脳に欠かせない栄養「EPA・DHA」

2018年10月16日

EPA・DHAといったオメガ3脂肪酸は、血液・血管によい影響をおよぼし、動脈硬化を予防したり、高脂血症や糖尿病にたいし有効だということは知られていますが、「脳」にたいしても重要な栄養素であることはあまり知られていません。

脳は体の中でもっとも活発な部分であり、カロリーをたくさん消費します。普通わたしたちは、目に見える体の動き(動作)によってカロリーを消費しているイメージをもちますが、脳はからだに命令を与える司令塔であるだけにカロリーや栄養素を必要とします。

脳が正しく機能するためには、総摂取カロリーのなんと20%を必要とするといわれています。1日に2000kcalを食事によって摂っているとすれば、その20%である400kcalは脳が消費しているということになります。

また、カロリーと言っても、脳が必要とするのはエネルギー(炭水化物、糖質がつくりだす熱量)だけではありません。健康な認知機能のためには、脂肪酸、ビタミン、ミネラルが重要な役割を果たします。オメガ3脂肪酸のひとつであるEPAは、赤血球に柔軟性をもたせて血流をよくすることが知られています。このことは、脳への血流も良好にすることを意味しており、体積が小さいわりに多くのエネルギーや栄養素を必要とする脳にとっては、ひじょうに大事なことです。

「脳とオメガ3脂肪酸」の関係について詳しく


オメガ3脂肪酸は、体内のすべての細胞膜に存在し、脳を構成する「主要な脂肪」である。
これはヒトの脳の進化をみればよくわかる。
ヒトがまだ文字をもたない先史時代、初めて海産物を食糧として取り入れるようになったときに、人類は大きな脳をもつようになったという。
※EPA・DHAは魚・貝などの海産物にのみ特異的に含まれている脂肪酸

EPA(エイコサペンタエン酸)の分子、DHA(ドコサヘキサエン酸)の分子のかたちは、不飽和結合によって大きく湾曲した形となっており、細胞膜内を柔軟性をもってうごくことができる。

そのため、細胞膜を通過する際、流れが良く動くことが可能となり、脳細胞の内外の情報伝達をスムーズにすることに役立つ。

脳細胞を通過するEPA・DHA分子の流れは、認知機能や通常の脳の活動にとって、極めて重要である。EPA・DHAは脳細胞およびその複雑な神経系ネットワークの維持に重要な役割を担っている。

また研究においては、EPA・DHAには抗炎症作用もみとめられ、老化した脳をなんらかのかたちでサポートしていることも示唆されている。

以上 引用は「NUTRI-FACTS」

epakounou.jpg






EPA・DHAを厚生労働省の推奨値である1000mg確実にとれる
EPA+DHA1000mg 詳しくは →



sekkekkyuu.jpg
posted by shinto at 10:47 | 動脈硬化にオメガ3(EPA・DHA)