がんになる可能性があると思う、は5割

2013年03月21日

日本人の3人に1人は、がんで死亡しています。また、2人に1人はがんに罹るといわれています。なぜ、がんに罹る人とそうでない人がいるのでしょうか。

一般に、がんのリスクについてはどう考えられているのでしょうか。ここにこんなデータがあります。

がんになると思うか.jpg

日本能率協会総合研究所は(2011/2/4)、がんなどに関するアンケート調査結果を発表。対象は20〜69歳の男女に対しインターネット経由で行われ、有効回答数は1000人、男女比は1対1、年齢階層は20代から60代。
「自分が将来がんになる可能性は?」の質問に対し、非常にあると思うとややあると思うの合計は5割を超えました。

やはり、多くのかたは、「がんになるんじゃないか?」と考えているようです。けれども、じゃあそれに対してどんな策を具体的に実行しているかというと、運を天にまかせてみたいなところがあるかと思われます。

がん細胞は、自分の細胞です。インフルエンザなどのウィルス性の病気ではありません。細胞は日々生まれ変わって私たちの体は新陳代謝しているわけですが、細胞の遺伝子が何らかの原因で傷つくとがん化すると言われています。正常な細胞が常に生まれていれば健康体が保たれるのですが。

けれども、実は健康に見える人の体でもがん細胞は日々うまれているといいます。がん化した細胞は、どんなに健康な人でも、一日に3000〜5000個できていることがわかっています。

そうでありながら、がんにおかされる人とおかされない人がいます。それは、もっとも大きな違いは免疫力の違いです。

正常な人の場合、たとえがん化した細胞が発生しても、体内にある「キラーT細胞」「NK細胞」がそれをとりつぶしてくれているのです。5000個のがん細胞ができても、増殖できなければがんがはびこることはありません。

ところが、いろいろな原因でこの免疫力は低下します。そうすると、その中の生き残ったがん細胞が細胞分裂を開始して、増殖し大きく成長していってしまいます。大きくなれば、自分の免疫力ではたちうちできなくなるのです。

免疫力とがん死亡者数.jpg

加齢によっても免疫力が下がるということは、どうにも防ぎようがありません。自己免疫力は20歳代をピークにその後は年齢とともに下がってきます。上のグラフが、はっきりとそれを表していますが、がんによる死亡率も年齢が高くなるにしたがって上がってしまうのはこのためです。

免疫力を高めることが期待されるサプリメントはいろいろありますが、キチン・キトサンは学会もあり効果効用にも数十年まえから定評があります。キチン・キトサンはキノコ類やカニ殻など甲殻類の殻から抽出される動物性食物繊維。分子量の大きさによって、さまざまな働きがあり機能性素材としてサプリメントに配合されます。アガリクスなどもキトサンを多く含んでいます。

カニ殻から抽出したキチン・キトサンを配合。さらに乳酸菌1兆個、マルチビタミン、マルチミネラルも十分な量を配合しています。
そら マックスピア →


マックスピア袋.jpg





posted by shinto at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
がん早期発見がうらめに!(メルマガより).. | ホーム | がんは生活習慣など後天的要因による比率が..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63921705

この記事へのトラックバック