「一無、二少、三多」はメタボを効果的に減らす

2011年12月13日

日本生活習慣病予防協会が提唱している『一無二少三多』は、ふだんあまり聞かないが、もっと広く知られると役にたつと思う。協会は、メタボ減少にも役立つと強調している。

現代の日本人の健康の秘訣として最適なのは「一無(無煙)、二少(少食・少酒)、三多(多動・多休・多接)」という研究成果が発表された。「一無、二少、三多」の実践数が増えるとメタボの発症は少なくなる。

1万人弱の7年間追跡調査で、メタボの発症が少ないのは「一無、二少、三多」を実行している群だった

研究では、和田高士・東京慈恵会医科大学総合健診・予防医学センター教授が、日本人9554名を対象に7年間追跡し調査した。その結果、男女ともメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発病が少ないのは「一無、二少、三多」であることがあきらかになった。この研究は今年5月、日本内科学会の英文誌「INTERNAL MEDICINE」に発表された。


40年前にアメリカで提唱された「7つの生活習慣」では日本では効果がでなかった

これまで国内で広く紹介されてきた「7つの健康習慣」は、レスター ブレスロー・米カリフォルニア大学教授が1965年に発表し提唱したもの。7種類の健康習慣を数多く実践している人ほど死亡率が低いとしている。
厚労省がまとめた厚生白書(平成9年版)などでも取り上げられた。生活習慣病の発症や進展抑制にさまざまな要因が影響しており、要因は大きく(1)加齢など遺伝要因、(2)ストレスなどの環境要因、(3)食習慣や運動習慣といった生活習慣要因の3つに分けられるとしている。その後、森本兼曩・大阪大学大学院教授が日本人を対象に、ストレスを加えた新たな「8つの健康習慣」を提唱した。

ブレスローの7つの健康習慣

喫煙をしない
飲酒は一度に4杯以下
激しいスポーツや水泳、長距離歩行などを頻繁にする
男性は標準体重のプラス20%未満から5%不足までの範囲、女性はプラス10%未満
7〜8時間の睡眠をとる
ほとんど毎日朝食を摂る
間食は一度かまったくとらない


ブレスロー氏、森本氏の健康習慣と、池田氏の「一無、二少、三多」がメタボの予防にどの程度の効果があるか検証したところ、女性ではいずれも多く実践している群ほどメタボの頻度が減少する傾向がみられたが、少実践群と多実践群での差がもっとも大きかったのは「一無、二少、三多」だった。
 
また、男性ではブレスロー、森本両氏の健康習慣で、中実践群より多実践群のほうがメタボの頻度が高くなり、両氏の健康習慣をより多く実践してもメタボの抑制効果はなく、むしろ増加するという意外な結果になった。これに対し、「一無、二少、三多」だけが実践数に比例してメタボが減少し、少実践と多実践では大きな差が出た。
 
和田教授は「40年前に米国人を対象に考えられた健康習慣では、実践すればするほどメタボリックシンドロームの頻度が減少する結果にはならず、日本人には効果がなかった」と指摘。その上で、「一無、二少、三多」について、「現代の日本人にとって、実践しやすいやり方で効果を得られる健康習慣であることを明確に提示できたのではないか」と話している。

「一無、二少、三多」とは

----------------------------------------------------------------------------------------

やはり、日本人には日本人にあったスローガンでないとだめですね。アメリカ発のしかも40年も前のスローガンではねえ??


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防
一無、二少、三多のすすめ | ホーム | 意識していなかった「腹圧」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51821090

この記事へのトラックバック