いつまでも若々しい体を保つ秘訣!

2012年11月12日


人は、動物のようには歳をとらない!

「いつまでも若々しい体を保つ」というのは、本当に可能なことなのでしょうか?

人は誰でも歳をとり、そして死んでいきます。それは逃れることのできない人間の宿命。いや、大部分の生物の宿命と言ってもいいでしょう。その宿命があるのに「いつまでも若々しい」というのは矛盾があるんじゃないか、と言われても仕方ありませんね。

ところが、単なる動物とは違い・・・、人間だからこそ“若々しさ”を保つことができるのです
その証拠に、同じ歳をとっても若々しい人と、やけに老けてしまう人がいますね。その差もけっこう大きい。

一方、動物はというと、だいたい同じように歳をとり、何か病気や他の動物に襲われない限り、寿命にも大きな差はないと考えられます。

では、なぜ人間だけは“若々しさ”を保つことができるのでしょうか?

人間には、他の動物にはない「意志の力」があるからです。
「歳をとりたくない。いつまでも若く元気でいたい」等々。そうした“願望”に対して、意志を働かせて努力します。実際、若々しい服を着よう、お化粧をしよう、あるいはサプリメントを摂るというのも“若々しく健康でありたい”という願望に対して意志を働かせているからですね。意志は行動につながります。

※【意志】広辞苑より⇒ある行動をとることを決意し、かつそれを生起させ持続させる心的機能。

最近では「老化のスピードをなるべく遅くさせる」ということから、アンチエイジングという言葉も流行っています。

赤ちゃんとチンパンジー.jpg

「意志なんて働かせる必要はないんだよ、なすがままに生きていけばいいんだ。病気や死ぬというのは運命だよ」と言う人もいるでしょう。 

確かに、これまで日本人の平均寿命はずっと伸びてきて、今や世界で最も長寿の国になりました(ただし2011年度で、女性は世界1位、男性は4位になってます)。
でも、それは必ずしも個人の意志の力ではありません。

原始人と洞窟.jpg

このような生活環境の進歩の恩恵で自然界の動物よりも寿命が長く、あるいは老化が遅くなったことに間違いはありません。

でも、その一方で、マイナスの要因も多く発生してしまったのです
例えば、暴飲、暴食などは食べ物が有り余っているからできることです。自然界の動物ではそんなことはできません。タバコや深酒だってそうです。
加工食品に含まれる各種の食品添加物や化学物質、また野菜や果物における農薬の問題も本来自然界にはないことです。

便利な生活のおかげで、現代人は運動不足にも悩まされることになりました

結果として、自然界の動物ではみられない、がんや心臓病、脳疾患、糖尿病、肥満症などの「生活習慣病」が蔓延してしまったのです

つまり、今の環境に身をゆだねながら、なすがままにしていると、「若々しい体を保つ」どころか、取り返しのつかない病気にかかる危険性だってあるのです。

そうならないためには、自らの意志を働かせて、正しい方向での努力をしていかなければならないのです

若々しさと寿命グラフ.jpg
posted by shinto at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
肌の手入れは中からやらなきゃダメ! | ホーム | 天然のオイルと化学製品のクリームとでは!..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59990348

この記事へのトラックバック