水分補給に市販のジュースでは逆効果!「サンゴの力」でマイボトル

2013年05月19日


暑くなってきましたね。そうすると、つい自販機のジュースに手が伸びてしまいます。街中のあちこちに自販機があるので、一日に何本も飲んでしまうなんてことも。でも、このジュース、たった1本でもご飯1膳と同じカロリーがあるのです。 

しかも、こうした甘いジュースで糖分をとると、脳にある満腹中枢に信号が送られて、一時的に食欲が減退します。暑い季節にはなおさらのこと。食も細くなって、栄養のバランスを崩しがちに。
ところが摂取カロリーは多いので、肥満しやすいという悪循環になります

ジュースの弊害はとくに子どもに大きい。食事前にジュースを飲めば、ちゃんとした食事がとれなくなり栄養不良を引き起こします。その結果、体力をおとして夏バテにも熱中症にもなりやすくなります。

夏こそ「サンゴの力」で水出し麦茶を作るなどして、なるべくジュースをやめて糖分の摂りすぎを防ぎましょう。また外出時には「サンゴの水」をマイボトルに入れて携帯するように。

ジュースのカロリーは問題.jpg

夏バテの2つの原因

一つは「水不足による疲労物質の蓄積」・・・ 汗が出るのは、体温の上昇を抑えるため。同時に疲労物質も排泄します。だから、水分が少ないと疲労物質が体内に蓄積してしまいます。

二つは「栄養不足になる」・・・ 汗によって体内にあるビタミンやミネラルも一緒に排泄されてしまいます。その一方で、食が細くなったり、素麺のような栄養価の低い食事が多くなるので、ビタミン、ミネラルなどが不足しやすくなります。夏バテ防止には、特に、不足しがちなビタミン、ミネラルの補給が大切です。

水道水が瞬時にミネラルウォーターに!
沖縄の化石サンゴが原料の、ポケットサイズの簡易浄水剤「サンゴの力」→→
1gで1リットルの水を浄化する。25年のロングセラー


サンゴの力.jpg


posted by shinto at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力
牛乳でカルシウム補給になるのか? 論争に.. | ホーム | 年とって身長が低くなりたくなかったら、今..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67946276

この記事へのトラックバック