水素水は効果が無いと思う理由

2016年01月27日

水素水とは水素ガスが含まれた水です!

水素水とはある特別な方法で、水の中に水素を充填した水のことです。最初から疑問に思っていたのですが、水素は気体ですよね。水にいったんとじこめたとしても、気体だから逃げちゃうんじゃないの?と。
やっぱりその通りみたいです。水素を閉じ込めたら、すぐ飲まないと体内に取り込めないようです。まあ当たり前ですけどね。だから、店頭にペットボトル入りで売られることはありえない。ペットボトルは気体を通してしまうから、ペットボトルにつめたその時点から水素は抜けていきますよね。

水素水をつくる機械があったとして、作ったらすぐその場で飲まないとだめってことですよね。それからさらに疑問なのは、かりに水素水を飲んで水素を取り込めたとして、体内からだって気体だから抜けていくんじゃないの?? 水素水の効能をうたっているのを見ると、アレルギーを改善するとか、体内の活性酸素を除去するとか、なんにでも効くようなことが書かれていますが、そもそも気体なんだから体からも抜けていくんじゃないのかな?体の下方向に吸収され腸に届くのだろうか??

水素水の宣伝にはこのように書かれています。

水素水は水素の濃度が重要
水素水とは水の中に水素が含まれた水のことです。特殊な機械や金属、水素ガスなどを利用して水に水素を含めることで水素水となり、水素水が体の中に浸透することで腸内の状態を整えたり、体の中の不純物や毒素を排出することが可能になります。こうした働きによって水素水は健康や美容、老化防止に良いとされていて最近では大きな注目を集めています。このような働きをしてくれるのも全ては水素のおかげです。水素が含まれているからこそ普通の水とは違う効果を発揮してくれるわけですから、水素水は水素の濃度が重要になってきます。

どれ位で飲みきればいい?
実はこの水素という成分は時間の経過とともに水の中から抜けていってしまいます。長時間放置しておけば完全に水素が抜けてしまい普通の水と変わらなくなってしまうのです。そのため、1度開封をしたら水素が抜けきる前に飲んでしまうことが大切になります。では、どのくらいで飲みきるのがよいのかというと、容器や商品によっても変わってきますが、目安としてはコップに注いだ場合は2〜3時間以内で飲みきるのが良いでしょう。それ以上時間が経過してしまうと水素が抜けてしまい十分な効果を得られなくなってしまいますので注意しましょう。ただし、水素水サーバーや水素水生成器は継続的に水素を水の中に発生させますので常に新鮮な状態の水素水を飲むことが可能です。アルミパウチ容器タイプのものはキャップを開封した時点から水素が抜けていきますので、なるべく早く飲みきってしまうようにしましょう。ペットボトルタイプの場合はペットボトルの素材より水素が小さい為、店頭に並ぶ頃には水素は無くなっていると言われていますので、オススメ出来ません。
(水素水ライフへの4STEPより)


実際にこのような記事もありました。
「水素水をペットボトルに入れておくと、ペットボトルの材質より水素の方が小さいから、外の空気に触れて水素が逃げていってしまう」
「水素水をコップに入れて放置しておくと、酸素と結合して、水素が無くなってしまう」
このような話をよく聞きますが、いずれも間違いです。
そもそも、水素分子(H2)は常温下では、フッ素としか化学反応を起こしません。つまり、空気中の酸素と結合することはありません。
そのため、水素水をコップに入れて放置しておくと水素が無くなってしまう理由は、酸素と結合するからではなく、「気圧の低いところ(上空)に逃げてしまうから」というのが正解です。
ペットボトルの原材料は、高分子(大きな分子)であるため、どのような素材でも「気体を通過させてしまう性質(気体透過性)」をもっています。
そこで、ペットボトル内部よりも、ペットボトル外部の気圧の方が低いため、気体透過性によって、水素分子がペットボトルの外部へ通過していってしまいます。


水素水が効くか効かないか? という以前の問題だと思うんですけど。水素の性質を考えれば、いまの水素水ブームってなんだか茶番だなと思ってしまうのですが。

サンゴの力で作った備蓄水は安くできて、しかも安心
5年経っても菌がわいていなかったデータ→
posted by shinto at 13:00 | サンゴの力
ウォーターサーバーは雑菌繁殖の危険性が!.. | ホーム | 30年後平均寿命はほんとに100歳になる..