高齢者がとるべき健康食品

2016年03月11日

独自の健康食品を販売してきて26年。27歳からこの仕事に従事してきて、私自身も52歳になりました。40歳でそらを創業し、代表も67歳、なんと前期高齢者となりました。世の中でいえば中年ペアですが、実年齢より10歳若い気持ちで現役で私達も頑張っています。

両母親も高齢に!代表の母は、要介護になって10年、介護付き老人ホームにお世話になって御年93歳に!我が母は軽度の認知症と診断され3年前から要介護1で昼間だけデイサービスにお世話になっているという状況です。

私達の介護生活は、施設の方々との連携でとても「明るい介護」となっています。介護になってしまったことは仕方ない。受け入れています。あとは、自分たちで出来ることをやっていき、介護度を進ませないことだ、と考えています。







高齢者にたいしても健康食品(サプリメント)は有効です。飲めるようであれば利用したほうがよいと考えます。寝たきりになってしまったり、ものを飲み込むのが困難、というほど介護度がすすんでしまうと難しいかもしれませんが、自分で食事ができる状態であれば、カプセルや錠剤でも飲める場合があります。

私達が親にたいして、自社のサプリをどう飲ませているかを参考までに

代表の母は介護付き老人ホームにおります。車椅子ではありますが、自分で食事はできます。その施設はわりあいと家族の要望を柔軟に受け入れてくれますので、マックスピアを預けて、食後に飲ませてもらっています。施設にはいって8年が経過した今も状態が安定しているのを見ると、役にたっているのではないかと思って続けています。

私の母には、自分たちと同様、すべてのサプリを飲ませています

私達の生活では、ごく自然にサプリメントを飲むことが習慣になっています。朝は栄養補給のサプリタイムが朝食です。体をつくっているのはタンパク質なので、もっとも重要なものです。私と母はカルシウムを強化するために珊瑚の恵も1本飲みます。

動脈硬化防止や免疫力を高く維持することも意識しています。活性酸素による細胞の酸化は、老化にひじょうに影響をあたえますので、抗酸化成分は潤沢に摂る必要があると考えています。
朝晩、マックスピア、はだのさぷり、EPA+DHA800mgを全員で飲みます。

高齢者のかたにまずおすすめしたいのは、カルシウムとタンパク質(プロテイン)です

一番大事なことは、自分自身の足で歩き続けること。そのためには、骨と筋肉をキープしなければなりません。ですから、カルシウム、タンパク質は必須栄養素です。どちらも食事だけではまったく足りていない栄養素です。ましてや、高齢になりますと、食事量が減りますから、サプリメントの力を借りずして、必要量を満たすことは難しいです。

カルシウムをとるのだとしたら、弊社のサプリなら「珊瑚の恵」です。顆粒状になっていますので、なにか飲み物と一緒にお飲みいただきます。お茶でも牛乳でも結構です。唾液が少なく粉状のものが飲みにくいという場合は、水や白湯に溶かして飲んでもかまいません。

「サプリタイム」は栄養補給に最適です。最近問題になっている、サルコペニア、ロコモティブシンドローム。これらを回避するにも、筋肉を減らさないことがとても重要なのです。いまある筋肉を維持するだけでも大変なことです。1日に必要なタンパク質量は年齢によって変化しないということがあまり知られていません。体重50kgのひとなら、タンパク質50gくらいは必要なのです。じゃあ肉を食べれば…と思うでしょうが、肉100gに含まれるタンパク質は約15g程度。卵1個でも6gしかないのです。タンパク質50gをとるには、そうとういろんなおかずを食べないとだめです。

サプリタイム1杯飲むと、タンパク質は15gとれます。このほかに、食事でとれるタンパク質を加えれば、目標値に届くことが可能です。また、サプリタイムには、植物性の大豆タンパクと動物性の乳タンパクと半分半分配合してありますので、バランスの良いタンパク質源となります。1杯は200ccほどの量ですが、一度に飲みきれない場合は、半分ずつ飲んでも結構です。飲むタイミングは、一番オススメは朝。2回に分けるなら朝昼。場合によっては3時のおやつにでも良いと思います。

そらサプリメント →


ココア箱と3袋改-2.jpg
サプリタイム 1箱に15袋入っています。甘さは控えめになっており飽きがこないよう考えてあります。

ご相談はお気軽に!
そら 相談ダイヤル
0120153767
posted by shinto at 10:16 | 要介護にならないために
できるビジネスマンはお腹が出ていない | ホーム | 病気の予防、健康維持にもお金がかかる時代..