現代人は「栄養失調」に注意すべき!

2020年04月28日

「現代人は“貧食”。カロリーは摂取しているけど必要な栄養素が足りていない栄養不足。なかでも重要なのが肉や魚から摂るタンパク質。血液中のタンパク質の一種であるアルブミンの値が低いと長生き出来ないと言われており、実際に平均寿命が短い秋田県の大仙市では、全国平均よりも低い数字です」

「多くの人が主食と思っている白米、うどん、ラーメン、パンなどの糖質系の食べ物が最も危険。糖質が増えれば血糖値が上がり、糖尿病になるリスクも上昇します。糖尿病は心筋梗塞や動脈硬化、がんなど死に直結する病気の原因となるだけでなく、糖尿病でない人の2倍の確率でうつ病になることも明らかになっています」。
【新宿溝口クリニック院長 溝口 徹氏】


食費を削って、貧しい食事をしていると、太らなくていいかもしれないけれど、免疫力が下がってさまざまな病気にかかりやすくなります。また、かりに体重は少なくても、その内容は「筋肉が少ないから」という理由であって、そういう人は中年になってから内臓脂肪が増加し「かくれ肥満」となり、健康数値があがったり、糖尿病になるリスクも高くなります。

hokaben.jpg

コンビニで安く買えるお弁当とは、冷凍食材が多く使われていて、長時間経っても腐らないよう添加物がたくさん使用されます。良質なタンパク質である赤身肉や魚などは使われることがなく、入っていても切り落とし肉や脂身です。ボリュームをもたせ、満腹感がでるように、ご飯はたっぷり入っています(おそらく安価な古米)。若者が好む揚げ物もたっぷり。この揚げ物もトランス脂肪酸が心配される白絞油(しらしめゆ)が使われている場合がほとんどです。

このような食事を毎日していたら、やはり健康が心配になります。

体が正常に機能していくためには、必要不可欠な栄養素というものがあります。

動くためのエネルギーとなるのが炭水化物ですが、これはあらためて注意しなくても皆とれていますし、むしろ取り過ぎなくらい。決定的に不足しているのが、体をつくる栄養素であるタンパク質、ミネラル(とくにカルシウム)、それから代謝に重要なビタミン、ミネラル。

タンパク質、ビタミン、ミネラルをとるためには、肉や魚や野菜、大豆製品や海草類、キノコ類、乳製品などバラエティに富んだおかずが必要となります。当然、添加物が少ないホンモノ食材は、それなりのお値段です。

でも、この価格というのもいい意味で「食材の善し悪しを見分けるものさし」になりえます。安い食材は、安く出来る理由があって、それは食品添加物も多く使われているということ。だから、食費を極端に安く抑えようとすると健康面でも危険です。

健康によい栄養のある食事をしようとすれば、ある程度の出費は覚悟しなければならないと思います。でも考え方ひとつです。健康的な食事によって、病気をせず日々健康に過ごせれば、毎日が有意義であるし、病院にかからなくて済むのだから時間や医療費を使うこともなくなる。

野菜、お肉などがはいったこんな定食ならOK。納豆もついてて理想的↓
どんぶりや.jpg

安い食費の「貧食」ではなく、栄養豊かな食事をすることがとても重要です。そういう食生活をしていれば生活習慣病にもかからないし、肥満にもなりません。

栄養バランスを整えて健康に、肥満も解消!
BOSSダイエット法 詳しくは →

★ 初めての方は1ヶ月分半額で体験できます。





posted by shinto at 09:59 | 栄養補給にはプロテイン!
痩せたければ、食べるものの栄養素を意識す.. | ホーム | 男性にも女性にも!超シンプルなスキンケア..