手っ取り早く健康管理するには

2016年03月14日

何年も前の新聞記事でしたが、国民健康調査について書かれたもので「現代の日本人、ほんとうに健康なのはわずか5%。多くが半健康人」という見出しでした。病気というほどではないけれど、何か数値が高いとか、慢性的な疲労感を感じているとか、肥満が気になっていて健康不安をかかえている、など。半分病気で半分健康というニュアンスが半健康人ということでした。

つまり、胸を張って「わたし健康!」と言えない人がほとんどなんだということでした。それは、いまも相変わらずだと思います。

アメリカはちょっとした病気で病院にかかっても、日本では考えられない金額の医療費を請求されるんだそうです。日本のように国民皆保険という仕組みがないからです。(日本では)個人の医療費の多くを国が負担してくれているからこそ、一定の医療をふつうに受けられることができます。










たとえば風邪で病院に行った場合、ちょっと診察してもらって風邪薬をもらったら、薬代合わせても2千円くらいでおさまります。これがアメリカだと、同じ治療で1万2万かかるのが普通だといいます。盲腸の手術で100万円は超えるのだそう。とてもアメリカには住めないという気になります。

アメリカでは高血圧症の人とか、糖尿病の人は治療をどうしているんでしょうかね? お金持ちは別として、一般人は慢性病でも治療はしてない(出来ない)みたいです。

日本は国民健康保険で国が7割負担してくれていて、自分は3割負担で治療が受けられます。こんなに恵まれた国はありません。世界で一番健康保険制度が進んでいるのは日本だといいます。こう聞くと良いように聞こえますが、もしかしたらこのことが日本人を甘えさせてしまっているのかもしれません。健康でいるには、生活していく上でさまざまなことに気をつけていかなければなりません。個人個人の努力の上に成り立っていると思います。もしも、体調を崩して病院に行ったら、すぐに3万だ5万だと請求されるとしたら? もっと危機感をもって、食事にも、喫煙にも、肥満にも取り組むのではないでしょうか。

日本人の約8割がガンや脳血管疾患をはじめとする生活習慣病で亡くなっています。では、健康に気をつけなかったから病気になったのか? 生活習慣をいい加減にしていたから元気で長生きが出来なかったのか? といえば、そうではないと思います。生活習慣病で8割が長寿をまっとうできないうちに亡くなるということは、生活に気をつけるだけでは、足りないのだとも言えると思うのです。

サプリメントなども必要不可欠だと考えています。健康を維持するにも、お金がかかる時代になっているとも言えます。

とはいえ、そうは分かっていても、サプリメントへの出費はきついという方もいらっしゃるでしょう。手っ取り早く、しかも体調アップするのが実感できるのは、飲み水を変えることです。いま世の中では、いろんな効用をうたったミネラルウォーターがありますが、水道水から自分でミネラルウォーターがつくれる「サンゴの力」はおすすめです。1リットル35円ほどで作れますし、カルシウム分が多いアルカリ水ですので、毎日飲む水をサンゴの力で作った水に切り替えるだけで、健康への影響は大きいです。

健康に対する水の影響は、3〜4割と考えていますが、飲んだ水は体中をめぐり血液になり老廃物を排出するという「体内での水がもっている働き」があるので、単にサプリメントとはいえず、投入した費用の割りには影響が大。

もうひとつ注目すべきはカルシウムです。健康食品では、カルシウムと聞くとなんだか古くさくて、地味な存在かもしれません。でも、カルシウムは「体内をアルカリ性に傾ける」ので、水と同じく影響が大きいのです。健康食品の話になると、とかく「なんのサプリが効く?」というように薬みたいに素材探ししているケースがみられます。実は、そうではなく、費用対効果で考えれば、「体への影響力がどれだけあるか?」という視点で選べばまちがいないのです。

カルシウムは体内をアルカリ性に傾ける力があります。アルカリ性になると、免疫力があがったり、疲労物質が除去されやすくなったり、いろいろな効用があります。肉を多く食べたり、甘い物をたべたり炭水化物を食べたりすると体内は酸性に傾きます。疲労がたまったり、ストレスを受けても酸性になります。血液の酸性化が病気のもとになるとも言われています。ですから、酸性になった体内をアルカリ性に戻してくれるカルシウムの働きは、もっともっと着目されるべきだと思います。

そらサプリメント →
※そらサプリメントで、カルシウムが摂れるものは「珊瑚の恵」「マックスピア」「サプリタイム」です。

posted by shinto at 14:22 | 生活習慣病の予防
高齢者がとるべき健康食品 | ホーム | 朝食をプロテインにする数々の効用(その1..