冬は固くなるシアバター 上手な使い方は?!

2021年01月29日

西アフリカに自生する「シアの木」に実るシアの実から搾るシアバターは、天然素材で保湿力が抜群。
頭から足先まで、全身に使える万能クリームです!

よく知られているオリーブオイル、ごま油、グレープシードオイル、シアバター、これらみんな植物の種子から搾る植物油脂です。それぞれのオイルの個性は、含有されている脂肪酸の種類と含有量によって異なります。
それが、働きや用途を決めるもとになっているのです。

シアバターの特徴は、なんといっても脂肪酸のうち「ステアリン酸」が他の植物脂とくらべて圧倒的に多いこと!そのため、ねっとりした独特の粘りをもち、肌にはりつき、オイルの膜をつくり肌を乾燥から守ります。

siabatterseibun.jpg


ただ、このステアリン酸は融点が高いため、冬気温の低い時期は、固くなりやすくなります。


siabatterkachikachi.jpg


でもここで注意してほしいのは、決して湯煎はしないでほしいということ。ステアリン酸は35℃くらいの体温ほどの温度で軟らかくなります。ですから、シアバターが固くなってもスパチュラなどで手にとって練るとすぐに体温であたたまって軟らかくなるのです。

siabatternerikata.jpg



湯煎したりして、高温を加えると、軟らかいを通り越して液体になってしまうこともあります。温度変化を与えることは、オイルの劣化につながるので避けてください。

siabatteryusen.jpg



そらシアバター 詳しくは→
★ 初めての方は、初回半額でお試しいただけます。

siabata-otamesi.jpg





posted by shinto at 09:53 | そらスキンケア

オイリー肌(てかり肌)こそオイルケアが大事

2021年01月20日

「肌の保湿対策」として活用したいオイル。でも、オイリー肌やニキビ肌で悩む人たちは、オイルを避けてきたのでは?

実は、「オイリー肌にオイルはもってのほか」という考えは、大きな間違いでした!

皮脂は、オイリー肌の人にとって悩みの種でもありますが、同時に肌の表面(表皮)を乾燥や感染症から守る大切な役割をもっています。
ところが、とかくオイリー肌の人は洗顔や洗髪を頻繁にしたり、あぶらとり紙で皮脂をこまめに拭き取ってしまいます。これでは皮脂本来の機能を果たすために必要な皮脂をも取り去ってしまうことに。だから、まったく逆効果なのです。

皮脂量が足りないと、正常な肌の状態を保とうとする機能が働いて、かえって皮脂をたくさん分泌してしまうのです
強い洗浄成分のある石鹸やシャンプーも、皮脂を取りすぎてオイリー肌の原因。

それって逆効果だよ!.jpg

むしろオイリー肌の人は、オイルケアが適しているのです。この場合も、余計な物が入っていなくて、皮脂に近い成分を持つ天然オイルが効果的です

その理由は、油系の汚れはオイルで取れるからです。オイリー肌の人というのは脂の汚れがたくさん付いているので、オイルマッサージで汚れた油を取って、さらっとした新しいオイルに入れ替える必要があります。

男性のオイリー肌.jpg

100%天然の保湿成分 シアバター

脱ファンデ脱シャンプーを!
肌も髪もげんきになり本来のつやを取り戻します。シンプルできれいに、をおすすめるのが「そらスキンケア」


顔は石油系界面活性剤入りの洗顔フォームではだめ! 機能性の高い高品質な固形石けんが最適です!
そらフェイシャル・ソープ →


最高級の美容オイルと定評があるのが、アルガンオイル。ヘアケア製品に少量入っていても人気なのに、こちらは100%アルガンオイル。精製。日本製。
さらっとしてべたつかないのが最大の特徴です。しわ、たるみ、くすみ、など加齢肌の元凶となるのが乾燥!! 朝晩1滴アルガンオイル生活で、肌が変わっていきます。キメが細かくなり毛穴が目立たなくなるので、ノーファンデも夢ではない。

そらアルガンオイル →

初めての方は、初回半額でどの製品もお試しになれます。↓↓

3点製品写真.jpg





posted by shinto at 09:46 | そらスキンケア

体内環境をととのえれば、がんにかからない!

