なぜ1ヶ月で4kgも太ってしまうのか?!

2020年06月02日

太る原因はおもに2つあります。
ひとつは、体を動かす量が減ったことによって「カロリー消費量が減少した」。
もうひとつは、食べているもののカロリーが増えていること。

それぞれみていきましょう。

【(原因1)カロリー消費量の減少】↓↓↓

1時間前後かけて通勤している方が多いと思いますが、想像するに通勤では200〜300カロリーくらい消費されているのではないかと思われます。体重によっても前後しますし、走ったり階段の量によっても変わってきますが。

1日座りっぱなしで家で仕事をしていると、ほとんど動きません。会社ほど歩かないですしね。そういったことも含めると、500カロリーくらいは消費カロリーが減っているかもしれません。

【(原因2)摂取カロリーの増加】↓↓↓

家ではつい口寂しいと手の届くところに食べ物があります。なので、おのずと間食が増えるのではないでしょうか。ちなみにポテチ1袋で500カロリーくらいあります。

通勤していた時は、朝時間がなくて食事を抜いていた人も、時間ができたので、ゆっくり朝食がとれたり。(これだけで朝食の分、カロリーアップ)

昼はコンビニで簡単なものを食べたり、定食などさっと急いで食べていたのが、家に居るようになり自分の好きなモノを好きなだけ食べられるようになります。
ミートソーススパゲティ(600カロリー)に好きなカレーパン(300カロリー)も食べちゃおう。デザートにスイーツ(200カロリー)も! なんてことをしていたら、とんでもないことに。
そして、夕食もしっかり内食するわけですから、以前に比べて1000カロリーくらい増えるのは簡単なことです。

計算してみましょう!

たとえば、消費カロリーが500カロリー減って、摂取カロリーが1000カロリー増えたとしたら
1日1500カロリー増えたことと同じです。そこに通勤日数20日をかけると30,000カロリー増えていることになってしまいます。

7000カロリーオーバーで、およそ1kg体重が増えるとすれば、なんと4kg以上体重増になってしまう計算になります。

体重が増えることはほんとに簡単なことなんです。いかに、毎日の生活習慣、食習慣が影響するか、ですよね。一時的にそれも急激に体重が増えてしまった場合、早いうちに元に戻しておくことが重要です。栄養バランスも崩していると思いますので、代謝が悪くなっているはずです。

そのままにしておくと、ますます太りやすい体質になり、体重増が加速してしまうかもしれません。

一時的に増えた体重は、すぐに対処すれば、同じぐらいの期間で元に戻すことができます。一番早い対応策は、栄養バランスをとってカロリーを制限することです。

栄養さえ充足していれば、基礎代謝カロリー + 500カロリー程度(活動カロリー)でも十分健康維持しながら体重を減らせます。女性なら1600カロリー程度、男性でも1800カロリー程度に抑える必要があります。
これくらいシビアにしないと、増えてしまった3kg、4kgの体重は元に戻せません。

健康面でも安心。急激に増えた体重もきちんと元に戻せるダイエット法
BOSSダイエット法 詳しくは→
★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。