魚からEPAを沢山摂っていたイヌイット族は出血しやすかった!

2015年06月30日

最近、さかんにEPA・DHAのサプリメントが宣伝されていますが、これは青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸(オイルの一種)です。

EPA・DHAが健康に役に立つと注目されはじめたのは、1971年(昭和46年)より、デンマークのダイアバーグ博士たちによって実施された疫学的調査研究がきっかけでした。エスキモーと呼ばれていたイヌイット達は、狩猟民族であり、昔からアザラシを捕って主食とする独自の食文化をもっています。そのイヌイット族と、デンマーク人とで食生活が健康に及ぼす影響を研究したのです。

まず最初に注目されたのは、イヌイット族に急性心筋梗塞の発症が少なかった。出血傾向がみられる(血液がサラサラして、ひとたび出血すると止まりにくい)ということから、イヌイット族の食生活に注目が集まることになったのです。

この「出血傾向」についてですが、イヌイット族は鼻や口の歯内からの出血が起こりやすく、いったん出血すると止まりにくくなったり、皮膚に紫斑ができやすい状態がみられました。しかしその反面、血栓症がきわめて少なかったのです。

※主食がアザラシだったので、いわばEPAの過剰摂取状態であったと考えられ、私達が日常的にとる場合はサプリを適量で摂取する限りは過剰摂取の心配はありません。心配な方は、半分の量で摂取するとよいです(そらEPA+DHA800mgの場合通常一日4粒のところ、2粒にするなど)。

このことは、イヌイット族の血液の流れが良すぎるほどであったことを示しているといえます。イヌイットの多くは、サケやマスなどの魚とアザラシやセイウチ、オットセイなどの海にすむ哺乳類を食べて暮らしています。

主食にしているのは自分たちで獲る魚のほか、輸入のジャガイモ。氷上で暮らすイヌイット族は野菜を食べることができません。ビタミン類はアザラシの生の肝臓から摂取していました。博士たちはイヌイットの出血傾向と食事との因果関係を調べるために、これらの魚と海の哺乳類に含まれる物質の分析しました。

その結果、魚や海獣に共通する物質として抽出されたのが、エンコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)だったのです。この2つは、いずれも植物プランクトン中に含まれる脂質の一種である不飽和脂肪酸です。

EPA+DHA粒.jpg
酸化しやすい魚のオイルは、サプリで摂るのが合理的で確実

海水中の植物プランクトンを魚や海獣を食べ、それを食べることでイヌイット族は、EPA・DHAの恩恵にあやかっていたのです。

ダイアバーグ博士らは、このことが遺伝の影響は少なく、食生活に起因していることをつきとめるために、デンマークに移住し、イヌイットの伝統的な食生活を手放した人達の健康も調べました。その結果、デンマークに移住したイヌイットには欧米人なみに血栓症が増えていることも確認しました。そしてその理由として「魚を食べる習慣がなくなったからだ」と結論付けたのです。

この研究が示すのは、食生活にEPA・DHAを取り入れることで、イヌイット族にみられたような「健康効果」が期待できるということです。

肉食中心は心筋梗塞のリスクを高めるのとは反対に、イワシやアジなどの背の青い小型の魚を常食することが、病気を予防し健康を維持するのにたいへん役立つのです。毎日食べることが重要なので、そのためにもEPA・DHAサプリを活用することは賢明なことです。

サラサラ効果は、DHAよりEPAに。EPA含有量がリッチなそらEPA+DHA800mg
初回お試しは、1ヶ月分半額の1940円で →


魚のオイルボトルを手に.jpg


eparenyu-aru.jpg
posted by shinto at 13:37 | 動脈硬化にオメガ3(EPA・DHA)
EPA研究のさきがけ | ホーム | お中元に人気のサラダオイル、「健康にいい..