がんは遺伝ですか? それとも自分の生活習慣が悪いんですか?

2013年04月12日

がん、脳卒中、心臓病など、これらの病気を『生活習慣病』と呼ぶことを知っていましたか?

「まさか、がんは遺伝の病気でしょ」と言う方もけっこういるようです。ところが、たとえがんであっても遺伝の影響は10%にも満たないというのが医学的な見解なのです。では遺伝ではないとすれば、その原因は何でしょうか?
なぜ、これらの病気が『生活習慣病』と呼ばれるのか。その理由は、病気になった人の“生活習慣”が問題になるからです。厚生労働省では、『生活習慣病』のことを次のように説明しています。

生活習慣病を知ってますか?.jpg

聖路加病院の理事長であり、101歳の現役医師として著名な日野原先生は、その著書『生活習慣病がわかる本−あなたがつくり、あなたが治す病気』の中で、つぎのように述べています。
「考えてみれば、その病気(生活習慣病)になったのは、国や他人に責任があるわけではなく、あなたの酒を飲みすぎるような生活習慣が原因なのですから、あなた自身の責任なのです。ですから自分自身で病気にならないように管理してください」。

それでは生活習慣病の要因となる「生活習慣と外部環境」とは、具体的にどんなことをいうのでしょうか? この要因にはいろいろ考えられますが、おおよそ次図のように考えられます。

ダーツ.jpg

それぞれの要因の病気に対する影響の大きさは違いますが、この矢(図中ダーツ)の当たっている的(要因)の数が多くなるほど、がんをはじめとした生活習慣病を引き起こしやくなるというのは、ご理解いただけると思います。

ではあなたの場合、この的(まと)にどれぐらい矢が当たっているか?

☆生活習慣病のリスク低減「マックスピアサイト」⇒

 ☆夕食たっぷりのダイエット法(メタボ改善に)/トップへ⇒ 
posted by shinto at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防
健康食品と薬の違い | ホーム | サルコペニア(加齢にともなう筋肉減少) ..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64791720

この記事へのトラックバック