安価なココナッツオイルはトランス脂肪酸化しているので注意

2015年06月08日

油を理解するのは、正直とても大変です。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の区別があり、動物性脂肪を代表とする飽和脂肪酸が体に悪いか?といったら、そう単純ではなく適度に必要な油である。不飽和脂肪酸は常温で液体で、植物から取ったものが多い。これなら、揚げ物、炒め物、ドレッシングに、とどんどん使って良いのか?と思えばそういうわけでもない。

植物脂を原料としていても、精製の過程で「トランス脂肪酸=悪い油」になってしまっている場合もある。マーガリンや、お菓子に多くつかわれているショートニングがそれだ。

かつてよくお中元などに使われていた、贈答用サラダ油。コーン油、紅花油などはリノール酸が多い植物脂です。これを使いすぎると、アレルギー性疾患になる危険性がいわれています。

オリーブオイルが体にいいといわれることがありますが、オリーブオイルはオレイン酸が多い脂肪で、体の中で不飽和脂肪酸からつくることができます。とればとるほど体によいというものではありません。
熱に強く、酸化しずらい性質があるのでお料理にはよいかとおもいます。サラダにかけてとるなど、生でとる摂り方もおすすめ。でも、毎朝生ジュースにスプーン1杯入れて…と、そこまではとる必要はないかもしれません。

今話題のココナッツオイルも安価なものには注意が必要なようです。安価なものはトランス脂肪酸化している恐れがあるよう。
バージンココナッツオイルのほうがいいようですね。

トランス脂肪酸と、安価な注意すべきココナッツオイルについて
こちらで詳しく紹介されていますので参考にしてください →


油のなかでもオメガ3と呼ばれるEPA・DHAは、青魚に特異的に含まれる魚油ですが、これはもっと積極的にとったほうがよいです。炒め物、揚げ物といった料理で自然にとれている植物脂に比べて、魚油は魚を食べないと摂れない油です。
酸化しやすく、新鮮さが求められるので、サプリで摂るのに向いている油なのです。

EPAの含有量がたっぷりで、血液血管を気にする方、動脈硬化への対策に
そらEPA+DHA800mg →


魚のオイルボトルを手に.jpg
初めての方は、1ヶ月分1本を半額でお試しになれます。

そらEPA+DHA800mg 半額お試しお申込はこちら →



eparenyu-aru.jpg




posted by shinto at 14:39 | 動脈硬化にオメガ3(EPA・DHA)
EPAで血管年齢が若返る、富山県でのある.. | ホーム | 油の善し悪し見分け方、ひとつは価格差!