新型コロナでもEPAを豊富に!

2021年02月02日

新型コロナウイルスで重症化する人の割合は、これまでのデータで2割弱。しかも、その多くは年齢の高い方、もしくは持病や基礎疾患のある方達です。

中国での約4万3千人のデータによると、“持病や基礎疾患がない患者”と比較して、がん、高血圧、慢性呼吸器疾患、糖尿病、心血管疾患の患者での死亡率がひじょうに高いことがわかりました

その他の感染の多かった国内外でも同様でした。

なぜ、持病や基礎疾患があると重症化しやすくなるのでしょうか?

もちろん「免疫力の低下」ということも考えられるでしょうが・・・

容体が急変(重症化)する原因として「新型コロナウイルスが“危険な血栓”を生むから」ということが指摘されるようになってきたのです

そこでいま注目されているサプリメントがEPAです
このエビデンスに対する研究もすすめられようとしています。

EPAは赤血球を柔らかくして血液の流れを良好にします
赤血球の軟らかさを「変形能」といい、ドロドロの血液では変形能が悪くなり血栓ができやすくなります。一方、EPAはそれを防ぎ、心筋梗塞や動脈硬化の予防に有効とされているのです。

赤血球の変形能.jpg

半額お試し.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/126





posted by shinto at 09:43 | 生活習慣病の予防
冬は固くなるシアバター 上手な使い方は?.. | ホーム