中年のかくれメタボの原因は「筋肉減少」!

2016年03月30日

40歳頃からはじまる筋肉の減少!

40代から筋肉はじょじょに減っているんですよ、と言われたら驚くと思いますが。ごく普通に生活していての話です。この減少にともなって体脂肪が増加します。体重が正常なのに体脂肪率を計ると高い。これは立派な“かくれ肥満”といわれる状態なのです。最近はかくれメタボとも言うようです。

基礎代謝量年齢別.jpg

それは年齢とともに「基礎代謝量」が低下してしまうからです!
では、どうしたらいいでしょうか? 基礎代謝量が落ちるとカロリーを消費しずらくなって、余った分が脂肪としてつきやすいのだということは、ご存じだと思います。

40代50代になると、男女ともにお腹周りの贅肉が気になってきます。「こんなに脂肪が!」といってよくお腹をつまんだりしますよね。皮膚のすぐ下にある脂肪は皮下脂肪。もちろんこれも増えているわけですが、問題は内臓の周りについてしまった内臓脂肪です。内臓脂肪のほうが、血液数値を悪化させたり健康に悪影響が大きいのです。

とにもかくにも、食事改善が必須!! 運動しろと言われてもなかなか出来ませんから、食事を変えるほうが早いのです(運動ではこの内臓脂肪、なかなかとれません)。これを覚えて下さい!リバウンドなく健康的に体脂肪を減らすには『栄養を摂りながら、かつカロリーを抑えること』です。

食事の献立でこれをやるには大変なことです。栄養やカロリーについて知識をもっていたとしても難しいかと思われます。ですから、それを手助けしてくれるものとして、プロテインドリンクが重宝するのです。
肥満によって健康数値が悪化していた方も、プロテインを使い栄養を摂りながら体脂肪を減らしたことで、健康を取り戻すことができその後も良い状態を維持されています。高コレステロールの方にも良い成果がでます。考えて見れば、健康になれるのは当然なのですよね。以前よりもかえって栄養状態は良くなるわけですし、カロリーは抑えられている。炭水化物を食べる量が減りますから糖質制限につながり血糖値上昇を防ぐことにもなります。

栄養バランスも、現代食は炭水化物と脂肪が多くなりがちですが、この食事法ではタンパク質、ビタミン、ミネラルの摂取を増やすことができ、炭水化物と脂肪は減らせます。

朝食にプロテインドリンクを飲み、昼はバランスを考えて軽めのメニュー(丼物だけとか、パスタだけというメニューはNG)、そして夕食は満足するようにいろいろ食べる。和食が世界文化遺産となりましたが、たしかに和食のバランスはすばらしいと改めて思います。ご飯を主食とし、魚か肉のメイン料理、野菜や大豆食品をつかった煮物や炒め物などおかず、漬け物(塩分は控えめにするよう注意)、味噌汁、とこんなメニューにしていたら健康でいられますね。

でもいくら和食の栄養バランスが良いといっても、3食これでは塩分や脂肪分を摂りすぎてしまう心配があります。それに毎日3回この食事の支度をするのは大変です!同じメニューを続けるわけにはいきませんし。

そこで、夕食は献立を工夫してがんばって食事の支度をするとして、朝食・昼食は簡単にします。そうすればバランスの良い夕食を継続することができます。夕食だけならなんとかなるという方も多いでしょう。

朝はプロテイン「サプリタイム」を利用します。ここで念をおしておきますが、朝食をプロテインで済ませることは、けっして手抜きなどではありません。栄養のこと、健康のこと、アンチエイジングのことを総合的に考えたら、もっとも賢く合理的な方法です!

栄養をとりながら(とくにタンパク質は重要)カロリーを低減させるという方法が、体脂肪を燃焼させ減らします!
マスターすれば一生スリムが維持できる BOSSダイエット法 →

★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。




posted by shinto at 13:23 | 栄養補給にはプロテイン!
歯を失った高齢者の栄養補給に「プロテイン.. | ホーム | 百歳長寿なんて自分には関係ないと思ってい..