茹でタケノコ保存に「サンゴの力」大活躍!

2011年05月02日

タケノコの季節ですねえ!
この時期になると、一気に出回り、ご近所や親戚からたくさんいただくことも多いと思います。タケノコは鮮度が大事! 出来れば、その日の朝掘ったもの(朝どり)をその日のうちに茹でたほうがいいし、遅くとも1〜2日のうちに茹でないと、折角のタケノコがおいしくなくなってしまいます。

さあ。茹でたタケノコ。これもまた、一度には食べられないし、茹でタケノコは水につけておいても腐りやすい。毎日タケノコづくしの料理が続きますよね!

この茹でタケノコの保存に、「サンゴの力」が大活躍してくれます!! サンゴの力は、水道水の塩素を消して瞬時にミネラルウォーターに変えてくれるもの。塩素が取り除かれた水に菌がわかないように、食用に認可された“銀”を滅菌に使っています。

サンゴの力 詳しくは →

銀は、歯の治療で銀冠につかわれているように、細菌に強い。菌の繁殖を抑える優れた力があるんですね。ヨーロッパの王侯貴族は、好んで銀食器をつかっていたのもそのためとか。

一度ミネラルウォーターを作り、再利用のサンゴの力で十分。使ったあとでも、まだ銀の効果はあります。

さて、茹でタケノコの保存に話しは戻ります。
たけのこ4.jpg

たけのこ3.jpg

サンゴの力を入れたとしても、冷蔵庫に入れて水は毎日替えてください。
こうして使った「サンゴの力」は、最後は植木の根元に肥料としてまいたり、ガーデニングの土に混ぜたりして最後まで無駄なく使うことができます。

サンゴの力の滅菌作用メカニズム

滅菌データ小サイズ.jpg








サンゴの力製品.jpg

サンゴの力水にいれる.jpg
posted by shinto at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力
乳製品と乳がん | ホーム | 震災後のライフスタイルの変化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44669426

この記事へのトラックバック