昨日歯のセミナーを開催いたしました!

2013年03月18日

昨日は歯のセミナーでした。お天気にも恵まれて、気持ちのいい日でよかったです。
遠路はるばる2時間もかけていらした方あり、定刻にスタートしました。

歯のセミナー1.jpg

そらハウスの「ふれあいスペース」にて、白い壁をスクリーンにしてプロジェクターでのレクチャーです。

歳をとっても自分の歯を残すことは、アンチエイジングにも必須のことです。なにしろ、日本人の歯の手入れ法はさんざんたるもので、それが証拠に80代では平均して4本になってしまいます。

一方、歯の教育が徹底しているスウェーデンでは、平均24本残しているそうですよ。同じ人間なのにここまで違ってくる。毎日の歯の手入れで差がでてくるわけで、歯周病も生活習慣病にふくまれている理由がわかりますね。

昔は、歯を失う理由は「老化」と考えられていましたが、今ではいろんなことがわかってきて、そうではないと言われています。歯を失う理由の42%が歯周病(歯茎の病気)で、32%が虫歯であり、ほぼ70%が手入れの悪さからきているといっても過言ではありません。つまり、やりようによって防げるということなのです。

体の健康と同じで、予防がとにかく大事です。悪くしてからでは、治療に時間やお金がかかるし、悪くした歯や歯茎はなかなか元には戻りません。悪くしだすと、ますます悪くなる傾向もあります。

虫歯を治療して、被せもの(銀冠など)をすると、経年変化で銀がとけ中で虫歯が発生しみつけるのが遅れてどんどん悪くなったりします。つまり、治療して被せるとますます歯を失うリスクが高まります。

では、インプラントにすればいいかというとそうでもありません。インプラントでも清掃をちゃんとしないと、歯周病になるし、歯茎が後退すればインプラントを支えられない事態になったりします。また、高齢になってからインプラントをしようとしても、歯茎の骨がしっかりしていないとインプラントはできません。骨にボルトで人工の歯を差し込むのですから、骨粗しょう症ではこの手術は不可能になります。

さて、どんな手入れ法なのかは、ここではお話しできませんが、とにかくポイントは「菌の繁殖をいかに封じるか」です。歯ブラシではどんなに磨いても50%くらいしか磨けていません。歯間ブラシ、糸ようじを使っても磨き残しが30%くらいはできてしまうのです。100%近くにしないと、歯周病は予防できませんので、どんなに大変かがお分かりになるはずです。

虫歯菌と歯周病菌は種類の違う「菌」です。この両方を撃退しなければなりません。それも毎日、毎食後です。ぜひ、地方にお住まいのかたも一度はこのセミナーに参加してみてください。
今まで、一番遠い方では、奄美大島から参加がありました。ほかに静岡県、三重県などからもご参加いただいています。その価値は十分あると思います。

歯のセミナー2.jpg

★とても楽しく有意義なセミナーでした。2時間がほんとうにあっという間でした。意外な方法でびっくりしました。近いうちに歯医者で歯石をとってもらい、さっそくこのやり方を実践してみようと思います。(東京都 30代男性Tさん)

★今までの朝晩の歯磨きは、形だけでほとんどきれいになっていなかったことを思い知らされました。教えていただいた方法で自分の歯が保てるのなら、頑張って続けて歳を取っても自分の歯で食べたいと思いました。これからが努力です。(埼玉県 50代女性Yさん)

★歯には全く自信が無く、60歳過ぎて今さら…という気もありましたが、口臭やその他気になることが多々ありましたので、一応は聞かせていただこうと参加しました。お金がかからず、簡単そうなので実行してみようと思います。自分は半分あきらめですが、これからまだ人生長い娘達に教えて歯を大事に、そして同時に体を大事にしてもらいたいと思いました。参加してよかったです。(埼玉県 60代女性Tさん)

★子供の頃から歯が弱く、夏休みはいつも歯医者さんに通っていた思い出があります。削って詰めたり被せたり、ひどい虫歯は抜かれたり、神経が残っている歯は少ないと思います。差し歯もあります。でも、いい方法を教えていただいたので、わずかに残されている歯を大事にしていきたいです。思いも寄らない方法で本当にびっくりしました。

〜〜参加者の方々、こんなにいい方法を知ったのですから、ぜひ継続して70歳になっても80歳になっても自分の歯を残し、おいしい食事をしてくださいね!


【次回の歯のセミナー予定】
6月の土曜日に予定しています。参加希望のかたはお早めにご予約ください。

所得と教育水準が、のちに高齢になってから.. | ホーム | 高齢者の肥満、メタボが30%!血清アルブ..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63825148

この記事へのトラックバック