BOSSダイエット法で若返る

2013年01月31日

BOSSダイエット法のことを、最近「ダイエット」と言いたくないです。
ダイエットと言ってしまうと、世の中のいろんなダイエットといっしょくたにされてしまう恐れがあるからです。なんと呼んでいいやら模索中ですが、この方法は健康やアンチエイジングに効果的な食事法、とでも申しましょうか。栄養を重視した健康的な肥満解消法という言い方のほうがしっくりくるか。

ともかく私たち自身が、BOSS法の食事をはじめてから15年は経過しています。ナガシマも私も、いちばん体重が重いときから比べ11〜12キロ体重は少なくなっており(BOSSダイエット法で)、その後も継続することで15年間体重も体型もそして「若さ」も維持しています。

ダイエット前後.jpg

BOSS法は15年前に、弊社代表のナガシマが自らの肥満を解消するために、試行錯誤の末あみだした方法です。当時ナガシマは47歳。若かったですね。

それ以前は、食事にたいしてそれほどこだわりを持っていたわけではありません。昼食には揚げ物たっぷりでご飯も山盛りの仕出し弁当を配達してもらっていたり、夜はめんどうになると、ラーメンと餃子なんていうのも普通でしたから。

私たち自身の食生活をも、このBOSSダイエット法理論は大きく変えました。

ナガシマは半年で10キロ体重を減らすことに成功。それも、減ったのはほとんどが「体脂肪」という、まさにBOSS法理論が、理にかなっていることを証明してくれました。

わたしもピークで56キロありましたが、44〜45キロをこの15年間ずっと変わらずに維持しています。それもラクにです。この体重は20代のときよりも少ないです。私の場合、体育大出で社会人になってからもスポーツクラブのインストラクターとして毎日自主トレーニングをしていましたので、そのときのほうが今よりも筋肉があって重かったのだと思います。インストラクター時代は47キロでしたが、現在49歳となり毎日軽い体操程度しかしていませんが45キロキープです。

さて、ナガシマはBOSSダイエット後、65キロを10年間維持していましたが、5年前アンチエイジングのために始めたボクシングのおかげで、筋肉もつき、さらに体がひきしまって62キロ、体脂肪率12%となています。ボクシングの練習では10代20代の男の子を相手にしても、スタミナはまったく負けてないそうです。

むしろ、ナガシマが言うには、最近の若い子は栄養がろくに無いいいかげんな食事ばかり食べているからすぐばてる、この歳でも負けてない、そうです。
ジムでは、へたばらないので「ターミネーター」と呼ばれているんだとか!

たしかに、

マノスで昌和.jpg

若いですよねえ。ナガシマを見ていると、BOSSダイエット中のひとに
「ほうらこの通り若返りますよ。だから安心してやってください」と言いたくなります。

今年65歳、前期高齢者。BOSS法の食事は、食事が楽しめて、しかも健康になれて、アンチエイジングにもなる。ほんとかな? と思ったら私たちに会いにきてください。







BOSSダイエット法 16年継続している健康的肥満解消法
posted by shinto at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
標準体重だから“肥満じゃない”と決めつけ.. | ホーム | 「歯のセミナー」に、ぜひ参加してください..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61886785

この記事へのトラックバック