キトサンが添加物・有害重金属を包み込む!!

2013年04月27日


がんなどの生活習慣病においては、食品から体内へ入ってくる塩分、添加物、農薬等が重大な要因の一つとして考えられています。
この予防法として、体内から毒素や老廃物を取り除くデトックスがあります。

その中で「キトサン」は唯一の“動物性”の食物繊維であり、「デトックス作用を持つ物質」です。自然界に現存する130万種の生物のうち約8割がこのキトサンを体内に持っており、自己免疫力を高めたり、生体の調節などに利用しています。

一方、人間をはじめとする脊椎動物、植物は体内にキトサンがなく、これら昆虫類や甲殻類のキトサンを食物連鎖のなかで活用してきました。ところが、農薬などによって昆虫類が激減し、その連鎖が崩れてしまい、その結果、私たちの健康を害する大きな問題になってきたのです。

このキトサンはズワイガニの甲羅から抽出され、粉末は“酸”で溶かすことができます。
キトサンを食すると胃酸によって溶かされ、塩分や食品添加物、水銀、ダイオキシン等の有害な重金属類を包み込んで、便として排泄してくれます。これをキトサンのキレート作用といいます。

このキレート作用によって、体内に対する「食塩や有毒物の害」を低減させるデトックスが可能になるのです。

キトサンをクエン酸で溶かす、塩分除去実験.jpg

缶コーヒーの実験.jpg
S122P15

☆「マックスピア」にはキトサンとキトサンオリゴマーが配合されています
posted by shinto at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント
この「3つの要素」で、ダイエットは成功で.. | ホーム | 水俣より、何と!千葉の人たちの「有機水銀..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65753285

この記事へのトラックバック