EPA・DHA不足でなりやすい症状は?

2020年06月22日

EPA・DHAは青魚に多くふくまれている油のことですが、動物性脂肪とは逆で、さまざまな健康効果があることがわかっています。

EPA・DHAは特異な油で、植物性の油にはふくまれていません。ですから、魚介類を食べないと摂取できない、という特徴があります。さらに、含有量が魚の種類によって差があります。

マグロの刺身(赤身)ですとEPA・DHAの含有量が少ないため、厚生労働省の推奨値1000mgを摂るには、なんと8人前の刺身を食べなければなりません。アジの塩焼きなら1匹で、1000mgが摂れます。

ですから、食事でEPA・DHAを摂ろうとした場合、○魚の種類 ○量 がポイントになります。単純に「夕食のおかずで魚を食べたから…」というだけでは確実ではありません。

EPA・DHAの効果については、サプリメントではめずらしく医学的データが豊富です(サプリメントは薬ではないので、効果をしめす人でのデータは少ないのが現実です)。つまり、血液や血管について効果効能を期待したいという思いで、青魚を食べるよう努力したり、サプリメントを利用したりするわけです。

そのとき重要なことは、その効果効能を裏付ける「エビデンス量」です。EPA・DHAの一日摂取量は、厚生労働省が一日1000mgを推奨量として提示していますので、これを目標にするとよいのです。

食事で摂れた量も含めての数字でかまいません。でもその場合、なんの種類の魚を、どれだけの量食べたからEPA・DHAは○○mgくらいとれただろう、という計算のもとに、残りの不足分をサプリで摂るという方法が薦められます。

例えば、今書籍やインターネットで、話題にしている「サバ缶」ですが。いわゆる鯖の缶詰ですね。
サバに含まれているEPA・DHAの量は、1匹の1/4切れで1000mgです。サバ缶1個にどれだけ入っていますか?

とかく雰囲気のみで宣伝ばかり、という風潮が多いように思われますが、裏付けのある数字でおさえていかないと、期待した効果は得られません。

ちなみに、EPA・DHAの不足でおこるといわれている症状は?!
【EPA・DHA不足でなりやすい症状】
◆心筋梗塞 ◆脳梗塞 ◆高血圧症 ◆糖尿病
◆認知症 ◆視力低下、老眼 ◆精神不安定
◆肌荒れ


EPAは血管を柔らかくし、しなやかにする作用があり、血管年齢を若く保つと言われています。また、DHAは脳の神経細胞に特異的に多く分布していることから、感情・記憶・行動といった精神活動に対して、なんらかの良い影響を与えていると考えられています。

とくに中性脂肪が高いと起こりやすくなるのが「心筋梗塞」や「脳卒中」。魚を毎日食べる人は、食べない人と比べると、心筋梗塞や脳卒中になりにくいことがわかっています。そのヒミツが魚に含まれる油だといわれているのです。
つまり、EPA・DHAは心筋梗塞や脳卒中の原因となる「中性脂肪」を下げる働きが期待されているのです。

そらEPA+DHA1000mg 詳しくは →
★ 初めての方は、初回半額でお試しいただけます。 




posted by shinto at 10:28 | 動脈硬化にオメガ3(EPA・DHA)

なぜ1ヶ月で4kgも太ってしまうのか?!

2020年06月02日

太る原因はおもに2つあります。
ひとつは、体を動かす量が減ったことによって「カロリー消費量が減少した」。
もうひとつは、食べているもののカロリーが増えていること。

それぞれみていきましょう。

【(原因1)カロリー消費量の減少】↓↓↓

1時間前後かけて通勤している方が多いと思いますが、想像するに通勤では200〜300カロリーくらい消費されているのではないかと思われます。体重によっても前後しますし、走ったり階段の量によっても変わってきますが。

1日座りっぱなしで家で仕事をしていると、ほとんど動きません。会社ほど歩かないですしね。そういったことも含めると、500カロリーくらいは消費カロリーが減っているかもしれません。

【(原因2)摂取カロリーの増加】↓↓↓

家ではつい口寂しいと手の届くところに食べ物があります。なので、おのずと間食が増えるのではないでしょうか。ちなみにポテチ1袋で500カロリーくらいあります。

通勤していた時は、朝時間がなくて食事を抜いていた人も、時間ができたので、ゆっくり朝食がとれたり。(これだけで朝食の分、カロリーアップ)

昼はコンビニで簡単なものを食べたり、定食などさっと急いで食べていたのが、家に居るようになり自分の好きなモノを好きなだけ食べられるようになります。
ミートソーススパゲティ(600カロリー)に好きなカレーパン(300カロリー)も食べちゃおう。デザートにスイーツ(200カロリー)も! なんてことをしていたら、とんでもないことに。
そして、夕食もしっかり内食するわけですから、以前に比べて1000カロリーくらい増えるのは簡単なことです。

計算してみましょう!

たとえば、消費カロリーが500カロリー減って、摂取カロリーが1000カロリー増えたとしたら
1日1500カロリー増えたことと同じです。そこに通勤日数20日をかけると30,000カロリー増えていることになってしまいます。

7000カロリーオーバーで、およそ1kg体重が増えるとすれば、なんと4kg以上体重増になってしまう計算になります。

体重が増えることはほんとに簡単なことなんです。いかに、毎日の生活習慣、食習慣が影響するか、ですよね。一時的にそれも急激に体重が増えてしまった場合、早いうちに元に戻しておくことが重要です。栄養バランスも崩していると思いますので、代謝が悪くなっているはずです。

そのままにしておくと、ますます太りやすい体質になり、体重増が加速してしまうかもしれません。

一時的に増えた体重は、すぐに対処すれば、同じぐらいの期間で元に戻すことができます。一番早い対応策は、栄養バランスをとってカロリーを制限することです。

栄養さえ充足していれば、基礎代謝カロリー + 500カロリー程度(活動カロリー)でも十分健康維持しながら体重を減らせます。女性なら1600カロリー程度、男性でも1800カロリー程度に抑える必要があります。
これくらいシビアにしないと、増えてしまった3kg、4kgの体重は元に戻せません。

健康面でも安心。急激に増えた体重もきちんと元に戻せるダイエット法
BOSSダイエット法 詳しくは→
★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。