カルシウムのとりすぎで結石になるのか?

2013年02月27日

結石の原因はカルシウムとりすぎなのか?!


「カルシウムを摂りすぎると、結石ができるのでは?」という質問がときどきあります。

結石は、その成分によっていくつかのタイプに分かれますが、その中でも「カルシウム結石」が9割以上を占めています。これも食生活が引き金となって発症する生活習慣病で、結石になる人の多くが糖尿病、高血圧、高脂血症などの予備軍になっているといわれています。

結石というと「尿路結石」のことがよく取り沙汰されますが、カルシウム結石が尿管・膀胱(ぼうこう)・尿道などに生じた場合を尿路結石といいます。結石が尿管に下降して、尿の通過障害をきたすため七転八倒の激しい痛みや血尿が起こります。

いまや10人に1人が尿路結石にかかるといわれ、30〜60代の男性に最も多く、現在も増加中です。
でも最近は、とくに20〜40代の多忙な男性にも多くなっているようです。また、これまでは男性の病気と考えられていたのが、さらに更年期をすぎた女性や若い女性にも増加しているとのこと。

そもそもカルシウム結石といわれるぐらいだから、カルシウムの摂り過ぎが原因だろうと思われるのもしかたないことですね。

ところが実際は、「食べ物から摂取するカルシウムが不足していると結石ができる」という、わたしたちが思っていることとは、まったく逆のことが体の中では起こっているのです。

尿路結石.jpg

カルシウムはシュウ酸と結合しやすい性質があります。シュウ酸は、コーヒー、紅茶や緑茶、チョコレート、ナッツ類、ほうれん草などに多く含まれています。
だから、こうしたシュウ酸の多い食品を沢山摂っていると、腸内ではカルシウムと結合して、カルシウムの多くが便として排泄されてしまうのです。

また肉食中心のような食事をしていると、肉類に多く含まれる脂肪酸がカルシウムと結合して、同様のことが起こります。

肉食.jpg

でもおかしい?? 結石ができるほど豊富にカルシウムがとれているとは思えないのだが…。
じつは、カルシウムには、他の栄養素とはまったく違う仕組みがあるのです。

カルシウム以外のミネラルやビタミンなどは、不足すれば欠乏症として健康を害したり、病気になったりします。でも、カルシウムは心臓の筋肉を動かしたり、脳神経を働かせたりするのに使われる栄養素です。
たとえば、目でモノが見えるのもカルシウムのお陰。目に光が飛び込んでくると、網膜の細胞にカルシウムが入り、電気信号として脳に伝達します。だから、カルシウムが不足すると視力や神経、脳の働きにも影響が出てきます。

つまり、カルシウムは“生命の維持”に直結する物質なのです。かりに体内からカルシウムがなくなれば、即座に死んでしまうことになるでしょう。
そうならないために体の仕組みとして、カルシウムが不足しても、骨の中のカルシウムを血液中に溶かし出して補充するようになっているのです。

カルシウムの働き.jpg

では、カルシウム不足によって結石ができるプロセスを順を追って説明しましょう。

カルシウムを十分に摂らないとカルシウム不足が起こる。

血液中のカルシウム濃度を保つために、骨からカルシウムが溶け出す。

血液中のカルシウム濃度が高くなる。
(カルシウム不足で血液中にカルシウムが増えるので、このことを「カルシウム・パラドックス」と呼んでいる)。

カルシウム濃度が高くなりすぎて尿中のシュウ酸と結合してカルシウム結石(尿路結石)ができる。

骨からカルシウム溶ける.jpg

「結石になったのはカルシウムの摂り過ぎ」ではありません。まったく逆のカルシウム不足だったのです。

たとえば、尿路結石を引き起こし、過去の食生活をふりかえって、ご自分は肉が好きでよく食べていたなあと思うようでしたら、カルシウム不足を疑ってみてください。きっと、十分なカルシウムがとれていなかったことと思います。

カルシウムは、上の図のように、体のさまざまな働きを担っています。でも、それほどまでに大事な栄養素であっても食事だけでとるのは大変難しいです。食物にも含有量が少ないので。ですから、サプリメントでもっともとりたい栄養素のひとつになっています。

化石サンゴという自然素材が原料の、サンゴカルシウムは、リンがはいっていないことと、吸収がいいこと、カルシウムだけでなく微量ミネラルが含まれているところが利点です。

お肉をたくさん食べた日は、珊瑚の恵でカルシウムを補給することをオススメします。
手軽にカルシウム補給。顆粒スティックだから簡単→珊瑚の恵

posted by shinto at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム
大腰筋が弱まるとお尻がたれて、太ももが太.. | ホーム | 中年女性の死因でもっとも多い乳がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62969915

この記事へのトラックバック