リバウンドなしで健康的に痩せる方法【BOSSダイエット法】

2020年04月07日

健康的にやせるダイエットの基本は、栄養を充足させてカロリーは抑えめにすることです。

自己流の食事制限では、これは中々できません。まずは、栄養をバランス良く摂るということですが、例えば仕事をもっている場合、朝食と昼食はどうしていますか?

朝はパンとコーヒーだったり、コンビニでおにぎりかパンを買うか、そんなところではないでしょうか。朝は抜いている方も多いかもしれません。
このような内容で、果たして栄養がとれているでしょうか? この場合重視する「栄養」とは、身体をつくり機能させるための「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」です。これらは一般的にパンやご飯などの主食では無くて「おかず」からとるものです。

昼休みの昼食はどうしていますか? 短い昼休みに慌ただしくかきこむように食べたりしてませんか?
コンビニでお弁当を買ってくるか、ランチを食べるか、おそらく栄養まで考えている余裕はないでしょうね。
とりあえずお腹を満たすのが目的。夜まで食べられないから、お腹をいっぱいにしておかなきゃ、と考えると思います。

そして、ご飯も大盛りで食べてしまったりするのですが…… 昼にお腹いっぱい食べてしまうと午後の仕事にたいへん差し支えます。炭水化物は消化に負担がかかるので、ものすごく眠くなってしまうのです。

以上はごくごく一般的なおつとめの方のお食事事情かと思います。

健康的なダイエットをするためには、大前提として、食事をするときに主食の炭水化物は少なめにし、おかずを品数豊富に多めに召し上がってください。お母様や奥様が食事を作ってくれている場合は、比較的安心ですが、男性の一人暮らしですとなかなか手作り料理というわけにもいきません。

ですから、なるべく「お総菜パック」を利用したり、料理しなくてもすぐ食べられる「納豆」「冷や奴」などそろえるといいです。今は、動画でも「男の簡単料理」なんていうのも色々紹介されていますので、ちょっとした料理も出来るようにすることをおすすめします。

結局おかずが少ないから、主食をたくさん食べないとお腹がいっぱいにならないのです。おかずを豊かにすると満足感も持続しやすく、主食が少なくても十分満ち足りることができます。

ダイエットのスタートとしては、まずこの考え方がひじょうに重要となります。

【マスターすれば一生スリムが維持できる】BOSSダイエット法 →
☆やってみたいという方は、最初の1ヶ月を半額で体験できます!お申し込みはネットから。




乳製品を多く摂る国で骨粗鬆症が多い?! | ホーム | ダイエットのためには1日1500kcal..