コンビ社が提供する乳酸菌素材EC-12

2011年10月12日

「発酵乳を摂取したマウスの平均寿命は、牛乳を与えたマウスよりも8%長い」という研究結果があります。
この研究で使われた発酵乳は殺菌されていました。

つまり、乳酸菌は殺菌されていても大きな効果があるということです。

乳酸菌食品中の乳酸菌の数が同じなら、生きて腸まで届く菌種が入っていたほうが良いでしょう。
しかし、生きて腸まで届く少数の乳酸菌と殺菌された大量の乳酸菌では、数が多いほうが効果は大きくなります。

一般的な乳酸菌飲料では、乳酸菌含有量の多いものでも、100ミリリットルあたり100億個程度乳酸菌が含まれます。
「生きたまま」 からだ(腸)の中で働く為には、かなりの量(数リットル単位)を飲まなくてはならなくなります。

乳酸菌の図.jpg


殺菌乳酸菌 EC-12は発酵乳を殺菌・濃縮することにより、簡単に大量の乳酸菌を得ることができます。
このEC-12を使用して、便通改善や細菌感染防御、アレルギー抑制などさまざまな研究がなされ、そのどれにおいても顕著な改善効果が見られました。

(コンビ ファンクショナルフーズ事業部資料より)
コンビ EC-12

コンビ社が提供する乳酸菌素材は、EC-12(イーエフパワー)という素材名で、各社サプリメント製品に配合されています。

コンビ EC-12乳酸菌1兆個配合の
マックスピア →

生活習慣病の心配がある方に。なかから身体環境を整えるサプリメントです。




posted by shinto at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防
乳酸菌、ことばは知っていても意外とよくわ.. | ホーム | キトサンコーワ薬事法違反について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48444245

この記事へのトラックバック