NK細胞があるのになぜ、がんに罹ってしまうのか?

2011年10月07日

NK細胞ががんをつぶしてくれているはず。でも多くの人が、がんに罹ってしまっている・・・?
年々がん患者は増える一方であるし、死亡原因のトップは「がん」。


NK細胞が働いているのに、なぜ、がんになるのでしょうか?
大きく3つのことが考えられます。

NK細胞の活性.jpg


1.NK細胞が除去しきれないほど多くのがん細胞が発生してしまう。
 
タバコや酒、肥満などの生活習慣、あるいは食品添加物、化学物質などの環境の影響を受けて、さらに沢山のがん細胞が発生するようになる。

2.悪い食生活、生活習慣などで血液が汚濁してNK細胞の活性が低下してしまう。このためNK細胞が、がん細胞に勝つことができなくなる。

3.加齢(老化現象)によってNK細胞の活性が低下する。このため、がん細胞に勝つことができなくなる。


40代50代60代をがん年齢といい、特にがんに注意しなければいけない年齢だとよくいいます。免疫力のグラフをみれば一目瞭然です。がん細胞にたちむかってくれる兵隊さんである「NK細胞」が減ってしまい、兵力が弱まってしまうからなんですね。

がんにならないようにするには、この下降線をできるだけカーブを下げないように努力することが大事です。そのことは、見た目だけで無く肉体の若さを保つこととイコールだし、それがほんとのアンチエイジングです。

がんを予防したければ、NK細胞を活性化すること。
NK細胞の活性をおとすような生活習慣をやめること。わかりやすく例をあげれば、酒、タバコ、運動不足、ストレス、夜更かし、睡眠不足、栄養不足、湯船につからずシャワーの習慣、体を冷やすこと・・・などなど。

NK細胞を元気にするようなことを生活に多く取り入れる。果物や野菜など抗酸化ビタミンを多く摂る。適度な運動習慣。心や体を休めてリラックスする。まだいろいろあると思いますが。

効果性のあるサプリメントを日常的に摂取することも後者のほうに役立つことです。

そらではこうしたことを考えて自社サプリメントを企画製造し、提供しています。

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』


そらのサプリメント
posted by shinto at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
がんから守ってくれている、自分のNK細胞.. | ホーム | 乳酸菌、ことばは知っていても意外とよくわ..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48366748

この記事へのトラックバック