水道水に含まれる放射能はだいじょうぶか?

2011年12月01日

日々、放射能汚染に関するニュースが流れ、水道水は大丈夫なのか?と不安に思う方も多いと思います。
日本保健物理学会 暮らしの放射線Q&A活動委員会でのQ&Aを参考に。

(質問)セシウム137が検出されるとストロンチウム90も検出される事があると知りました。ストロンチウム90は水に溶けやすいとの事なので、水道水のヨウ素が基準値を下回っていると言われても、不安です。現在、水道水にSr90が含まれている可能性はありますか。


(答え)現在厚生労働省が定めている原子力施設等の防災に係る摂取制限に関する指標は、核燃料物質であるウランと超ウラン元素を除けば、放射性ヨウ素と放射性セシウムの二つだけを対象としています。これは、原子力施設での防災では放出量や発生源から人への移行性等からして、この二つが重要なものだからです。セシウム-137とストロンチウム-90はともに長い半減期を持っていますが、環境度の移行の様子に差があります。セシウム-137が検出されていればストロンチウムも検出されると考えられますが、人の健康影響を考えると水道水のセシウム-137やヨウ素-131が基準値を下回っていれば、ストロンチウムに関しても特段の心配をする必要はありません。


自然界にはもともと放射性物質は存在していて、事故の起きるまえから水道水から、微量のストロンチウム90が検出されていたそうです。
記事はコチラ


全国の水道の放射能濃度がリアルタイムでわかるサイト

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能
野菜ジュースに人参いれてますか? | ホーム | あらためて そらのミッションを
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51240531

この記事へのトラックバック