イメージで売れている『野菜ジュース』

2011年06月22日

カゴメさんの新聞広告をみて。

野菜ジュース.jpg

消費者がこころくすぐられるキャッチコピーがみられる。
・通販でしか買えない
・野菜が8種類もはいっている
・一億6000万本売り上げた
・おいしさと栄養がピークになる旬のものを使用
・志の高い契約農家が栽培

一見読んでいると、よさそうな気がするが、一番重要なことはこういう事柄ではない。
野菜ジュースを飲む理由は、たんに美味しいからということではないだろう。1本160ccしかないのに、210円するのだから、普通のジュースとは違う。それ以上の価値を期待するから飲むのである。野菜不足が少しでも解消されるなら・・・とか、ビタミンが摂れたらいいな、とか。健康目的だ。

では、その栄養成分は?

クリックすると大きくなります↓

野菜ジュースの栄養.jpg

宣伝のほうには、「栄養がピークになった野菜を」とあるが、問題は加工段階でどれほどの栄養の損失があるかであろう。消費者がその野菜ジュースを飲んだときに得られる“価値”、そこが重要なのだ。
肝心のビタミンCが含まれてないのを知っているだろうか? 野菜=ビタミンCを多くの人は連想すると思うが、ビタミンCほど不安定で壊れやすい栄養素はない。時間が経てば減るし、熱を加えれば減るし、加工すればするほど減る。

かりにサプリタイムと栄養比較してみると、野菜ジュースにはタンパク質が1.5g。一方のサプリタイムには10倍の15gが入っている。
カルシウム(1日の必要量は600mg)は、野菜ジュース28mgにたいして、サプリタイムは300mg。ビタミンEは、野菜ジュース0.7〜3mgにたいして、サプリタイムは25mg。葉酸は、野菜ジュース9〜77μgにたいして、サプリタイムは100μg。

この栄養成分表をみるかぎり、野菜ジュースは“気休め”といっても過言ではない。
宣伝では、この野菜ジュースを飲んでいれば、いかにも十分な栄養がとれているような印象を与えるが、「問題である」と言わざるをえない。

ココアグラス.jpg

サプリタイムの栄養

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント
女性のがん。【乳がん】マンモグラフィー短.. | ホーム | ひとにはなかなか言えない悩み“便秘”
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46202287

この記事へのトラックバック