歯周病からはじまる“QOLの低下”

2011年05月27日

朝日新聞2011/05/24記事を参考に

40代も危ない歯周病
〜抜け歯・偏食・生活習慣病の悪化ドミノ〜

30代40代でも知らない間にすすんでいる「歯周病」!噛みにくくなるだけでなく、食事の内容が偏ってきて、生活習慣病や栄養不良に陥る恐れもある。

千葉県柏市の歯科医 大石善也さんは、中高年が歯を失う最大の原因は“歯周病”。40代後半くらいから歯を失い始める。そのときが肝心。
「1,2本だからと放置すると、かむ力が他の歯にかかって、ゆるやかに噛み合わせがくずれ始める」と指摘。

噛み合わせがくずれるのを軽くみると大変。噛み合わせがくずれることは、歯を失うことを加速させてしまう。

食べるQOL.jpg

大人の歯は32本。親知らずを抜くと28本。食べたいものをなんでも食べるには、18〜20本以上の歯が必要。しかし、歯科疾患実態調査(2005年厚労省)では、平均で50代前半で24.8本、60代後半では18.3本と20本を切ってしまう。

歯周病の原因は、“歯周病菌”だが、歯垢をこまめに取り除いたり、口の中を清潔に保てば予防できる。細菌数は、清潔な口の中では100億個以下(それでもすごい数!)、清掃できていないと1兆個にもなる。

歯周病菌に歯茎が侵されると、赤く腫れたり「歯肉炎」となる。それが進行してくると、歯と歯茎の間にだんだんすき間ができてくる。これを「歯周ポケット」という。

このポケットが4o以上くらいになると歯周病と一般的に呼ぶ。実態調査では、4o以上の歯周ポケットがある人は、30代で25%弱、40代前半で30%弱、40代後半では40%を超えている。
ポケットが深くなると、歯を支える骨が後退し、歯が抜けてしまう。

-----------------------------------------------------------------------------

これが、歯を失うながれだ!
自分の歯の本数は、年齢と共に、生活の質=QOLに直結してくるので、歯周病の予防は不可欠。歯が痛くなくても、定期的に歯と歯茎のケア(口腔ケア)に通うことが重要です。
私は3ヶ月に1回、歯石取りと、歯周病進行チェックにかかりつけの歯医者に行っています。お手入れの費用は保険外治療となるので、1回7000〜8000円かかるのが一般的。

それでも、歯を失うよりいいですよね!インプラントを1本入れれば20万円はとびます。

【歯のセミナー】※不定期
そらでは、アンチエイジングの一環として、歯のセミナーを開催。
普段自分でできる、口腔ケアの方法をお伝えしています。
詳細は→

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
被曝後、長期間たってがんを発症するなどの.. | ホーム | 感染してかかる“がん”〜ピロリ菌で胃がん..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45533673

この記事へのトラックバック

桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯扲楣欭浵獣汥
Excerpt: 彟恟彉彟江彎_䅟怀䜀䌀坟
Weblog: 桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯扲楣欭浵獣汥
Tracked: 2016-12-02 20:11