2021年01月18日

がんは死因の第1位。年間36万人以上の国民ががんで死亡し、3人中1人が"がん"で亡くなっていることになります。 日本人にとって「国民病」といっても過言ではありません。

がんにかかる“原因”は、次のように結論づけられます。

結論.jpg

がんの原因の9割以上は「生活習慣や生活環境」です。

それは、どのようなことなのでしょうか? (下図をご覧ください)

本来の自然環境.jpg

私たちは今、進んだ現代環境のなかに生きていますが、本来人間は自然に育まれた生命体です

ところが、この「自然にはぐくまれた生命体」であるという当たり前のことが、忘れ去られてしまっているのです。

もしも、「本来の自然環境」に生きているのであれば、がんのような病気にはならないでしょう。

事実、アメリカ上院の「マクガバン報告」では、19世紀以降の食生活の変化と病気の関係を歴史的に追跡しました。その結果、150年前には「腸チフス・結核」などの細菌による伝染病で死亡する例が多かったが・・・、がん・心臓病・脳卒中などは皆無であったことを突き止めたのです。

「がんは間違いなく、現代病である」と結論づけました


次図をご覧下さい。わたしたちがすむ現代の生活環境です

生活環境病.jpg

人体にとって極めて不自然な環境のなかで“体内が汚染”されているのです!

そして、免疫力や自然治癒力が低下し、がんになります。

毒素がたまる部位.jpg

では、どうすればいいのか?

体内環境を整えることです!

その具体的な方法が次の「4つの原則」です。

「毒物の排除」「抗酸化」「栄養バランス」「腸内細菌」

4原則.jpg
4原則図.jpg

マックスピア.jpg
posted by shinto at 10:30 | 生活習慣病の予防

コロナ重症化の要因「基礎疾患」とは?

2021年01月13日

基礎疾患とは、高血圧症・高脂血症・糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞、がん、など。
つまり・・・

基礎疾患 生活習慣病.jpg

です。

多くの人は「基礎疾患(生活習慣病)は病院に行って治療してもらえれば治る」と思っているようです。確かに、細菌やウイルスによる感染症などは薬やワクチンが大きな効果を発揮するでしょう。また、大きなケガも手術などによって回復させることができます。

しかし、生活習慣が主な原因となる「基礎疾患(生活習慣病)」にたいしては、薬や医療は“対症療法”に過ぎず、根本的な原因を取り除くことはできません。

薬と医療.jpg

生活習慣病は自分自身で治すしかない病気なのです。「生活習慣病」という名がついているように、自分で生活習慣を変えない限り、医療機関に任せたままでは治らない病気です。

「先生、なんとかしてください」「すべてお任せします」という”お任せ医療”では、基礎疾患(生活習慣病)はけっして治りません。

薬で「血圧をコントロールする」「血糖値を下げる」「コレステロール値を下げる」「ガンを縮小させる」ということは可能でしょう。

病院.jpg

でも、薬を使った治療だけでは「完治」しません。

根本的な治療は“患者”にしかできません。だからこそ「生活習慣病」といわれているわけです。つまり、生活習慣を見直して、病気の原因となった生活習慣を変えない限り、薬で症状をおさえることはできても、「完全に治癒」することはありません。

基礎疾患(生活習慣病)は患者自身でしか治せない病気なのです。

厳しい言い方ですが「生活習慣という原因」に何も手をつけず、薬だけで患者が望む治癒という「結果」が出るはずもありません。

同じ生活習慣を続けていれば、しまいには薬でコントロールできなくなり、さらには強い薬を服用するといった悪循環に陥ります。

「基礎疾患(生活習慣病)」を治すためには医療従事者ができることはそう多くありません。「患者自身にできることは95%で、医療従事者ができることは5%程度しかない」と述べる専門家がいるほどです。

再三言いますが、基礎疾患すなわち生活習慣病は、自分自身でしか対処できない病気なのです。

マックスピア.jpg




posted by shinto at 10:03 | 新型コロナウィルス