便秘に効く 食物繊維!

2020年04月26日

便秘の原因はひとによってさまざま、でも便秘薬にたよるのではなく食事で解決するのが一番ですね。

benpi.jpg
◇ どうして便秘になるの?

口からものを食べると、体の各器官で栄養などが吸収されながら腸にたどりつき最後に便として排泄されます。
このとき、腸では「ぜん動運動」によって食べ物を先へ先へと送ることをしています。この運動が弱いと、食べ物のカスが腸に取り残されてしまいます。これが便秘です。

ストレスなど精神的なものや、冷え、などもぜん動運動を鈍らせることがあります。

ポイントとしては、
●コロコロした便がでる。便が固い。4〜5日便通がない
 → 食物繊維をしっかり摂るようにしましょう!

●ビー玉のような便がでる → ストレスが原因かもしれません。この場合は食物繊維をとると逆効果で便秘がひどくなることがあります。

便秘には野菜がいい!とよくいわれますが、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類あります

↓ クリックすると拡大します
syokumotuseni.jpg

その違いは、含まれている食物繊維が、「水に溶けるか溶けないか」です。

【水溶性食物繊維】 水に溶ける食物繊維が「水溶性食物繊維」。トマト、タマネギ、リンゴ、レタス、昆布・ワカメ・もずく、こんにゃくなどに含まれています。腸のなかで水分をため込む性質があるため、便をやわらかくして排出させやすくする働きがあります。

【不溶性食物繊維】 水に溶けない食物繊維が「不溶性食物繊維」。(一般的に便秘にいい野菜と思われているのはこちらではないでしょうか?)
トウモロコシ、小麦ふすま、豆類、ごぼう、キノコ類に多く含まれています。不溶性食物繊維は、血圧を安定させたり、重金属などの有害物質を体外に排出させる健康効果が知られています。
けれども、便秘のタイプによっては、水分をため込むという性質がないため、逆に取り過ぎるとかえって便秘がひどくなることも。

また一方で、不溶性食物繊維は便の量を増やし、腸を刺激してぜん動運動を促し、腸内に溜まった不要な老廃物をからめ取って排出する働きがあります。そして食物繊維は善玉菌のエサとなるので、腸内環境の改善が期待できるといわれています。腸内環境がよくなれば、便秘への効果にもつながります。

つまり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維この両方が必要だということです。

毎朝スッキリのリズムづくりには、機能性茶
ゴールデンキャンドル茶 詳しくは→
★ 初めての方は初回半額で購入できます。
posted by shinto at 11:02 | 便秘
運動では、期待するほど痩せられない | ホーム | 体脂肪1s減らすには7000kcal消費..