高齢になるほど低栄養状態!

2011年06月02日

国民全体が「飽食の時代」を反映してカロリー摂りすぎ、脂肪摂りすぎ)となる一方で、
高齢者ほどやせの人が多くなる傾向にあります。

これは一般的に、高齢者になるほど低栄養状態になっていることを意味しているのです。
そして、高齢者が食欲不振、しいては低栄養状態になる原因はつぎのようです。

クリックすると大きくなります↓
高齢者食事の注意.jpg

『高齢者が低栄養状態になりやすくなる理由』

・歯が悪くなったり抜けたり、入れ歯のトラブルなどで食欲が低下する。
・消化液の分泌が少なくなり、消化吸収力が低下する。このため油っこい料理よりもあっさりした料理を好むようになる。
・腸の運動機能の低下から、便秘を起こしやすくなる。ぎゃくに消化機能の低下から下痢になりやすくなる。 
・味覚や嗅覚が低下し、特に甘味や塩気の感覚が鈍り、濃い味付けを好むようになる。 
・運動量が少なくなると、食事量が減り、体力も減少する。カルシウム不足で骨も脆くなる。
・高齢者は複数の疾患にかかり多剤を服用することが多く、それが食欲不振の原因となる。

高齢者は、骨粗鬆症や筋肉減少症(サルコペニア)を併発しやすく、膝や腰の痛みを訴えるようになり、身動きが鈍くなります。これが、ますます悪循環をつくり筋肉がさらに減少していきます。
筋肉量が減ると、血流量も減るので、体温の低下や免疫力の低下などにつながるとも考えられています。
代謝が落ちるので、食欲も減退するでしょう。そうして、活力がおちていくのです。高齢者の食事を研究する専門家によると、寝たきり要介護で“褥瘡(じょくそう・床擦れ)”がおきた高齢者にタンパク質を十分に与える食事をとらせたら、改善されたという報告があります。

タンパク質の1日の必要量は、年齢にかかわらず一定であるということは、案外知られていません。高齢者だから、タンパク質も若い人ほどは要らないだろうと思い込んでいるケースもあるようです。だから、お肉もあまり食べようとしなくなったり。

でもこれが間違いで、タンパク質の必要量は年齢に関係なく、体重で決まってきます。50kgの人であれば1日に50gのタンパク質が必要です。さらに、豚肉100gにはタンパク質は何グラム含まれていると思いますか? 15g程度です。ですから、思っているほどタンパク質は摂れていないのです。ほとんどの人が不足していると考えていいと思います。

年齢とともに筋肉量が減る原因とは? 運動不足よりも、このタンパク質摂取不足であるとみています。

サプリタイムで確実にタンパク質を補給 →
サプリタイムには植物性タンパク質である大豆タンパクと、動物性タンパク質であるホエイタンパクを半分半分配合しています。バランスが重要です。

サプリタイム2種類.jpg

コップのサプリタイム2種.jpg
今の栄養所要量では最低基準 | ホーム | 長寿とQOL(どう生きているか!の質が大..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45663818

この記事へのトラックバック