レスベラトロールは外国産に太刀打ちできない理由とは

2011年08月04日

昨日、弊社サプリメントの製造を委託している会社の本部長N氏がみえて、こんな話をしてくれた。
話題は、最近よく聞く「レスベラトロール」。

NHKがテレビで、長寿遺伝子を活性化する夢の素材、と放送したことから、一躍脚光を浴びるようになった「レスベラトロール」。しかし、当の火付け役であるNHKは、困惑しているそう。

実際に放送した内容では、このレスベラトロールの効果はまだ“マウス実験”の段階であり、人間が飲んでどうか?はこれから研究課題としたはずなのに・・・ 

急に浮上した、夢の長寿サプリメントは、最初の情報発信元(NHK)をよそに、またたくまに各社こぞって、販売競争に乗り出したというわけ。

しかし、このレスベラトロール、価格的に外国産にはどうやっても勝てないのだそう。レスベラトロールは、ブドウや山草のイタドリからとれる成分。ブドウからは少量しか抽出できないが、イタドリはアメリカなどにはたくさんあって、ひじょうに安い価格でレスベラトロールサプリをつくることができるのだ。

じゃあ、日本だってそれからとればいいんじゃない、と思いますよね。ところが、このイタドリ、日本では漢方薬として薬に分類されている。薬の成分をサプリメントに配合することは“薬事法”で禁じられているため、使えないのだ。

だから、日本のメーカーがつくろうとした場合、配合量がすごく少なくなったり、高価にならざるを得ない。外国産サプリが、輸入代行会社や個人輸入で購入できるので、太刀打ちできないだろうとN氏は話されてました。

外国産レスベラトロール.jpg

(以下、外国産レスベラトロール説明)
日本において、イタドリの抽出物は、医薬品区分です。米国では、イタドリ(タデ科の植物)由来のレスベラト ロールを使用することが許可されているため、比較的安価なサプリメントと しての普及が進んでいますが、イタドリ由来のレスベラトロールサプリメントは日本において医薬品区分です、日本で販売することは違法となります。

米国食品医薬品局 FDA認可の高含有量レスベラトロールサプリメントを米国より直接お届け致します。
ガン予防を目的とした動物実験で投与されたレスベラトロールは 1日あたり500mg(平均的成人に換算)

レスベラトロール含有量 325mg /1カプセル 30カプセル入り

--------------------------------------------------------------------------------------------------

一方、国産もないわけではありません。

国産レスベラトロール.jpg

けれども、その成分や配合量をみると↓

今、話題の抗酸化物質レスベラトロール!1粒にレスベラトロールを12.5mg以上配合
【容量】60粒
【名称】赤ブドウエキス含有加工食品
【原材料名】赤ブドウエキス、還元麦芽糖水飴、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、プルラン、二酸化ケイ素、セラック、グリセリン脂肪酸エステル
【内容量】19.32g (60 粒:1 粒重量322mg)
商品の説明
レスベラトロールは植物に含まれるポリフェノールの一種です。ぶどう果皮から発見され、赤ワインにも多く含まれています。 昨今最も注目されている成分のひとつといわれています。
PURのレスベラトロールは、南フランスのローヌ渓谷産の赤ワインを原料に、アルコールと水を用いて抽出しています。一粒に赤ワインエキスを250mg配合し、レスベラトロールを12.5mg以上(約ワイン3杯分)、ポリフェノール類を75g以上含まれています。
-----------------------------------------------------------------------------------------

比較してみると、外国産レスベラトロールサプリは、1カプセルでレスベラトロール325mg配合しているのに対し、国産は1粒で12.5mgと、26分の1量しか入っていない。国産の製造方法をみると、「赤ワインから」となっているので、液体から抽出するのってちょっと考えただけでも大変だろうとわかりますね。

肝心の値段も、外国産は1本30カプセル入で2,630円(半月〜1ヶ月分)だが、国産はほぼ1ヶ月分で1本5,980円。

イタドリ.jpg

イタドリって日本にははえてないのかな?と思ってしらべてみると、ありました。高知県の農産品としても紹介されてました。春に山にはえる山草の一種で、地元では料理してふつうに食されているよう。


【レスベラトロール情報局】というホームページにわかりやすく書かれています。

サプリメント等として販売されているレスベラトロールは、ブドウやワインに含まれます。しかしそれらに含まれるレスベラトロールは、微量であるため、ブドウ果実やワインから取り出すのは難しいと言われています。

ブドウの一大産地、フランスのボルドー地方は、実はブドウの生育に適した土地とはいえません。大西洋からの湿った風が吹き抜け、灰色カビ病などに悩まされます。
レスベラトロールは、植物が紫外線や病原菌などのストレスにさらされた時、自身を守る為に作り出す生体防御物質です。
そのため、生育環境の厳しいボルドー地方のブドウには、レスベラトロールが多く含まれることがわかっています。


レスベラトロールは、ブドウの果実や果皮やワインからは微量しかとれません。研究の結果、レスベラトロール類が多く含まれるブドウの部位は、ワインに使われる果皮よりも、新芽や若づるであることが明らかになりました。新芽や若づるは植物の成長点で、抵抗力が弱く、多くの防御物質を必要とするためだと言われております。

レスベラトロールが含まれている植物として、ブドウのほかにイタドリがあります。タデ科の多年草で、利尿作用・緩下作用があるため、昔から「虎杖根」という漢方薬として使用されています。

イタドリ由来のレスベラトロールは、ブドウからつくられたものより、非常に安く手に入るので、海外のレスベラトロールのサプリメントには広く使われています。

しかしイタドリの根茎は、日本国内では食品に使うことが認められていない医薬成分に該当するので、サプリメント等での使用は禁止されています。

-------------------------------------------------------------------------------------------

さてさて、このレスベラトロール、流行るんでしょうかねえ。
弊社では成り行きを傍観したいと思います。

オリジナルサプリメント&スキンケア そら →



posted by shinto at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
トクホの“嘘”脂肪燃焼に根拠なし | ホーム | 野菜ジュースは本当に栄養があるのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47153646

この記事へのトラックバック