【サンゴの力】銀イオンの殺菌作用で安全安心なミネラルウォーターに

2013年03月29日

「サンゴの力」は水道水にいれて撹拌するだけで、おいしいミネラルウォーターが作れるというもの。
塩素もとれてまろやかな飲みやすい水となります!
サンゴの力 →

「サンゴの力」には滅菌作用があり、「サンゴの力」でつくったミネラルウォーターは常温でも1ヶ月以上の保存が可能です。また、社団法人日本食品衛生協会のテストによれば、15分〜30分で細菌がゼロになります。これは、1リットルの水の中に、わざと74万個の大腸菌を投入した後、サンゴの力1袋(1g)を入れて測定した結果です。

銀の滅菌データ.jpg

市販ミネラルウォーターについては、開封後細菌の繁殖に注意!

開栓後の常温放置はトラブルの原因!
フタを開けたら冷蔵庫で保存して
お早めにお飲みください!
社団法人 全国清涼飲料工業会より


開栓後の保存方法や期間に対する認識に問題あり!

消費者の多くが「開栓後の保存期間」に関心をよせているが、冷蔵庫≠ノ保存した場合、1週間以上日持ちすると思っている人が多く、過大な安心感を抱いている。

銀サンゴで滅菌する!
 

このため「サンゴの力」には、サンゴ粒の表面に銀をプレーティング(特許製法)したものを配合して滅菌するようになっています(ただし、“水銀”ではないのでお間違えのないように・・・)。

銀の殺菌作用とは

◆銀イオンの力
 
銀は金属の中でも特に酸化力が強いので、銀による殺菌作用は、この酸化力で細菌のタンパク質を変性させ(変化させて壊す)、細菌の活動性や分裂増加を抑制させるものです。

銀イオンがマイナスに荷電している細菌に吸着し、触媒作用で活性酸素に変わって細菌の細胞膜に穴をあけて死滅させます。
アメリカのアリゾナ大学によって、黄色ブドウ球菌やサルモネラ菌・赤痢菌・レジオネラ菌・出血性大腸菌O-157・真菌・ウィルスなどへの銀イオンの殺菌作用が確認されています。
 
また、銀の防腐作用や消毒作用、殺菌作用が、最近ではとても注目されており、この作用を利用したものには、包帯(消毒用および、傷や火傷の創傷包帯)や、病院内での感染防止用の抗菌ガラス、尿路感染防止用シルバー合金カテーテル、抗菌剤などがあります。また、衣料品においても銀イオンを塗布した繊維を編み込んだ 靴下や下着、洋服などが出てきており、今や抗菌イコール銀というイメージが定着しつつあります。

◆人体にも安全
 
ところで、銀は人体には有害なのでは?という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません、銀の安全性は歴史的にも証明されており、銀が人体に有害であるという報告はありません。体内に摂り込まれた銀イオンは硫化物や塩化物によって還元され、体外に排泄されるため蓄積することもありません。水俣病(有機水銀による神経麻痺症状)の原因として知られている水銀は人体に有害ですが、水銀と銀は全く異なる物質です。銀は食品添加物として認可されており、WHO(世界保健機関)で安全性が証明されています。

ミネラルたっぷり、安全でおいしい水が出来る!
サンゴの力で水道水からミネラルウォーターが簡単に作れます。「サンゴの力」詳しくは→


サンゴの力製品.jpg







posted by shinto at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力
国民が減塩に取り組んだら、高血圧症や脳卒.. | ホーム | 生活習慣病は、なぜ医療や薬では治せないの..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64151526

この記事へのトラックバック