天然の果物にも下痢をさせる力がある

2012年07月31日

桃の季節ですね。甘くてジューシーで私も好きですが、ちょっとこわごわ食べてます。
というのも、以前さくらんぼで下痢をしてえらいめにあった経験があるのです。

思い当たるふしがないのにお腹がゆるくなった?? 考えたら、桃食べたな〜、なんてことありませんか。

桃.jpg

桃、さくらんぼなどバラ科の植物は、葉で光合成された糖質「ソルビトール」が、腸で消化吸収されにくいため、お腹が緩くなったり、ひどいときは下痢になったりします。

りんごも同じ仲間だそうですが、りんごで下痢するというのは聞いたことがないです。真ん中の蜜の部分に含まれているそうなので、相対的に量が少ないのでしょうね。

ソルビトールは、甘味料としてひじょうにポピュラーです。血糖値を上げないので糖尿病患者にも推奨されているようです。

それからソルビトールの使い道は甘味料としてだけではなかったんですね。食品の変質防止や品質保持、湿潤調整などの作用があって広く食品添加物として使われているといいます。
湿潤調整の機能を利用した代表がコンビニのおにぎりで、ソルビトールのお蔭で飯がパサパサにならないのだと。

一部、ソルビトールについての健康被害も耳にしたことがありますが、1982(昭和57)年にJECFA(FAO/WHO)は一日許容摂取量(ADI)を決める必要のないものとし、極めて毒性の低い物質としてAランクに分類しています。

食べ物の働きというのは、すごいものだと思いますね。食欲を満足するためだけじゃないですよね。天然の食物に含まれるそうした成分に敏感に反応する体っていうのもすごいと思ってしまいます。

オリジナルサプリメント&スキンケア そら →



posted by shinto at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な生活
ブドウ種子エキスポリフェノールになぜ美肌.. | ホーム | 炭酸飲料は本当に骨や歯を溶かすのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57351271

この記事へのトラックバック