摂りなさい!

2013年05月20日


70歳以上を対象にした調査では、5年間に女性は平均2.5p、男性で平均1.5pも身長が縮んでいるという恐ろしい結果になっているそうです。

高年齢になるほど、骨からカルシウムが溶出して骨がスカスカ(骨量の低下)になる骨粗しょう症が原因。この病気で骨が脆(もろ)くなって、脊椎や大腿骨などが崩れたり変形したりしてしまうからです。

ではなぜ、骨からカルシウムが溶出してしまうのでしょうか?

年齢に関係なくカルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶出してしまいます。また、年齢が高くなるほど体へのカルシウムの吸収率が悪く、(若い時に比べたら)半分以下に低下してしまうのです。

カルシウムが不足したり、吸収が悪くなったりすると、血液中のカルシウムも不足するようになります。これはわたしたちの生命に危険がおよぶ重大なこと。例えば、心臓もその一つ一つの筋肉細胞にカルシウムが出入りすることで拍動しています。だからカルシウムがなくなれば、心臓は直ちにストップすることに。その他にも、生命に直結するような働きがたくさんあります。

このため体の機能として、もし血液中にカルシウムが不足すと大変なことになるので、カルシウムが絶対に不足しないように骨から血液中にカルシウムを溶かし出して、補う仕組みになっているのです。

カルシウムが長期間不足すると、いつも骨からカルシウムが溶かし出されるようになります。この過剰反応として、血液中のカルシウム濃度が高くなりすぎてしまうのです。
口から摂るカルシウムが少ないと、血液のカルシウムが増えすぎてしまう。このように逆のことが起こるので、このことを「カルシウム・パラドックス(逆説)」と呼んでいます。

年齢別にみた骨粗しょう症の発症割合.jpg

☆顆粒スティック1本で400mgの沖縄の天然カルシウム。
「珊瑚の恵」⇒
posted by shinto at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム
水分補給に市販のジュースでは逆効果!「サ.. | ホーム | なぜ、中国製の原料を使わないのか・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68002378

この記事へのトラックバック