抗ガン剤の弊害!薬剤耐性がん増殖のしくみ

2011年05月10日

抗がん剤が、なぜ効かなくなるのか?
 
抗ガン剤は、がん細胞を破壊する目的で投与されますが、実は、そのまわりの正常細胞までもが破壊されてしまうのです。ひどく副作用が出るというのもこのためです。

抗ガン剤によって、がん細胞は破壊縮小はされますが、全てのがん細胞が破壊されるわけではありません。抗がん剤の効かない“がん細胞”が必ず生き残ってしまうのです。これを「薬剤耐性がん」といいます。
 
この薬剤耐性がんは、その後再び増殖をはじめます。そして、また別の抗がん剤を次々と投与しては薬剤耐性がんができるという“イタチごっこ”となり、最終的には有効な抗がん剤がなくなってしまうのです。

クリックすると大きくなります↓

抗ガン剤で薬剤耐性がんが増殖.jpg


がんは遺伝でも運命でもない!!
(元国立がんセンター疫学部長・平山雄)
 
ヒトのがんの約85〜90%は環境に原因があります。よく知られている放射線やウイルス以外に、毎日食べる食品に含まれる無数の食品添加物やタバコといった身近なところに発がんに繋がる因子があるのです。
 
さらには、生存に不可欠な水や空気に,以前には考えられなかったほど多くの有害な化学物質が含まれていることが明らかになってきています。
『予防ガン学』メデイサイエンス社,1987疫学研究より

日本人の死因トップとしておそれられている“がん”でさえ、じつは「生活習慣病」なのです。

生活習慣病のリスク低減をめざすサプリメント『マックスピア』
半月分お試しはこちらから


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防
子供の塩分とりすぎと高血圧 | ホーム | 乳がん治療「ハルステッド手術」〜乳房全摘..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45051374

この記事へのトラックバック